トヨタ「ヴィッツ」の特徴や走行性能は!?

ヴィッツは、トヨタ自動車が販売をするハッチバック型の乗用車です。 現代において、ヴィッツのようなコンパクトカーは必要不可欠な存在で、その扱いやすさは大勢の方から絶大な人気と支持を得ています。 今回はそのヴィッツの特徴や走行性能についてご紹介していきます。

ヴィッツの特徴や歴史

ヴィッツ 初代モデル(1999年〜2008年)

ヴィッツ 初代モデル(1999年〜2008年)

トヨタのヴィッツはスターレットという車の後継車にあたり、北米ではサブコンパクトカーに分類されています。
また、ヴィッツは初代から欧州で生産及び販売されており、今は日産のキャッシュカイに次いで欧州で売れている日本車となっていることが分かります。
2017年時点での世界販売台数は52万台で、トヨタ車の中ではカムリやプリウスを凌いで5番目に売れるトヨタの世界戦略車となっています。
最近ではよく見かけるコンパクトカーですが、そのハッチバック型のコンパクトブームを巻き起きしたのはこのヴィッツであり、歴史に残る貴重なコンパクトカーの一台であることが分かります。 また、ヴィッツは価格の安さに重きが置かれていたことが分かります。
しかし、ヴィッツの革新的なデザインや室内空間の広さ、衝突安全性能、環境性能の高さで従来のセダンの購入層を魅了し、国内外で爆発的なヒットを記録しています。
そして、5ドアコンパクトカーブームを引き起こし、他社もフィットやマーチと言った対抗車種を投入することになり、世界のコンパクトカー市場に大きな影響を与えたのです。
そして、日本だけでなく世界において、「世界の小型車を変えた存在」として現在でも評価や人気が高いです。

ヴィッツの走行性能やホットハッチのグレード

トヨタ ヴィッツ | 外観 | トヨタ自動車WEBサイト (53221)

ヴィッツは今や低燃費コンパクトカーの代表的な車です。
実際に、日産のマーチやホンダのフィットなど、ヴィッツの外観に似ていることからその影響を受けていることが分かります。
トヨタ ヴィッツ | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (53223)

現行モデル途中からラインナップされたヴィッツハイブリッドは、1.5L小型ハイブリッドシステムを搭載していて、モーターとエンジンの長所を最大限に活かしながら低燃費走行を実現しています。
そして、HYBRID BATTERYが2列シートの下に置かれていることが特徴です。
トヨタがハイブリッド車で培ってきたアトキンソンサイクルやクールドEGR1に加え、VVT-iE2を採用しています。
燃費と走りを両立したエンジンを搭載し、アイドリングストップ機能との融合により更なる低燃費を実現しています。
このアトキンソンサイクルとは、トヨタのハイブリッド車に採用されているエンジン技術をガソリン車に搭載することを意味しています。
よって、ガソリン車でも高圧縮比化により優れた熱効率を実現します。
ハイブリッドモデルでは34.4km/Lを出していますが、ガソリンモデルでも25.0km/Lという優秀な数値を出していることからエンジンの性能の高さが伺えます。
また、ヴィッツにはアイドリングストップ機能も搭載されており、坂道での力強い走行時や加速時には、エンジンとバッテリーの2つの力を利用します。
そして減速時にはモーターを充電し、ムダなガソリンの消費を抑えることに繋げます。
トヨタ ヴィッツ | 走行性能 | 走行性能 | トヨタ自動車WEBサイト (53227)

更に、走りを選べる2つのスイッチによって、エコドライブモードとEVドライブモードを選択できます。
早朝や深夜には、エネルギー消費を抑えつつ静かな走りをすることができるEVドライブモードに切り替えることをオススメします。

そして、ヴィッツには街乗りだけを走る低燃費のモデルだけでなく、サーキットを走りたくなるようなスポーツタイプのグレードも存在します。
そのグレードは、「GR SPORT」や「GR SPORT “GR”」になります。
更に、ハイブリッドモデルの「GR SPORT」では34.4km/Lという高数値を出していることが分かります。
しかし、最高出力はハイブリッドモデルで54kWを出し、ガソリンモデルでは80kWを出しています。
ハイブリッド車に標準装備

ハイブリッド車に標準装備

加速力の面ではハイブリッドモデルはガソリンモデルに劣ってしまうことが分かります。
それでも、ベースグレードやその他のグレードに比べてみれば、スポーティーでアクティブな走行をハイブリッドモデル「GR SPORT」では実感できるのです。

まとめ

ヴィッツはホットハッチの需要が高く、コンパクトカーのレーシングブームも巻き起こした存在でもあると言えます。
また、欧州向けモデルのディーゼルターボ用ユニットと中近東向けモデルの大容量ラジエーターを流用し、「RS」に装着したモデルの「ヴィッツRSターボ Powered by TRD」も作っています。
ヴィッツ限定のワンメイクレース「ネッツカップヴィッツレース」やワンメイクラリー「TRDヴィッツチャレンジ」が開催されるなど、モータスポーツの門戸を広げる存在となっていたのです。
また、ヴィッツのグレードにはSportyパッケージがあります。
低燃費走行を実現するハイブリッドモデルに乗りながらも、スポーティーなインテリアや室内空間によって、まるでレースをしているような楽しい気持ちを味わうことができます。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。