2018年11月30日 更新

アルファロメオ「4C」から2種類の特別限定車が登場。11/21から予約開始

元々は、レーシングモデルとなるTipo33ディテールをモチーフに、ピュアレーシングモデルとして登場したアルファロメオ「4C」。このモデルに108周年記念モデルとして、特別限定モデルとなる4Cコンペティツィオーネと4Cスパイダー イタリアが登場しました。両モデルの詳細を解説。

アルファロメオ「4C」から2種類の特別限定車が登場。11/21から予約開始

アルファロメオ「4C」限定モデルの概要等

FCAジャパンは、2018年11月21日付けでアルファロメオの2シータースポーツ「4C」・「4C スパイダー」にて、専用ボディカラーなど豊富な装備を施した限定車「4C コンペティツィオーネ」と「4C スパイダー イタリア」の販売予約を開始しました。

このモデルの販売価格は、11,100,000円(税込み)とし、コンペティツィオーネは25台、スパイダー イタリアは15台の特別装備限定モデルになっています。
 (51225)

アルファロメオ「4C」コンペティツィオーネのエクステリア等

 (51216)

アルファロメオ「4C」開発の起源は、1967年に市販されたTipo33/2Stradaleモデルまで遡ります。同車は、18台の限定生産でしたが、世界中で当時1番美しい車として評価されていました。また、レース界にて必要な軽量化も当時の技術を駆使して採用され、デザイン、シャーシ、そしてパワートレイン等歴史に残るモデルでした。

「4C」は、この歴史的なモデルであるTipo33/2Stradaleからインスピレーションを受けて、ディテールや性能、そして軽量化を図って開発されています。フロント部分では、Tipo33/2Stradaleとシンクロしているかのような丸味を帯びたデザインに、ヘッドライト形状になっていますね。

限定モデルとなるコンペティツィオーネでは、
・専用フロント・リアバンパー
・コンペティツィオーネ専用ステッカー(エンジンフード/ルーフ)
・カーボン製ルーフパネル
・カーボン製リアスポイラー
・カーボン製サイドエアインテーク
・カーボン製ドアミラーカバー
を特別装備。カーボン素材をふんだんに使用することで、更に軽量化され、そして強度も保たれる仕様になっています。ボディパネル部分は、アルミよりも高強度で、一般的な銅板材に比べ軽量なSMC(ガラス繊維強化樹脂)を導入。この素材に、コンペティツィオーネ専用エクステリアカラーを落とし込んでいます。
 (51217)

「4C」通常モデルでは、バンパー両端に左右出しのマフラーが装着されています。限定モデルコンペティツィオーネでは、専用リアバンパーを装備し、さらにセンター2本出しマフラーとなりスポーティさを演出。さらにエキゾーストが、アクラポビッチ製チタニウム(デュアルモード)システムにアップデートされています。
 (51219)

ホイールは、フロント18インチ・リア19インチの5ホール仕様(ガンメタリックカラー)を装着。タイヤサイズは、フロント205/40R18に、リア235/35R19。ホイールの中に見えるキャリパーは、レッド塗装仕上げのブレンボ4ポッドを採用しています。
 (51218)

アルファロメオ「4C」 スパイダー イタリアのエクステリア等

 (51220)

イタリアの空と海を表現した専用カラーであるミザーノブルーメタリックが、目を引く存在の「4C」スパイダー。エレガントさをフォルムとカラーのダブルで表現しています。

ピアノブラックのアクセントパーツやイタリア専用デカールが、このモデルが特別限定モデルであることをさりげなくアピール。
 (51221)

ホイールは、フロント18インチ・リア19インチの5ホール仕様(シルバーカラー)を装着。タイヤサイズは、フロント205/40R18に、リア235/35R19。キャリパーは、イエロー塗装仕上げのブレンボ4ポッドを採用することでブルーエクステリアとのコントラストを表現。
 (51223)

アルファロメオ「4C」 両モデルの内装等

内装では、両特別モデルともスポーツレザーステアリング(コンペティツィオーネは、レッドステッチ・スパイダーは、イエローステッチ)を装備し、インストルメントパネルでは、それぞれ専用ロゴ入りのインサートアルミプレートで装飾されています。

オーディオスピーカーは、アルパイン製プレミアムサウンドシステム(2ツイーター、2ウーファー、サブウーファー、8チャンネルDSPアンプ)を特別装備し、存在感の有る総出力276Wを発生。
 (51222)

アルファロメオ「4C」 両モデルのパワートレイン等

 (51231)

軽量オールアルミ製エンジンは、1750cc直噴ターボエンジンとし、最高出力240psを発生。このパワートレインをミッドシップにレイアウトしています。ミッドシップにすることで車両重量を50対50に限りなく近づけ、抜群なハンドリング特性に味付け。

フレームは、パッセンジャーズエリアをカーボンとすることで、軽量且つ高強度の仕様に仕上がっています。それ以外のフレーム素材もアルミを使用することで、さらに軽量化になるように設計。

軽量化を図ってもルーフエリアでは、高張力鋼製ロールバーを装備することで横転などの場合でもパッセンジャーエリア上部を守れるように仕上げています。
 (51241)

まとめ

2014年から発売開始した「4C」(スパイダーは、翌年販売開始)。昨年2017年には、アルファロメを誕生107年を記念した限定モデルを販売しました。

2018年は、アルファロメオ108周年記念として、世界108台限定で販売開始。この特別限定モデルが、日本でも11/21より販売予約をスタート。コンペティツィオーネは25台、スパイダー イタリアは15台となっています。お気になった方は、お見逃し無く!
26 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me