ニュース

ニュース

自動車業界に関するニュースや、ツイッターなどのSNSの情報などをまとめた記事です。

ニュースの記事 最近投稿された記事

オランダの大学が100%リサイクル可能な電気自動車試作に成功

オランダの大学が100%リサイクル可能な電気自動車試作に成功

オランダのアイントホーフェン工科大学が亜麻と砂糖を原材料にした、100%リサイクル可能な電気自動車の試作に成功しました。超軽量で240キロの距離の走行が可能。開発した学生さん達によって、この夏、欧州ツアーを展開するとのことです。
空飛ぶ自動車のTerrafugia、ハイブリッド・タイプで、いよいよ来年、実用車か?

空飛ぶ自動車のTerrafugia、ハイブリッド・タイプで、いよいよ来年、実用車か?

空飛ぶ自動車として、数多くの試作車を夜に送り出して注目されてきたTerrafugia社。他のメーカーと違い、どこかしら車としての面影を残したデザインでも知られていますが、いよいよトランジッションという実用車を来年に投入するとのこと。ハイブリッド車になるのようです。
スペインのスタートアップ「自動運転車の事故を25%減らせるソリューションを開発」と発表

スペインのスタートアップ「自動運転車の事故を25%減らせるソリューションを開発」と発表

余り考えたくないのですが、自動車に付き物なのが事故。まして、自動運転の世の中になれば、なおのこと心配されますが、そうした事故を減らそうと、スペインのDiscoperiというスタートアップ企業が、このほど「事故を25%減らせるソリューションを開発した」と発表し、業界関係者の注目を浴びています。使われているのは、これまた昨今注目を集めているAI(人工知能)と、ブロック・チェーンのテクノロジーなのですって。
英国では9分に1人の割合で電気自動車のオーナーが増殖中なんだって。国も大々的に推奨

英国では9分に1人の割合で電気自動車のオーナーが増殖中なんだって。国も大々的に推奨

原油価格が高騰し、今後のガソリン価格の行く末が日本だけでなく、世界中のドライバーの気になるところですが、そんな中で注目されるのが英国の動き。政府がGo Ultra Low(うんと低くしようよ)と銘打った、大々的な電気自動車の推奨キャンペーンを実施しているのですって。専用のHPを立ち上げるわ、YouTubeでキャンペーンやるわで、目下9分に1人の割合で電気自動車のオーナーが誕生しつつあるのだとか。すごい勢いですね。
アメリカのスタートアップが手がける「空飛ぶ車」が優雅でSFっぽくて、どうしても車に見えないんですけど!

アメリカのスタートアップが手がける「空飛ぶ車」が優雅でSFっぽくて、どうしても車に見えないんですけど!

カナダで産声を上げ、現在はアメリカのシリコン・バレーで奮闘中のOpenerというスタートアップが、目下「空飛ぶ車」を開発中。ところが、余りの優雅さとSF的な外観が、どうしても車に見えません。アドバイザーにはスペース・シャトルに乗っていた元宇宙飛行士も名を連ね、もう何が何だか…。
「20分で運転技術を車のAIに教え込みさせます」と、英国のスタートアップが豪語

「20分で運転技術を車のAIに教え込みさせます」と、英国のスタートアップが豪語

ケンブリッジ大学工学部の出身者によって創業されたWayveというスタートアップ企業が、人工知能(AI)を使って自動運転車に20分で技術を教え込ませる事を可能にしたとしています。同社の公式サイトを見ていると、ハッタリではないのがまざまざと分かります。本当にSFの世界。シュール・リアリスティックな感覚にすら襲われます。
世界のカー・シェアリング市場、2024年には110億ドルの規模に

世界のカー・シェアリング市場、2024年には110億ドルの規模に

日本でもブームになりつつあるカー・シェアリング・サービスですが、現在4億ドル未満の市場から、6年後には11億ドルを突破するとの観測があるのだそうです。凄い伸び率ですね! 各国政府が、環境への負荷が軽減されるとして、積極的に後押ししているという事情も追い風のようです。
マツダ、オートモビルカウンシル2018にて「マツダ・コンパクトハッチバック・ストーリー」を展開

マツダ、オートモビルカウンシル2018にて「マツダ・コンパクトハッチバック・ストーリー」を展開

マツダは5日、8月3日(金)~5日(日)にかけて幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル2018」でのマツダの出展テーマ、「マツダ・コンパクトハッチバック・ストーリー」 での出展内容を公表しました。
「N」シリーズの累計販売台数が200万台を突破!したけれど・・・

「N」シリーズの累計販売台数が200万台を突破!したけれど・・・

5日、ホンダの軽乗用車「N」シリーズの累計販売台数が、2018年6月末時点で200万台を突破したことを発表しました。「N」シリーズは、2011年12月に第1弾モデル「N-BOX」を発売して以来、79ヵ月目での記録達成となります。
2018年上半期(1〜6月)の車名別新車販売台数でも「N-BOX」がトップ

2018年上半期(1〜6月)の車名別新車販売台数でも「N-BOX」がトップ

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は、6月および2018年上半期(1〜6月)の車名別新車販売台数を発表。それによると、「N-BOX」が6月度、2018年上半期 ともに登録車を含む第1位、登録車では日産の「ノート」が第1位を獲得しました。
188 件

ニュースで人気のキーワード

関連する記事 こんな記事も人気です♪