2019年8月30日 更新

アウディ R8 LMS GT3、鈴鹿10時間耐久レースで初優勝

8月23日(金)〜8月25日(日)、鈴鹿サーキットで行われた「鈴鹿10時間耐久レース」が開催され、アウディスポーツ・チームWRTの「アウディ R8 LMS GT3」が日本にて初優勝を飾りました。

アウディ R8 LMS GT3、鈴鹿10時間耐久レースで初優勝

GT3カーの世界一を決める耐久レース

 (65452)

「鈴鹿10時間耐久レース(2019第48回サマーエンデュランス『BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース』)」は、昨年始まったGT3カーの世界一を決める耐久レースで、世界5大陸をまたいで、年間全5戦で競われる「インターコンチネンタルGTチャレンジ(IGTC)」のアジアラウンドに位置付けられ、10時間での走行距離の長さを競うレースとなります。アウディ勢はアウディR8 LMS GT3により、日本からはスーパーGT GT300クラスで活躍するR.ライアン/富田竜一郎/A.ピカリエロ組の21号車、アウディ チーム ヒトツヤマが、また海外からはケルビン・バン・デル・リンデ/ドリス・ファントール/フレデリック・ベルビシュ組の25号車アウディスポーツ・チームWRT125号車、そして、M.ウィンケルホック/C.ハーゼ/C.ミース組のアウディスポーツ・チームアブソルートレーシングの計3チームが参戦しました。

アウディRS生誕25周年 記念のカーナンバー「25」

 (65455)

今年で生誕25周年 となるアウディのRSは、それにちなんで、アウディスポーツ・チーム WRTのマシンには、RSモデル25周年記念のロゴとカーナンバー25を配し、ボディはRS 2アバントのイメージカラーである伝統のノガロブルーで彩りました。一方、アウディスポーツ・チームアブソルートレーシングのマシンは、ホワイトを基調に記念ロゴを配し、カーナンバーは25に1を加えた125で10時間の耐久レースに臨みました。昨年のこのレースではアウディスポーツ・チームアブソルートレーシングが3位表彰台を獲得、アウディスポーツ・チーム WRTが4位、アウディ チーム ヒトツヤマが8位に入賞しています。

予選は惜しくも2位も好スタート!

Audi R8 LMS GT3、鈴鹿10時間耐久レースで初優勝 | Audi Japan Press Center - アウディ (65458)

土曜日の最終予選結果は、25号車が惜しくも2位、125号車が7位、21号車が18位からのスタートとなり、日曜日の決勝も30℃に迫る気温のもと、午前10時レーススタート。25号車と125号車がはレース序盤から耐久レースとは思えないほどのラップタイムで周回を重ねていきますが、21号車は第1スティントのアレッシオ ピカリエロ選手が接触事故によってピットスルーペナルティ課せられ、順位を大きく落としてしまいました。レース開始から3時間後には25号車がトップに、125号車は6位、21号車は23位につけていました。

125号車にトラブル発生!

 (65462)

その後 25号車はトップを一度も譲ることなく盤石の走りをみせ、レース開始8時間後には、25号車と125号車のワンツー体制になりました。レースは残り1時間を切り、25号車と125号車のワンツーフィニッシュでレースを終えられるかと思いきや、125号車が給油トラブルによって大幅にタイムロス。順位を大きく落としてしまいました。

白熱のバトルを制し、25号車がトップフィニッシュ!

 (65464)

午後8時レース終了、最後まで圧倒的な速さをみせた 25号車アウディ・スポーツ・チーム WRTが昨年の雪辱を晴らし、日本での初優勝を遂げました。125号車アウディスポーツ・チームアブソルートレーシングは、最終ラップまで前を走る35号車を猛追、白熱のバトルを展開し大いに観客を沸かせましたが、最終的に惜しくも7位。21号車アウディ チーム ヒトツヤマ は、後半大きなミスもなく安定した走りで、17位完走を果たしました。

また、2位には昨年の覇者メルセデスAMG・チーム・グループMレーシング、999号車メルセデスAMG GT3が獲得、3位にはアブソリュート・レーシングの912号車ポルシェ911 GT3 Rが入り、ドイツ車が表彰台を独占しています。

2019第48回サマーエンデュランス『BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース』結果

 (65467)

1位 25号車 アウディスポーツ・チームWRT アウディR8 LMS GT3 Evo
K.バン・デル・リンデ/D.ファントール/F.ベルビシュ 275Laps

2位 999号車 メルセデスAMG・チーム・グループMレーシング メルセデスAMG GT3
M.エンゲル/R.マルチェッロ/M.バーク トップとの差40.367秒

3位 912号車 アブソリュート・レーシング ポルシェ911 GT3 R
D.オルセン/M.キャンベル/D.ベルナー トップとの差43.797秒

4位 77号車 メルセデスAMG・チーム・クラフト・バンブー・レーシング メルセデスAMG GT3
M.ゲーツ/L.シュトルツ/Y.ブールマン トップとの差47.038秒

5位 42号車 BMWチーム・シュニッツァー BMW M6 GT3
A.ファーファス/M.トムチェク/N.イェロリー トップとの差48.666秒

6位 35号車  KCMGニッサンGT-R ニスモGT3
松田次生/千代勝正/J.バードン 56.921

7位 125号車 アウディ・アブソリュート・レーシング アウディR8 LMS GT3 Evo
M.ウィンケルホック/C.ハーゼ/C.ミース トップとの差57.199秒

17位 21号車 アウディ・チーム・ヒトツヤマ アウディR8 LMS GT3 Evo
R.ライアン/富田竜一郎/A.ピカリエロ  トップとの差3周

まとめ

 (65471)

最終的に2位の999号車メルセデスAMG GT3に対し40.367秒差、268周の決勝レース中201周でラップリーダーとなるなど、開催2年目の鈴鹿10時間を制し、アウディのRSモデル誕生25周年に華を添えることとなりました。トップチームの壮絶なバトルにより、レース自体は盛り上がりましたが、生産台数などの規定によってレクサスやホンダのスポーツモデルが参加できず、国産車では唯一日産のGT-Rだけということが残念な結果となっています。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン