2019年11月1日 更新

マツダが、新型EVモデルとなるMX-30を世界初公開!

マツダは、初EVモデルとなるMX-30を、東京モーターショー2019で世界初披露しました。同モデルは、マツダの魂動(こどう)デザインをさらに高めていそうです。同モデルの特徴等をご紹介します。

マツダが、新型EVモデルとなるMX-30を世界初公開!

マツダ 新型MX-30の概要等

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、第46回東京モーターショー2019(主催 一般社団法人 日本自動車工業会)会場にて、マツダ初の量産EVモデルとなる「MAZDA MX-30(エムエックス サーティー)」を世界初公開しました。 MX-30は、新たにマツダのカーラインアップに加わる新世代商品の第3弾モデルです。

同モデルは、ユーザーがクルマとのつながりをさらに深め、クルマとともに自然体で自分らしい時間を過ごせることをコンセプトにして、新たなクルマの使い方や、創造的な時間と空間を盛り込んだモデルに仕上げています。

MX-30のデザインは、マツダのデザインテーマ「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」のもと、「Car as Art」として、さらに芸術性をアップさせるとともに、表現に拡がりを持たせることをモチーフにしています。人の手が生み出す美しいディテールとこだわりのつくり込みをベースにしながら、将来に向けた価値観の変化や、新ライフスタイルに寄り添うことを目指し、「Human Modern(ヒューマン モダン)」をキーワードに、デザインをつくり上げていますね。

気軽に毎日乗りたいと思える、乗るほどにクルマに愛着が湧き、乗るほどにありのままの自分でいられる車に仕上げたいというマツダの思いが伝わってきますね。MX-30のユーザーになる方は、パートナーのような存在でありたいという想いを持ち続けられるのではないでしょうか。

マツダは、MX-30を設計・製造するにあたり、ユーザーに寄り添うような親近感のある佇まいや、心が自由になる開放的な空間、人を中心に考えた作りこみにこだわり抜いて仕上げているといえますね。

MAZDA MX-30 (日本語字幕付)

マツダ 新型MX-30のエクステリア等

エクステリアでは、人とクルマの関係が、時代の変化と共に変わりゆく現代を表現しています。クルマと過ごす日々の楽しさを、MX-30を通して感じられるように、「Human Modern」のベースキーワードにデザインされています。

今までと変わらぬ人の手が生み出す美しい形とこだわりのつくり込みをベースとしながらも、新ライフスタイルに寄り添った表現になるように仕上げています。今までにないアプローチにより「魂動」の表現が拡がりを表現したことで、独自のデザインが完成しています。
https://www.netcarshow.com/ (68654)

via https://www.netcarshow.com/
FREESTYLE DOORは、サイドビュー細大の特徴です。MX-30は、ユーザーにとっての新たな選択モデルとなるように、クルマの使い方、クルマと過ごす心豊かな時間を提案するためにこのドアデザインになっています。

モデル価値に加え、フリースタイルドアを採用したことで、機能面だけでなく、クルマを自由な発想で使っていただける可能性を高めています。ドライブの楽しさに加えて、自由にクルマを使って、自分の色にこのクルマを彩っていくためのデザインでも有りますね。
https://www.netcarshow.com/ (68655)

via https://www.netcarshow.com/

マツダ 新型MX-30の内装等

インテリアは、開放感に包まれるような感覚を大切に設計されています。フローティングテーマによって、解放的な空間構成で統一感を持たせ、ヘリテージコルクをはじめとする環境にも配慮した素材や造り込みによる心地よさにもこだわって仕上げています。

そしてフリースタイルドアを開けることで広がる空間が、さらなる開放感を演出し、乗る人の感性を刺激する仕様です。人と環境を考えたインテリアに仕上げたいというマツダの思いがインテリアにも込められていますね。
https://www.netcarshow.com/ (68657)

via https://www.netcarshow.com/
MX-30は、素材選びから、素材の魅せ方にまでこだわって、開放的なインテリア空間をつくり込みしています。コンソールトレイに採用しているヘリテージコルクは、素材そのものの触感と温かみのある表情を活かして仕立てられています。

ドアトリムには、繊維素材を採用し、空気を含んだかのような風合いが出されて、室内空間に素材による開放感を表現しました。繊維素材は、ペットボトルからのリサイクル原料からできていて、コルクも伐採ではなく木の表皮を収穫することで作られる環境負荷の少ないサステイナブルな素材です。環境に配慮した素材が、MX-30の心地よい空間を表現していますね。
https://www.netcarshow.com/ (68658)

via https://www.netcarshow.com/

マツダ 新型MX-30のパワートトレインや安全装備等

マツダらしいドライビング体験は、どんなドライブシーンでも、純粋に運転を楽しんでもらえるように、BEVであっても変わらず貫かれている信念となっています。マツダならではの人間中心の開発哲学によって、マツダらしい人馬一体の走行性能がEBVモデルでもさらなる深化をしています。乗れば乗るほど、毎日の運転が楽しみになるドライビング体験を可能にしています。

主要諸元等(欧州バージョン)
・全長×全幅×全高=4,395mm×1,795mm×1,570mm
・ホイールベース=2,655mm
・パワートレイン=e-SKYACTIV
・タイヤ=215/55R18
・駆動用バッテリー
種類=リチウムイオン電池
セル=角型(prismatic)
総電圧=355V
・総電力量(バッテリー容量)=35.5kWh
・充電
DC充電 COMBO規格
AC充電 最大入力6.6kW

人々の安全要求は日々高まっていますね。MX-30は、先進安全技術i-ACTIVSENSEをさらに強化し、被害軽減ブレーキ技術スマート・ブレーキ・ポート(SBS)に交差点での衝突事故防止を図る機能を追加し、白線が引かれていない道路(縁石)での逸脱回避をアシストする新技術を採用しています。

センターピラーレスのフリースタイルドアを採用しながらも、高強度かつ効率的なエネルギー吸収構造により、高い衝突安全性能を保持しています。高電圧バッテリーには綿密な保護構造を取り入れるなど、誰もが安心して思いのままにMX-30を楽しめるよう、最新の開発思想と技術が注ぎ込まれています。
 (68665)

まとめ

マツダが、初EVモデルとなるMX-30を東京モーターショー2019で世界初公開しました。同モデルは、魂動(こどう)をさらにアップさせたデザインにし、新しい技術もふんだんに盛り込まれて登場しています。欧州市場から販売し、日本にも導入予定です。同モデルの販売開始が楽しみですね。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me