2018年12月28日 更新

コラボ企画!チュートリアル福田×ホンダ×FLEXで作ったN-VAN誕生

コラボN-VANは、「バイク好きだから欲しい装備」をメーカー・製作会社・企画者(チュートリアル福田さん)の3社(者)で完成させたモデルです。このモデルの特徴を紹介していきます。

コラボ企画!チュートリアル福田×ホンダ×FLEXで作ったN-VAN誕生

ホンダN-VANチュートリアル福田カスタムwith FLEXのコンセプト

チュートリアル福田さんは、「バイクが好きすぎてたまらん」という人です。バイクの魅力をもっと広く伝えたい!そんな想いを伝えるために、ホンダN-VANをカスタムしたのがコンセプトとなっています。

ホンダのN-VANをベースモデルに、カスタム内容を考案したのがチュートリアル福田さん、実際にカスタム処理をしたのが、FLEXです。

このコンセプトモデルは、市販予定等は今のところないのですが、東京オートサロン2019のホンダブースで展示されることが決まっています。反響次第では、2輪部門も持っているホンダですので、市販モデルを開発していく可能性もあるのではないでしょうか?

N-VAN「熱意、そして始動」篇

ホンダN-VANチュートリアル福田カスタムwith FLEXのエクステリア等

ホンダといえば赤という発想の元、白と黒のラインを絶妙にミックスして、まずはどこから見てもホンダモデルであることを主張したカラーリングになっています。

本田宗一郎氏が、当時「自動車に赤を使用不可」という法律に対して、猛烈に赤を使えるように訴えかけた結果、使用可になった赤です。ホンダレッドは、想いと魂が注入された赤であると言えます。

チュートリアル福田さんは、バイクからのインスピレーションもミックスし赤を選択しています。1992年に発売された「HondaNR」は、赤一色のカラーとなっていて当時の最高技術を投入して製造されたモデルです。最高という文字に掛けての赤でもあります。
 (53281)

N-VANは、後ろからバイク(サイズ制限あり)が積み込み出来き、助手席側からバイクを降ろせるという非常に便利なモデルです。この積み下ろしを何度繰り返しても耐久性に問題ないように、アルミプレート(スリップ止め付き)でフロアを全面補強しています。

この補強は、普段からバイク積み込んでいる福田さんだからこそ、気づき、最良の素材を選択したと言えます。さらに、敢えてシルバーを選択したのにもこだわりがあります。海のHondaは銀色ということから来ていますね。

船外機に使用されているホンダエンジンは、シルバーカラーです。このシルバーの由来は、当時のデザイナーさんが見た、一枚のホンダアコードの写真から来ています。

そのアコードは、シルバー色だったのですが、海を背景にゴールドに見えたことから、ホンダは、海の上でいろいろな輝きを見せるシルバーを海上部門で採用しています。。
 (53280)

ホンダN-VANチュートリアル福田カスタムwith FLEXの注目装備

 (53282)

福田さんは、GPレースなどバイクレース観戦も大好きです。この観戦をクルマに居ながら観れる用にモニターが設置されています。この機能は、FLEXさんが考案し、車内だけでなく社外にモニターが出せるようにアーム式になっていて、上にスピーカーも設置できるという優れものです。

また、バイクをトランポ(設置)させて、バーチャルライド機能が使えるようになっています。福田さんが、1番欲しかった機能ですね。名づけてテールゲートバーチャルバイクライド機能であります。
 (53283)

製作会社のFLEXさんはどんな会社?

 (53293)

FLEX社長の想いとは、仕事は何よりも楽しくなければならないとしています。人生のうちで仕事に費やす時間や想いは多くを占めるためです。社内で働く社員全員が、楽しく仕事をしていくことが大事で、その上で会社を発展させていくことが重要であるとしています。

同社は、昨年50周年を迎えています。店舗も全国展開していて、3500台(2018年12月23現在)以上の販売在庫を持っています。FLEXさんの得意分野は、実はランドクルーザー・ハイエース・キャラバン・JEEPといったモデルです。今回、N-VANのカスタムを引き受けたのは、福田さんの想いと、FLEXさんの理念が合致したからでしょう!

企業情報
フレックス株式会社
資本金 95,000,000円
本店所在地 〒107-0061 東京都港区北青山二丁目5番8号青山OMスクエア6階
電話番号 03-3470-0111(代表)
創業1967年(昭和42年5月)
設立1982年(昭和57年7月)
売上高218.3億円(2016年度12月期)
従業員数475名

N-VAN「Honda訪問」篇

ベースモデルのホンダN-VANはどんなクルマ?

2018年7月に発売された、アクティバンやバモスバンの実質的後継モデルです。Nシリーズの第5弾モデルで、軽商用車の新しい姿を目指して開発されました。

プラットフォームを一新し、トールワゴンタイプとしたことで、フロアをフラット化し、積載量を大幅にアップしただけでなく、積み込み積み下ろしが楽に出来るようにも工夫されています。助手席ピラーを無くした構造は、積み下ろしだけでなく、商売によって色々なアイディアが生まれる設計です。

 (53304)

まとめ

今回のコラボ企画は、各社(者)の想いが詰まって完成しています。このモデルは、東京オートサロン2019のホンダブースで展示されます。会場では、それぞれの想いや技術が間近で見れるチャンスでもありますね。

ユーザー皆さんの欲しいを詰め込んだモデルが、これからどんどん製作されることに期待したいです!
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me