2019年9月6日 更新

日産が「アトラス ディーゼル」を発売!高い安全性能と燃費性能が魅力!

「アトラス ディーゼル」は、日産が先月29日に発売した小型トラックであり、1.5t積モデルになっています。高い安全性能と燃費性能が魅力ということで、このクルマの詳細を紹介していきます。

日産が「アトラス ディーゼル」を発売!高い安全性能と燃費性能が魅力!

「アトラス ディーゼル」の概要

日産自動車、「アトラス ディーゼル(1.55t)」を発表・発売 (65821)

「アトラス ディーゼル」は、日産が今年8月に発売した小型トラックです。いすゞと新たな小型トラックのOEM供給で合意し、協業事業契約を締結しました。この契約に基づき、いすゞから小型トラック「エルフ」の1.5t積クラスの供給をうけ、日産は、本商品を「アトラス ディーゼル(1.55t)」として、販売しています。
ラインナップとしては、トランスミッションは、AT限定免許に対応した先進のシーケンシャルマニュアルトランスミッション(2WD:6速AMT、 4WD:5速AMT)が設定されています。2速発進を採用することにより、発進時の荷崩れを発生しにくくしています。また、高い信頼性・耐久性を持った5MTも全車に用意されています。グレードは、ベーシックな「DX」と、上級仕様の「カスタム」が設定され、また、2WD/4WD、シングルキャブ/ダブルキャブなどの選択も可能とし、豊富なバリエーションが設定されています。

搭載エンジン

日産:アトラス ディーゼル [ATLAS DIESEL] トラック/マイクロバス | 走行性能 (65825)

「アトラス ディーゼル」の搭載エンジンは、新開発の「4JZ1-TCSエンジン(3.0Lエンジン<150PS>)」が採用されています。世界で最も厳しい排出ガス規制であるポスト・ポスト新長期規制への対応として、排出ガス後処理装置は、「DPF+尿素SCR」が採用されています。また、クラストップレベルの動力性能を実現し、燃費性能と規制対応の両立をがされています。燃費性能の数値は、重量車モード燃費値で11.80km/Lになっています。

先進安全装備

「アトラス ディーゼル」には、小型トラックの安全運行を高いレベルでサポートする、多彩な先進安全装備をフルスーパーロー全車に標準設定されています。

「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」

日産:アトラス ディーゼル [ATLAS DIESEL] トラック/マイクロバス | 先進技術 (65830)

「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」は、走行中ステレオカメラが、前方の車両や障害物だけでなく、静止した歩行者や自転車も検知し、衝突被害を「軽減」、または追突の「回避支援」をします。

「踏み間違い衝突防止アシスト」

日産:アトラス ディーゼル [ATLAS DIESEL] トラック/マイクロバス | 先進技術 (65832)

発進時、ステレオカメラが、直前の車両/障害物等を検知し、必要以上にアクセルを踏み込んだ場合に、一時的にエンジンの出力をカットし、急激な加速を抑制します。これにより、発進時のアクセル/ブレーキ踏み間違え事故防止を支援をします。

「VDC(ビークルダイナミクスコントロール)」

ドライバーの操作状況や車両挙動をセンサーで検知、横滑りや横転につながる不安定な車両姿勢と判断される場合に警報を発すると同時に、エンジン及びブレーキの制御を行なうことで事故防止に貢献します。

「LDW(車線逸脱警報)」

走行中ステレオカメラで車線を認識し、車両が車線から逸脱したとシステムが判断した場合、警報音とマルチインフォメーションディスプレイで警告します(ウインカー作動時は警報はなりません)。これにより、警報音と警告で接触事故を予防してくれます。

「先行車発進お知らせ」

日産:アトラス ディーゼル [ATLAS DIESEL] トラック/マイクロバス | 先進技術 (65839)

渋滞や信号待ち等、先行車に追従して停車した状況で、先行車が一定以上離れても自車の発進操作が行われなかった場合、警報音とマルチインフォメーションディスプレイの表示で、先行車の発進をお知らせし、ドライバーに発進を促します。停車後、再発進時の出遅れを注意喚起してくれて、この機能はこのクラス初の搭載となります。

「車間距離警報」

走行中ステレオカメラが常に車両前方を検知・分析。任意(4段階)に設定した車間距離内に先行車が入ると、警報音が鳴り、設定車間距離内に入っている間中警告表示が続き、ドライバーに注意を喚起します。これにより、追突事故の防止をサポートしてくれます。

「アトラス ディーゼル」の価格

「アトラス ディーゼル」の価格は、
2WDのシングルキャプで、3,679,560円(DX・5MT)~4,498,200円(カスタム・5MT)
2WDのダブルキャプで、3,786,480円(DX・5MT)~4,015,440円(DX・6AMT)
4WDのシングルキャプで、4,325,400円(DX・5MT)~4,879,440円(カスタム・5AMT)
4WDのダブルキャプで、4,432,320円(DX・5MT)~4,580,280円(DX・5AMT)
になっています。

まとめ

今回は日産が先月29日に発売した小型トラックの「アトラス ディーゼル」の詳細を紹介してきました。
トラックは仕事で使うクルマですが、このタイプのクルマにもしっかりと先進安全装備が充実しているので、仕事中も安心して配送業務をこなすことができますね。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi