ニュース

ニュース

自動車業界に関するニュースや、ツイッターなどのSNSの情報などをまとめた記事です。

ニュースの記事 最近投稿された記事

「白いGT-Rが好き」大阪なおみの一言に日産大慌て!

「白いGT-Rが好き」大阪なおみの一言に日産大慌て!

日産自動車は、13日のUSオープンにおいて、日本人初の女子シングルス優勝を果たしたテニスの大坂なおみ選手が、日産ブランドアンバサダーに就任した発表会の一言が「白いGT-Rが好き速いから」。横には贈呈される予定(?)の「リーフ」が・・。
8月度の車名別新車販売台数を発表、「N-BOX」12ヵ月連続の首位

8月度の車名別新車販売台数を発表、「N-BOX」12ヵ月連続の首位

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、8月度の車名別新車販売台数を発表しました。その結果、「N-BOX」が12か月連続で1位、 登録乗用車では「ノート」が首位となりました。では、その他の車種のランキングも詳しく見てみましょう。
電気自動車のコンバージョンがアメリカで流行。専門の企業まで

電気自動車のコンバージョンがアメリカで流行。専門の企業まで

購入した自動車を、自分好みにチューンナップしていくというのは、洋の東西を問わず、車の愛好家なら皆がやっていることですが、それにしても、これにはビックリ! アメリカでは、古い車の車体からガソリンエンジンなどを抜き出し、電気自動車に強引に?改造するビジネスが増殖中なのですって。 まぁ、今後排ガス規制とかが厳しくなるばかりですし、好きな車のフォルムだけを残しながら21世紀に備えるという感じでしょうか。これも時代の流れ?
ロシアでオンライン出前給油サービスが、目下大ヒット中

ロシアでオンライン出前給油サービスが、目下大ヒット中

ドライブ中に、交通事故と並んで絶対にやってはいけないのがガソリン切れ。GSが見当たらないと、本当に途方に暮れますよね。そういう事情はロシアでも同じですが、このほどオンラインでガソリンを購入し、駐車先まで出前してくれるスタートアップが2社出現。かの国で話題になっているそうです。Gadgets360というサイトが、ロイター電として報じています(2018年8月7日付け)。
テキサスのスタートアップのEdgetensor社、AIを使った自動運転車用のドライバー監視システムを開発

テキサスのスタートアップのEdgetensor社、AIを使った自動運転車用のドライバー監視システムを開発

やったら駄目な運転として思い浮かぶのは、酔っ払い運転に、脇見運転、そして注意散漫な運転。特に最後については、スマートフォン時代というのもあって、「見ながら運転」も増加しています。これは、自動運転車時代になっても克服すべき課題でして、テキサスのEdgetensor社というスタートアップ企業が、こうした注意散漫なドライバーをAIで監視するシステムを開発。業界関係者から注目されています。FutureCarという自動車情報サイトが報じています(2018年8月8日付け)。
コンパクトカーが2,525円~乗れる!格安レンタカー会社、ニコニコレンタカーのメリットとは?

コンパクトカーが2,525円~乗れる!格安レンタカー会社、ニコニコレンタカーのメリットとは?

今では格安でレンタカーを貸してくれる会社も増えており、よりレンタカーが利用しやすくなりました。今回はその中でもニコニコレンタカーのメリットを紹介します。
自動運転車がドライバーの雇用に与える影響は「若干」。でも、対応する勉強は必要!

自動運転車がドライバーの雇用に与える影響は「若干」。でも、対応する勉強は必要!

昨今、注目の自動運転車。このテクノロジーが商業化した暁はどうなるのかについて、アメリカ移動研究所(American Center for Mobility=ACM)が調査しています。その結果、あるとしても若干で、タクシー業界のドライバーに影響が出るぐらいだろうと、運輸情報サイトのSmart Highwaysが報じています(2018年8月8日付け)。ただし、インパクト自体は大きく、受け入れるための勉強や、業界のあり方に変化が訪れるのは間違い無さそう。うかうかしてられません。
仰天!ニューヨーク州では、高齢ドライバーの免許更新に認知症検査無し。ヤバイ事故が2件も発生

仰天!ニューヨーク州では、高齢ドライバーの免許更新に認知症検査無し。ヤバイ事故が2件も発生

日本でも頻発している、高齢ドライバーの運転ミスによる死亡事故。これって、どうも洋の東西を問わないようでして、あのニューヨーク州では、高齢者の免許更新試験で認知症の検査が無く、幼な子やティーンが犠牲となる事故が2件発生。市民が激怒し、ルール改正を求めています。
プリウスがベスト10落ち、激震の7月度新車販売ランキング発表

プリウスがベスト10落ち、激震の7月度新車販売ランキング発表

自販連と軽自協が6日に発表した7月の新車販売ランキングによると、ホンダの「N-BOX」が11か月連続でトップとなり、1位~3位を軽自動車が占めました。登録乗用車の「アクア」は4位にとどまり、「プリウス」がベスト10から姿を消しました。
自動運転車の車間距離検知システムが、何と事件捜査の決め手になるかも?!

自動運転車の車間距離検知システムが、何と事件捜査の決め手になるかも?!

世の中、全く関連無さそうなテクノロジーに、意外な分野への応用が利くことがあります。典型例が電子レンジ。元々は、レーダーの研究を行っていた人が、白衣のポケットに入れていたチョコレートがマイクロ波で溶けてしまったことが、そもそもの応用への第一歩だったというのは、皆様もご存知かと。それに似ているというか、自動車に関するテクノロジーが、よもやまさかのジャンルに使えそうなのですって。Lidar(ライダー)と呼ばれる、自動運転車の検知システムが、「人の場所の特定に使えるかも」と、専門家が大真面目に指摘するに至っています。悪が蔓延るのを防ぐという意味で、朗報なのでしょうね…。
201 件

ニュースで人気のキーワード

関連する記事 こんな記事も人気です♪