2018年5月23日 更新

フィアット、なつかしくて新しいスペシャルな「500C 60th」を発売

FCAジャパンは、「フィアット500C」をベースとした限定車「500C 60th」を、5月21日(土)より全国のフィアット正規ディーラーにて50台限定で販売開始しました。「ヌォーヴァ 500」の誕生60周年を記念し、内外装に数々の専用装備を採用した特別な1台となっています。

フィアット、なつかしくて新しいスペシャルな「500C 60th」を発売

なつかしさ、新しさ、そして洗練さ。どこから見ても特別な500C

「Fiat 500C 60th」を発売  | FCAジャパン株式会社 (31263)

「500C 60th」は、装備が充実したグレード「1.2 Lounge」をベースに、さらに限定車ならではの特別な2トーン・ボディカラー「ビコローレ」を採用し、車体の上下を異なる色で塗り分けたビコローレは、「ヌォーヴァ 500」が誕生した1957年以前からフィアットが採用していた伝統的なカラースキームです。限定車「500C 60th」ではアイボリーとアイスホワイトを組み合わせ、歴史あるビコローレをモダンなタッチで再現しています。

伝統と遊び心満載の内外装

「Fiat 500C 60th」を発売  | FCAジャパン株式会社 (31247)

「Fiat 500C 60th」を発売  | FCAジャパン株式会社 (31248)

さらに、エンジンフードのクロームラインやクローム仕上げのエクステリアミラーハウジング、2トーンの専用アルミホイールなどのエクステリアパーツや、往年の「FIAT」エンブレムをモチーフとしたFIATビンテージロゴ、「60」の文字をあしらったBピラーの60thロゴなど、伝統と遊び心が融合したチンクエチェントらしい表現が用いられ、落ち着いた大人の雰囲気となっています。
また、インテリアでは、アイボリーを基調に、鮮やかなボルドーが随所に散りばめられ、アイボリーのレザーシートにボルドーのパイピングがアクセントとして取り入れられているほか、大胆なボルドーのダッシュボード、ボルドー/ブラックのフロアマットなど限定車ならではのカラーリングによりビンテージとモダンが調和した仕立てが特徴となっています。

Forever YOUNG since1957

Fiat 500-60ᵗʰ - Discover every detail of this limited edition

「Fiat 500C 60th」を発売  | FCAジャパン株式会社 (31250)

歴代モデルから引用した特別なボディカラーや専用装備により、’50年代に「ヌォーヴァ 500」が移動の喜びを世間に広く伝えたように、「500C 60th」も乗る人や一緒にいる人を高揚させる、イタリアらしさに溢れた1台に仕上がっています。ところで、その「ヌォーヴァ 500」とはどんなモデルだったのでしょうか。

1957年に誕生した「ヌォーヴァ 500」は、当時はまだ高嶺の花的存在だった自動車を、人々の身近な存在にしたイタリアの国民車として親しまれました。その人気はヨーロッパ中に広まり、1975年に生産が終了するまでに367万台以上が出荷されています。

フィアット500C60th<車両概要>

「Fiat 500C 60th」を発売  | FCAジャパン株式会社 (31253)

・ボディカラー:ビコローレ,アイスホワイトTC+アイボリー
・インテリアカラー:アイボリー/ボルドー
・販売台数:限定50台
・メーカー希望小売価格:2,840,400円

特別装備

 (31261)

・ビコローレ、ビューティライン(サイド)
・クロームライン(エンジンフード)
・クローム仕上げエクステリアミラーハウジング
・FIATビンテージロゴ(フロント、リア、ステアリングホイール)
・60thロゴ(Bピラー)
・16インチアルミホイール
・専用シートパイピング/インストルメントパネル
・専用フロアマット/キックプレート
・TFTメータークラスター

主なスペック

「Fiat 500C 60th」を発売  | FCAジャパン株式会社 (31262)

・エンジン:直列4気筒SOHC
・排気量: 1,240cc
・燃費(JC08モード): 19.4km/L
・最高出力: 51kW(69ps)/5,500 rpm
・最大トルク: 102Nm(10.4kgm)/3,000 rpm
・トランスミッション: ATモード付5速シーケンシャル
・ハンドル位置: 右

まとめ

フィアット500は次々と限定車を投入して楽しませてくれますが、これまではファンシーな、どちらかというろ女性向きの華やかな仕様が多かったのですが、今回の「500C60th」はおもむきを変えて大人の雰囲気漂うシックなものになりました。500といえば、もともとはこんな感じだったということを思い出させてくれます。
スフトトップがよく似合う2トーンの色合いは、懐かしさだけではなく、最新のデザインとしても街中ではえるはずです。
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン