東京オートサロン2019 ダイハツの出展予定車両をご紹介

ダイハツから東京オートサロン2019の出展概要等が発表されました。限定数量販売の新型コペンクーペに、コンセプトモデルは、Verと題した数々の展示モデルを出展しそうです。ダイハツの出展モデルをご紹介していきます。

ダイハツ工業株式会社の東京オートサロン2019出展概要

ダイハツは、東京オートサロン2019にて、軽自動車・小型乗用車を個性あふれるコンセプトカーにリメイクさせて出展します。同時に1960代のレーシングカー「P-5」もレストアされて同ショーで展示予定です。 ダイハツブースのコンセプトワードは、「遊びゴコロをみんなのものに」です。ダイハツの軽自動車や小型乗用車に、それぞれの個性を活かしながら、独特な世界観となるようにカスタマイズされているでしょう。

ムーヴ キャンバス 初音ミク リミテッド パッケージビーチクルージン Ver画像

 (53120)

①ダイハツ コペンクーペについて

コペンクーペは、東京オートサロン2019出展モデルの中で、限定販売される唯一のモデルです。東京オートサロン2019にあわせて、200台限定で専用サイトで募集開始されます。 もともとコペンは、オープンカースタイルです。オープンであるというのが特徴でもあります。敢えてクーペにしたという世界観が面白い表現であり、またユーザーからは、クーペスタイルの要望も合ったのではないでしょうか? ダイハツは、東京オートサロン2016にクーペスタイルを展示させた際に、反響が大きかった事から開発を進めたと公表しています。 同車最大の特徴は、CFRP製のハードトップルーフを装着した本格クーペとなっていることです。Dフレームという骨格が採用されています。通常の一般車は、骨格と外販で強度を持たせていますが、このDフレームは、骨格だけで高い剛性を成立させているのがポイントです。 コペンクーペは、エレガント&エモーショナルをモチーフにデザインされています。エクステリアカラーは、ブリティッシュグリーンマイカ、パールホワイトⅢの2色です。内装デザインは、ベージュインテリアパック(ブリティッシュグリーンマイカ)、ブラックインテリアパック(パールホワイトⅢ)を採用しています。 販売価格
①ブリティッシュグリーンマイカ 7速CVT車 2,484,000円/5MT車2,505,600円
②パールホワイトⅢ 7速CVT車 2,505,600円/5MT車2,527,200円
となっています。
 (52967)

②ダイハツミラトコット スポルザVer&アクティヴVerについて

 (52968)

トコット スポルザは、往年の名車となっているダイハツ ミラTR-XXを髣髴させるようなデザインカラーとしたホットハッチデザインです。 一方アクティヴVerは、ルーフに少しオールディなキャリアを装備し、日々冒険に使えるような仕様に仕上げています。
 (52969)

③ダイハツ ハイゼットジャンボ&ハイゼットカスタマイズについて

・ハイゼットトラック ジャンボのカリフォルニア工務店Ver
ダイハツとカルフォルニア工務店が、コラボレーションしたことで出来たコンセプトカーです。キャビンの中が広いハイゼットトラックジャンボを採用して、遊びと仕事が両立できるように仕上げています。 カルフォルニア工務店とは?
サーフィンや車、バイク、釣り、アウトドア、ファッション、デザインなど顧客の趣味、文化を活かしたライフスタイルを構築し、建築業界の常識にとらわれない自由発想で、クライアントのイメージする「夢」を提案したいという想いを持った会社です。 同社の基本理念は、ユーザーのために豊かなライフスタイルを現実に造りあげ、どこにも真似できない理想の空間作り続けることですね。 企業情報
カリフォルニア工務店
〒152-0031 東京都目黒区中根1-24-1
TEL 03-6459-5071
FAX 03-6459-5072
営業日時 平日 11:00~17:00
定休日 土・日・祝日
一級建築士事務所 東京都知事登録55891号
特定建設業 都知事許可(特-28)142330号
宅地建物取引業 東京都知事(1)第99744号
 (52970)

・ハイゼットトラックのマルシェVer
軽トラックといえば、農家さんや漁業関係者など、主に第一次産業分野で活躍するモデルであります。この特定された仕様分野から視野を広げるために、このモデルが考案されています。街中で、可愛く・にぎあうワークスタイルというコンセプトカーです。
 (52971)

④ダイハツ P-5について

「P-5」は、1968年の第3回日本グランプリ・レースに出場して、GP1クラスで優勝したレーシングカーです。今年ダイハツの有志社員で、レストアが進められました。 ベテランから若手まで一丸となることで、ダイハツの小さいクルマづくりへのチャレンジングスピリットと技術継承も目的のひとつでした。このモデルも東京オートサロン2019で展示される予定です。
 (52972)

⑤ダイハツ 他の出展予定車両

①コペン セロ スポーツプレミアムVer
②ミラ トコット エレガントVer
③トール カスタム プレミアムVer
④ムーヴ キャンバス 初音ミク リミテッド パッケージビーチクルージンVer
⑤ブーン スタイル エレガントVer
が予定されています。

トール カスタム プレミアムVer画像

 (53124)

まとめ

ダイハツの東京オートサロン2019は、最新カスタムモデルから、レストアレースモデルまで幅広い年代の展示が行われ、ダイハツの遊び心やDNAを感じられるブースに仕上がるのではないでしょうか? コラボレーション企画や新提案を通して、遊び心をみんなのところに届けたいという想いが詰まっていますね。ダイハツブースの展示が楽しみです。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。