ニュース

ニュース

自動車業界に関するニュースや、ツイッターなどのSNSの情報などをまとめた記事です。

ニュースの記事 最近投稿された記事

2/1からフィッシングショーOSAKA 2019開催!釣りにピッタリの車が登場

2/1からフィッシングショーOSAKA 2019開催!釣りにピッタリの車が登場

今年で56回目になるフィッシングショーOSAKA 2019が、2/1より開催されます。同ショーは、釣りに特化したショーです。さらに釣りに特化した車も展示・販売されます。釣り×車に焦点をあてて紹介します。
アメリカ政府の一部機能閉鎖のせいで、新車の販売に影響が?

アメリカ政府の一部機能閉鎖のせいで、新車の販売に影響が?

グダグダと続く、アメリカ政府の一部機能停止。各地の国立博物館や国立公園が閉鎖されているのは皆様も御存知でしょうが、意外なところにも影響が及んでいます。そう、我らが自動車業界。新車の検査と、販売を認可する部署も対象となっているため、各メーカーとも新車開発したは良いが、待ちぼうけを食らいそうなのですって。しかも、自動運転車に関わるテクノロジー機器の認証も同様となれば、この方面での競争の遅れに繋がりかねません。
英国ドライバー悲鳴!Brexitが自動車保険料が値上がりを助長。その上、路上駐車料金を年間1000ポンドしそうな自治体も

英国ドライバー悲鳴!Brexitが自動車保険料が値上がりを助長。その上、路上駐車料金を年間1000ポンドしそうな自治体も

英国のドライバーにしたら、ゲンナリするような話が2つも持ち上がっています。1つは、あのBrexitのせいで、自動車保険の料金が値上がり中で、勢いが止まらないのですって。もう1つは、各地の路上駐車に業を煮やした一部自治体が、年間1000ポンドを徴収する条例を計画中。「到底払えない」との悲鳴が上がっているそうですから、下手したらフランスみたいにイエロー・ベスト運動になりそう?
あおり運転と飲酒運転は、季節と関係がある?

あおり運転と飲酒運転は、季節と関係がある?

洋の東西を問わない、あおり運転や飲酒運転。こうした運転には、国によって違いがあるものの、季節が関係している事が、専門家による研究から明らかになっています。例えば、インドでは夏にあおり運転が、冬に飲酒運転が多いそう。逆にアメリカでは夏と冬の2回が飲酒運転の多い要注意シーズンなのだとか。海外旅行や出張に行く際の要注意ポイントと言えましょうか。
首都高速に新たな動き 東京五輪開催期間にロードプライシングを検討

首都高速に新たな動き 東京五輪開催期間にロードプライシングを検討

首都高速道路の利用料金が変わるかもしれません。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催期間中における首都高速の渋滞緩和のために国、東京都、大会委員会は「ロードプライシング」を導入する方針を固めたそうです。本当にそれでいいのでしょうか?独自目線で考察します。
定期お届け、12月リコール情報!今回は、火災やCPU関連が特徴的

定期お届け、12月リコール情報!今回は、火災やCPU関連が特徴的

筆者は、毎月定期お届けとしてリコール情報を記事にしています。今回のリコール情報は、火災発生に至ってしまった案件、CPUやECUに関する届出が特徴的です。筆者が特筆すべきと思うリコールを記事にします。
運転中のスマホOK?! 自動運転の未来は?道路交通法改正案についての考察

運転中のスマホOK?! 自動運転の未来は?道路交通法改正案についての考察

2018年12月20日、警視庁より道路交通法改正案が公表されました。内容は自動運転化へ向けた規定が初めて盛り込まれた改正案でした。なぜこのタイミングなのでしょう?自動運転化の今後の在り方を交えて解説します。
ホンダが21日に3種の新機種を発売!ステップワゴンBlack Style・Modulo X、S660 トラッドレザーエディション

ホンダが21日に3種の新機種を発売!ステップワゴンBlack Style・Modulo X、S660 トラッドレザーエディション

ホンダは20日、「ステップワゴン」に特別仕様車「ブラックスタイル 」を設定、また「モデューロX」をマイナーモデルチェンジ、そして、「S660」に、特別仕様車「トラッドレザーエディション」を新たに設定し、21日から発売開始しました。
「東京オートサロン2019」に出展するダイハツのコンセプトカーに注目!

「東京オートサロン2019」に出展するダイハツのコンセプトカーに注目!

2019年1月11日から1月13日 まで、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に、ダイハツは個性あふれるコンセプトカー」を出展するなどかなり力の入った出展内容になっています。それでは全出展車を一気にご紹介しましょう。
ボルボの電気ゴミ収集車、ドイツのハンブルグにお目見え

ボルボの電気ゴミ収集車、ドイツのハンブルグにお目見え

かねてから電動トラックに力を入れていたスウェーデンのボルボが、何ともニッチな市場で勝負に出ました。ゴミ収集車を1年未満で開発。このほど、ドイツ北部で実際に走る事となったのだそうです。背景には、合理的な経営判断がありました。
273 件

ニュースで人気のキーワード

関連する記事 こんな記事も人気です♪