2018年10月16日 更新

メルセデスの新型電気SUV「EQB」がついに始動。7人乗りで航続500kmに到達!

メルセデス「EQB」の最新情報をお届けします。

メルセデスの新型電気SUV「EQB」がついに始動。7人乗りで航続500kmに到達!

最新情報!

メルセデスベンツのEVブランド、「EQ」シリーズに新たに加わる『EQB』開発車両を、カメラで初めて捉えることができました。
フロント

フロント

カメラで捉えたプロトタイプは、新型Bクラスのテストミュールです。

しかしエキゾーストパイプが見当たらず、EVモデルの試作車と思われます。

メルセデスベンツは、既にEQシリーズ第1弾となる『EQC』市販型を発表していて、日本への導入も示唆しています。

2017年9月には、第2弾となる『EQA』コンセプトモデルを公開しました。「EQB」は、同ブランド第3弾となります。ただし、発売は『EQA』よりも、「EQB」が先行する可能性もあると噂されています。
サイド

サイド

リア

リア

「EQB」は、メルセデスベンツの「MRA」をべーストした「EVA II」プラットフォームを採用していて、新型コンパクトクロスオーバーSUV『GLB』のエレクトリックバージョンと伝えられています。

「GLB」は、コンパクトながらに3列7人乗りレイアウトも設定されていて、この「EQB」も「GLB」同様に7人乗りが予想されています。

バッテリーは、60kWhから最大110kWhを搭載していて、650kgのパッケージは、フロントアクスルとリアアスクルの間に取り付けられ、走行状況に応じて、トルク配分を行います。

最大航続力は、450kmから500kmを目指すと言われています。

キャビンには、デュアル・ワイドディスプレイのデジタルコックピットを採用していて、ECQ専用「MBUX」を搭載します。

充電状況はもちろんですが、各種情報を表示すると共に、ナビ、運転モードや出発時間も設定が可能です。

今後情報

メルセデスは、既に、

・「EQB 200」
・「EQB250」
・「EQB260」
・「EQB 300」
・「EQB 320」
・「EQB350」
・「EQB360」

の車名を登録していて、注目の価格は、「GLC」の95,000ユーロ(約1,250万円)より、かなりお得となる50,000ユーロ(約650万円)が予想されています。

公で披露されるワールドプレミアの場は、2020年以降となる予定とのことです。
9 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

chibica編集部 chibica編集部