2018年6月5日 更新

ジープに特別な仕様の2つの限定車が登場!まとめてご紹介!

FCAジャパンは、「ジープ・グランドチェロキー」と「ジープ・レネゲード」に限定車を設定し、6月9日(土)より販売し、限定車の発売にあわせ、グランドチェロキーとレネゲート全モデルに仕様変更を実施しました。それではまとめてご紹介しましょう。

ジープに特別な仕様の2つの限定車が登場!まとめてご紹介!
「Jeep<sub>®</sub> Grand Cherokee Sterling Edition」を発売<br>あわせてGrand Cherokeeシリーズを仕様変更  | FCAジャパン株式会社 (32434)

グランドチェロキー・スターリングは銀婚式をモチーフ?

グランドチェロキー・スターリング

グランドチェロキー・スターリング

「Jeep<sub>®</sub> Grand Cherokee Sterling Edition」を発売<br>あわせてGrand Cherokeeシリーズを仕様変更  | FCAジャパン株式会社 (32431)

グランドチェロキー発売25周年を迎えた限定車の「グランドチェロキー・スターリング」は、結婚25周年記念である銀婚式をモチーフに、シルバーのアクセントを随所に取り入れています。
ベースグレードは「リミテッド」で、エクステリアにはシルバーアクセント付のフロントバンパーやフォグランプベゼル、グロスブラックグリルなどを採用。

さらにシルバールーフレールや25周年記念バッジ、特製のシルバーエクステリアバッジなど、細部のデザインやカラーリングにもこだわっています。

また、通常はオプションのデュアルペインパノラミックサンルーフや、ジープのヘリテージにインスピレーションを得た専用デザインの20インチアルミホイール、初代モデルのデザインを復刻したレザーシートを特別装備。

さらにレザーインストルメントパネルやイリジウムシルバーのインテリアアクセントを追加し、豪華な仕立てとなっています。

「ジープ・グランドチェロキー・スターリングエディションメ」のーカー希望小売価格(税込)は6,200,000円で、販売台数はダイアモンドブラッククリスタルが110台、限定車専用色のサングリアメタリックが15台の計125台となっています。

グランドチェロキーの仕様変更

 (32432)

グランドチェロキー全車の仕様変更では、従来のLEDクリアランスランプを、より光度の高いLEDデイタイム・ランニング・ライトへと変更し、被視認性を高めるとともに印象的なフロントフェイスを実現しています。

また、Uconnect®システムが最新世代のものへ進化し、新たにApple CarPlayとAndroid Autoに対応したほか、オフロードページやパフォーマンスページといったコンテンツも追加されています。さらにUSBポートが増設され、スマートフォンの接続や充電をより快適に行えるようになっています。

このほかインテリアアクセントを変更したほか、シートのデザインも変更。また、アクティブノイズコントロールシステムを追加しています。

グランドチェロキーメーカー希望小売価格(税込)

・ラレード:4,990,000円
・リミテッド:6,100,000円
・サミット:6,750,000円
・SRT8:8,100,000円

レネゲート・ナイトイーグルは第二弾

レネゲート・ナイトイーグル

レネゲート・ナイトイーグル

「Jeep<sub>®</sub> Renegade Night Eagle」を発売<br />あわせてRenegade全車の装備を向上  | FCAジャパン株式会社 (32430)

今回で第二弾となる「ジープ・レネゲード・ナイトイーグル」は、「ロンジチュード」をベースに、黒を基調としたエクステリアパーツや上級グレード「リミテッド」に匹敵する先進安全装備を搭載。ボディカラーは、従来のカーボンブラックメタリックに加え、レネゲード初設定となるグラナイトクリスタルメタリックが選択可能となっています。

また、エクステリアでは、ブラックグリルやグロスブラックのフロントフォグランプベゼルとリアバンパーディフレクター、18インチのグロスブラックアルミホイールなどを採用し、精悍さを高めています。また、運転席2ウェイパワーランバーサポートやリバーシブル式の高さ調整機能付カーゴフロアなどの機能装備も充実させています。

さらに、安全機能については、車線逸脱警報プラスや自動ブレーキ付前面衝突警報、オートヘッドライト、雨量感知機能ワイパーを特別装備しています。

販売台数は、カーボンブラックメタリックが100台、グラナイトクリスタルメタリックが100台の計200台。メーカー希望小売価格は3,153,000円となっています。

レネゲード全車の仕様を向上

Photo Gallery  | FCAジャパン株式会社 (32433)

レネゲード全車の仕様を向上。新たに最新のUconnect®システムを搭載し。ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクションおよびリアバックアップカメラの採用モデルを全車に拡大したほか、USBポートの追加、センターコンソールのデザイン変更を実施。また、ボディ設定色を拡大したほか、シートデザインが新しくなっています。

ジープ・レネゲードメーカー希望小売価格

ロンジチュード :2,990,000円
リミテッド:3,370,000円
トレイルホーク:3,650,000円

まとめ

ジープブランドの「グランドチェロキー」と「ラレード」は、日本でも大人気のSUVモデルです。

そして、FCAジャパンはこれまでにもこの両者には次々と限定車を投入しています。
どれも魅力的なモデルですが、台数をかなり絞っているので、すぐにソールドアウトとなってしまうのが残念。

今回は「グランドチェロキー・スターリングエディションメ」の限定カラー「サングリアメタリック」がたった15台ということなので、気になる方は、まずはショールームに直行したほうが良いでしょう。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン