2019年12月2日 更新

アバルト 695 セッタンタ アニヴェルサーリオが販売開始に!

アバルトが、70周年を記念した特別限定モデルを販売開始しました。1949台の世界販売数量のうち、100台が日本に割り当てられました。同モデルのエクステリアや内装、そしてパワートレイン等をご紹介します。

アバルト 695 セッタンタ アニヴェルサーリオが販売開始に!

アバルト 695 セッタンタ アニヴェルサーリオの概要等

FCAジャパンは、アバルトブランドの70周年を記念する限定モデルとなる「695 70° Anniversario(セッタンタ・アニヴェルサーリオ)」を設定して、2019年11月15日PMより100台限定にて販売開始しました。価格は、MT車が4,170,000円、MTA車は、4,340,000円(いずれも消費税込み)です。

今回の限定モデルである695 70° Anniversarioが起用したグリーンのボディカラー「Verde Monza 1958」は、アバルトが手がけた初期モデルである「フィアット500 エラボラツィオーネ アバルト レコルド」に由来しています。

同モデルは、1958年にモンツァサーキットで行った速度記録にて、6つの世界記録を樹立しました。アバルトの名を世界に発信したモデルとなりました。
 (69528)

アバルト 695 セッタンタ アニヴェルサーリオの特徴や限定数等

アバルトは、70年分の歓びと感謝をこの一台に込めて企画しました。アバルト70周年を祝して世界限定1949台で登場した「ABARTH 695 70° ANNIVERSARIO」が、100台限定で遂に日本上陸しました。モンツァ・サーキットで世界記録を叩き出した伝説のモデルをオマージュして、走りの美学を詰め込んだ特別な1台に仕上げています。

同モデルは、どこまでも大胆に、スポーティな存在になるように仕上げています。ボディのいたるところに採用されたグレーのカラーリングは、アバルトを象徴する「Grigio Campovolo」カラー仕様です。「ABARTH 695 70° ANNIVERSARIO」のシルエットを、よりアグレッシブな印象にアップデートしますね。

ABARTH 695 70° ANNIVERSARIO
アバルト 695 セッタンタ アニ ヴェルサーリオ
ボディカラーは、Verde Monza 1958 グリーンでシートカラーは、ブラックです。納車は、2020年3月以降となる予定です。

①5速マニュアルトランスミッション/右ハンドル 30台 全国メーカー希望小売価格 4,170,000 円
②5速マニュアルトランスミッション/左ハンドル 20台  全国メーカー希望小売価格 4,170,000 円
③ATモード付 5速シーケンシャルトランスミッション/右ハンドル 50台 全国メーカー希望小売価格 4,340,000 円
 (69529)

アバルト 695 セッタンタ アニヴェルサーリオの特別装備等

自分好みに調節可能なリアスポイラーが特別装備されています。カルロ・アバルトが、1960年代に生み出した「AD ASSETTO VARIABILE」からインスパイアされたリアスポイラーです。ドライビングスタイルに応じて、最大60度で、12段階の角度調整が可能となっています。グリップの向上や空力特性の最適化に貢献するアイテムとなっていますね。
 (69530)

内装では、レーシングスピリットを受け継いで、スパルタンなシート等が装備されています。同モデル専用のSabelt社製のトリコローレシートは、上質な革とサイドサポートによって極上の快適性が与えられています。スポーツドライビングに集中するために、上級のシートが搭載されています。
 (69531)

アバルト 695 セッタンタ アニヴェルサーリオのパワートレイン等

最高出力180hpのパワーを堪能してもらいたいというのがアバルトの第一目的です。卓越したパワーを解き放つことで、0-100km/h加速は6.7秒、パワーウェイトレシオは5.9kg/hpをたたき出します。ギャレット製ターボチャージャーとハイパワーエキゾーストシステム(レコードモンツァ製)を備えた最高出力180hpの1400ccターボエンジンとなっていますね。

ギャレット社製ターボチャージャーは、未知の領域へユーザーを誘います。レスポンス向上は、パフォーマンスの向上と同義とアバルトでは考えています。KONI製ショックアブソーバーは、路面を制する走りの快感を与えてくれる装備です。アバルトは、安全性も歓びも第一に考え、KONI製のショックアブソーバー(前後)とFSD(Frequency Selective Damping)テクノロジーの採用で、常に最大限のグリップ、操舵性、走行安定性を確保しています。

RECORD MONZA(レコードモンツァ)製のエキゾーストシステムを搭載したことで、アグレッシブなドライブに、最高のサウンドトラックがユーザーに響いてきます。アクティブバルブを備えたハイパフォーマンス・エキゾーストシステムであるレコードモンツァは、どこまでも刺激的なサウンドを奏でてくれるシステムです。
 (69532)

まとめ

下記の画像が、アバルトが初期のモデルとして手がけたグリーンボディカラーが特徴のフィアット500 アバルトです。70周年記念モデルとして、695 70° Anniversario(セッタンタ・アニヴェルサーリオ)は、初期モデルをエクステリアでオマージュし、パワートレインや内装では、走りのスピリットが掻き立てられる仕様に仕上げていますね。
 (69554)

17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me