2018年9月21日 更新

100万円で買える!コスパ抜群の中古車選び!トヨタベルタ

クルマが欲しいけど、新車はちょっと予算が…という方へ。手頃な中古車はいかがでしょう? ひとつふたつ前のモデルだと、現在でも通用する実力を持ちながらも、値段は実にお手頃。100万円の予算があれば、まだまだ使えるクルマが買えます。 車種によっては、100万円以下でも程度のいいものが狙えます。 筆者が実際に乗り比べ、感じた事を率直にレビューします。皆様のクルマ選びの一助となれば幸いです。

100万円で買える!コスパ抜群の中古車選び!トヨタベルタ

どんなクルマ?

ベルタ(トヨタ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (43699)

トヨタベルタは、2005年11月に発売されました。

初代ヴィッツをベースにしたセダン「プラッツ」の後継車として開発され、ベルタも2代目ヴィッツをベースにしています。

しかしドアまでヴィッツと共用だったプラッツとは違い、ホイールベースの延長やボディ形状、車内設計等においてセダンとしての独自性が高められたクルマです。

エンジンは1.0L3気筒と1.3L4気筒エンジンが用意され、トランスミッションはFF車がCVT、4WD車が4ATとなっていました。

世界戦略車として開発されたため、北米・南米・オセアニアでは「ヤリスセダン」、日本以外のアジアでは「ヴィオス」の名前で発売されていました。

トヨタベルタのここがイイ!!

ベルタ(トヨタ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (43700)

ヴィッツ譲りの小回り

ベースのヴィッツに比べ、ホイールベースが約10cm延長されていますが、それでも最小回転半径は4.9mとなっています。

全幅は1690mmでヴィッツとほぼ同サイズなため、細い道や変則的な交差点などでも小回りバッチリで、戸惑うことはありません。

現在でも通用する燃費の良さ

発売当初のモデルでも、1.0Lエンジン搭載車は22.0km/l、1.3LエンジンFF車は19.6km/l、4WD車は16.0km/lと、今でも十分通用する燃費の良さを誇っています。

ちなみに筆者は1.3LのFF車で21.3km/lの燃費を記録したことがあります。

CVTのおかげで、60km/hまではタコメーターが1,000rpmに貼り付いています。高速道路よりも、国道をのんびり走り続ける方が良い燃費が出るようです。

トランクの広さ

ベルタはヴィッツベースのコンパクトセダンですが、トランクが異常に広大です。なんと、ゴルフバッグを4つも収納してしまいます!

4WD車は少し荷室容量が狭くなりますが、それでもコンパクトカーとは思えない積載性です。

さらに驚くべきことに、リアシートを畳んでトランクスルー状態にすると、タイヤを8本も積むことが出来ます。小さいクルマなのに、フル乗車のミニバンよりも荷物を積めるなんて驚きですね。

トヨタベルタのここはそうでもない…

ベルタ(トヨタ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (43701)

ロードノイズとエンジン音

防音にはあまりコストが掛けられていないようで、走行中はノイズが耳に付きます。

ゼロ発進の際はエンジン音とCVTのヒューという音、定速走行時はタイヤ由来のロードノイズが車内に響きます。

特に舗装の荒い路面を走っているとロードノイズがひどく、ステレオの音量を2つ3つ上げなければならないくらいです。

ヴィッツ譲りの収納が無い

ラゲッジルームの広大さは上記のとおりですが、ちょっとした収納が省略されてしまっています。

インパネやステアリングは2代目ヴィッツの面影を残していますが、便利だったダッシュボード上部の収納が無くなっています。

財布やスマートフォン等の小物を収納しておくのに便利だったのに、残念なポイントです。

1.0L3気筒エンジンの振動

1.0Lモデルは、パッソやヴィッツの1.0Lモデルと同じく「1KR-FE」というダイハツが開発・生産したエンジンが搭載されています。

これは排気量の割に低速トルクがあり、加速のパンチもあるいいエンジンなのですが、エンジンマウントの経年劣化と共に振動がひどくなってきます。

走行距離が10万kmを超えると、信号待ちの際ハンドルに掛けた手がしびれるんじゃないかと思う程振動がひどくなる個体もあります。

中古で購入する際は、1.3Lエンジン搭載モデルを選ぶことを強く強くオススメします。

まとめ

ベルタ(トヨタ)のモデル・グレード別カタログ情報|中古車の情報なら【グーネット】 (43702)

トヨタベルタは、ヴィッツとカローラのいいとこ取りをしたような使い勝手のいい小型セダンです。

セダンの需要が高いアジアやアメリカでは手堅く売れたようですが、日本ではそこまで売れませんでした。正直な所、営業車か、お年寄りのクルマかといった認識の人がほとんどだと思います。

しかしそのおかげか、中古市場はずいぶんとお手頃になっています。最終モデルの走行2万km以下のモデルでも、80万円程度で買えてしまいます。

オススメはやはり、1.3Lエンジン搭載の「G」グレードです。最上級グレードになるため、スマートキーやオートエアコンが付き、スピーカーも4つ付いています(これ以外のグレードは前ドアの2スピーカーのみ)。

中古車を探す際は、低走行車であればほぼ間違いなくお年寄りが前オーナーなので、擦り傷や下回りの修復歴等を確認しましょう。

塗色がソリッドホワイトやシルバーの多走行車は前が法人オーナーだった可能性が強く、荒い使われ方をされている個体が多いため避けた方が無難です。

実はベルタは筆者の愛車です。初期型のGグレードの走行距離2.3万kmのFF車が、車検付きで40万円でした。そのままだとどう見てもおじいちゃんのお下がりに見えてしまうため、北米仕様のパーツや小物を装着し、ダウンサスを入れてUSDM仕様を気取って乗っています。

不人気車は、裏を返せば他人と被らないクルマです。
ミニバンもいいですが、文字通りコスパに優れたミニマムセダンのトヨタベルタに乗ってみてはいかがでしょう?
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲