2019年10月7日 更新

レクサスが「GS F」を一部改良して発売!

レクサスが「GS F」を一部改良して10月1日から発売開始されています。より力強い走りを想起させるスタイリングに改良されたということで、その詳細を紹介していきます。

レクサスが「GS F」を一部改良して発売!

「GS F」の概要

LEXUS ‐ GALLERY|GS F (67077)

「GS F」は、「日常からサーキットまで、シームレスに走りを楽しめる」という“F”フィロソフィーを追求し、2015年にデビューした4ドアスポーツセダンです。「GS」をベースに、自然吸気ならではの滑らかさとレスポンスの良さを楽しめるV型8気筒エンジンや、優れたボディ剛性、コーナリング時に理想的な車両挙動を実現する駆動力制御システム「TVD」などにより、セダンでありながらサーキット走行を楽しめる“F”モデルの高性能セダンとして、レクサスのスポーツイメージをけん引してきました。

「TVD」

LEXUS ‐ EXCITING HANDLING|特徴|GS F (67088)

コーナリング中の駆動力を適切にコントロールすることで、理想的な車両挙動を実現しており、タイヤのグリップ性能も最大限に引き出し、意のままのコーナリングを楽しむことができます。
「TVD」制御によるコーナリング特性の一例として、
①ターンイン時は、ドライバーのステアリング操作に合わせて旋回方向と同じ向きのヨーモーメントを発生させ、意のままのターンインを実現します。
②旋回時は、エンジンのトルクの少ない状態でも外輪側へのトルク移動を継続し、旋回姿勢をコントロール。小さいステアリング角度で軽快にコーナーを駆け抜けます。
③旋回立ち上がり時も、旋回中から継続して外輪側へトルクが移動。タイヤのキャパシティに応じてトルク移動量を左右輪に最適に制御することで、加速旋回トレース性と高いトラクション性能を両立させ、意のままにコーナーを立ち上がることができます。

また「TVD」は、STANDARD / SLALOM / CIRCUITの3つのモードに切り替えることができます。
STANDARDは、軽快感と安定感を高次元にバランスし、理想的な車両挙動を実現します。
SLALOMは、ステアリングレスポンスを重視し、クルマが一回り小さくなったかのような軽快感を味わえます。
CIRCUITは、サーキットで鍛え上げたモードであり、高速サーキットでの安定性を重視します。

一部改良内容

LEXUS、「GS F」を一部改良 | レクサス | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (67081)

精悍なエクステリアに改良

今回の一部改良では、標準設定のアルミホイールに“F”を主張するマットブラック、ドアミラーとBピラーガーニッシュにブラックの配色を施し、力強い走りを想起させる精悍なスタイリングになりました。Brembo製のブレーキキャリパーは、情熱的なオレンジもしくはスポーティな新色ブルーが選択可能となり、全8色のボディカラーとの組み合わせが楽しめます。また、内装色のブラック&アクセントホワイトは、配色を変更することで、ホワイトのアクセントをより一層際立たせています。

スポーティな走りを強化

また足回りでは、サスペンションを改良しています。ステアリングブッシュの剛性を高めてドライバーの意図がよりリニアに伝わるようセッティングしました。加えてリヤトーコントロールアームブラケットのアルミダイキャスト化により軽量化と高剛性を実現しています。普段の走りでは安定したステアリング操作を確保し、サーキットでは限界域でのコントロール性を追求することで、“F”ならではのスポーツ走行を進化させています。

「GS F」の価格

「GS F」の価格は、11,440,000円~となっています。レクサスの高級セダンでありながら、高級スポーツカーでもあるので、価格面ではかなり高価なクルマになっています。そのぶん、スタイリング・走行性能ともに申し分ない仕様になっています。

まとめ

今回は10月1日から一部改良して販売されている、レクサスの4ドアスポーツセダンである「GS F」の概要と一部改良内容を紹介してきました。
スタイリング、走行性能がより高まった今回の一部改良は、「GS F」を4ドアスポーツセダンとしてさらに成長して、良い仕上がりになったと評価できます。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi