「東京オートサロン2019」に出展するダイハツのコンセプトカーに注目!

2019年1月11日から1月13日 まで、幕張メッセで開催される「東京オートサロン2019」に、ダイハツは個性あふれるコンセプトカー」を出展するなどかなり力の入った出展内容になっています。それでは全出展車を一気にご紹介しましょう。

遊びゴコロあふれるダイハツの出展車

コペンクーペ

コペンクーペ

ダイハツブースは、「遊びゴコロをみんなのものに。」をテーマに、軽オープンスポーツカー 「コペン」や、2018年に発売した軽乗用車「ミラ トコット」、小型乗用車「トール」「ブーン」、 軽商用車「ハイゼット トラック」などを、それぞれの持つ世界観を生かしながら、多方面にカスタ マイズしたオリジナルバージョンを出展します。

コペン

コペンクーペスポーツプレミアムVer.

コペンクーペスポーツプレミアムVer

コペンクーペスポーツプレミアムVer

厳選されたプレミアムアイテムを身に纏う、大人のためのコペン 12月19日に発表された「コペン クーペ」はCFRP製のハードルーフを装着した本格クーペスタイルで、200台 限定の市販予定車として出展。2019年1月11日(金)から専用WEBサイトで商談希望者の 募集を開始する。また「コペン セロ スポーツプレミアム Ver.」はメッシュ状のオリジナルフロ ントグリルやメッキ加飾を施し、新たな世界観を提案するコンセプトカーです。

ダイハツP-5

ダイハツp-5

ダイハツp-5

小さなクルマづくりへのこだわりと、チャレンジングスピリットの象徴が今ここによみがえる。 さらに、今年ダイハツ従業員の有志によってレストアされ、走行が可能となったレーシングカー 「P-5」も展示する。「P-5」は1968年の第3回日本グランプリ・レースに出場し、GP1 クラスで優勝したレーシングカーである。レストア作業は、ベテランから若手までが一体となって 作業を行うことで、ダイハツならではの小さいクルマづくりへのチャレンジングスピリットと技術を 継承することを目的に行われました。
その他、軽自動車から小型乗用車までのバリエーション豊かなラインナップを生かし、各モデルの持つ魅力 を深化させるとともに、ダイハツのDNAを感じられる過去の車両も交え、ダイハツらしい“遊び ゴコロ”を感じていただけるブースとなります。

トコット

3つのコンセプトカーを用意したトコット。無印的なイメージのトコットは、カスタマイズするには最適なベース車となります。この中で一つでも市販化されれば、地味なトコットがいきなり華やぐかも知れません。3湯とも実現すればキャストのような3兄弟が出来上がります。

トコットスポルザ

トコットスポルザ

トコットスポルザ

ダイハツ往年の「ミラ TR-XX」を彷彿させるホットハッチスタイル

トコットアクティブ

トコットアクティブ

トコットアクティブ

トコットエレガント

トコットエレガンス

トコットエレガンス

毎日を冒険に変える、頼れる相棒
クールな大人女子のための、エレガント トコット

ハイゼットトラック

農業女子を応援するハイゼットトラックらしく、よりオシャレで楽しい仕様に。アクティブ系トラックというのも新しい軽のジャンルになるかもしれません。

ハイゼットトラックマルシェ

ハイゼットトラックマルシェ

ハイゼットトラックマルシェ

毎日を、おしゃれに、楽しく、にぎわうワークトラック

ハイゼットトラックカルフォルニア工務店

ハイゼットトラックカリフォルニア工務店

ハイゼットトラックカリフォルニア工務店

「カリフォルニア工務店」とのコラボによる、遊びと仕事を両立するアクティブ系トラック。「カリフォルニア工務店」は、サーフィンや車、バイク、釣り、アウトドア、ファッション、デザインなど数々の趣味、カルチャーを活かしたライフスタイルを提案し、今までの“建築業界の常識”にとらわれない自由な発想で、どこにも真似できない理想の空間づくりを行う今話題の工務店です。

ブーン

ブーンも一味加えると、なかなかオシャレな車に変身します。トヨタがパッソに仕掛ける前に先にやってしまった方が良いかもしれません。2車ともに大人ブーンというイメージです。

ブーンエレガンス

ブーンエレガンス

ブーンエレガンス

都会に似合う、シックなエレガントスタイル

ブーンプレミアム

迫力と優美さを身にまとった、プレミアムな世界観ということですが、画像がまだありません。

ミラキャンバス

初音ミク Limited Package

初音ミク Limited Package

初音ミク Limited Package

初音ミク Limited Package

初音ミク Limited Package を、さらに海仕様にカスタマイズ ミラキャンバスが装ったのは、何とイタ車でおなじみの初音ミク。でもかなり抑えめでちょっとホッとしました。

まとめ

出展するメーカーによって、力の入れ具合やコンセプトは異なります。トヨタはスープラなどの話題のスポーチカー、ホンダはF-1などのレーシングカー、そしてダイハツは軽自動車を中心としたコンセプトカーで、見る者を楽しませてくれます。好みはありますが、笑顔になれるブースとしてはダイハツが一番の様です。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。