SUBARUがフォレスターの一部改良モデルを発表!その詳細を紹介します!

フォレスターは、SUBARUの車種の中でも人気が高いSUV車ですが、今回はこのフォレスターの一部改良モデルが発表されてということで、その詳細を紹介していきます。

フォレスターの概要

エクステリア : デザイン | フォレスター | SUBARU (62088)

フォレスターは、SUBARUが1997年から製造・販売するクロスオーバーSUVです。現行モデルは5代目のモデルであり、2018年から販売されています。
現行モデルでは、「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用することで、クラストップレベルの衝突安全性能・危険回避性能や、ドライバーの意志に忠実なハンドリング・快適な乗り心地を実現しています。さらにSUBARU初となる乗員認識技術「ドライバーモニタリングシステム」や水平対向エンジンと電動技術を組み合わせた「e-BOXER」など新たな価値を加えることで、より快適なドライブを楽しめる仕様に進化しています。
今回は、SUBARUがこのフォレスターの一部改良モデルを発表し、7月18日に発売するとのことで、その詳細を紹介していきます。

フォレスターの一部改良点

新色「マグネタイトグレー・メタリック」を採用

マグネタイトグレー・メタリック色

マグネタイトグレー・メタリック色

フォレスターの新色として「マグネタイトグレー・メタリック」を採用しています。緻密で滑らかな輝きと、落ち着きのある色合いが特長で、フォレスターの魅力をさらに向上させています。これで選択できるカラーは全9色となり、ボディーカラーの選択肢がさらに豊富になりました。

リヤシートリマインダー

リヤドアの開閉によって乗員や荷物を積載したとシステムが判断し、走行後イグニッションがOFFになるとブザー音とともにマルチインフォメーションディスプレイにお知らせを表示します。荷物のほか、乳幼児の車内置き去り防止に役立ちます。

「Advance」グレードの一番の魅力である「e-BOXER」

フォレスター Advance

フォレスター Advance

フォレスターの中で最も人気なグレードは「Advance」グレードであり、全体の約半数を占めています。その人気の理由として「e-BOXER」という水平対向エンジンと電動技術を組み合わせたパワーユニットにあります。
効率を高めた2.0L 直噴エンジンを筆頭に、コンパクトで高性能なモーターとバッテリーをシンメトリカルAWDレイアウトに統合し、優れた重量バランスと低重心を実現しています。各部の最適化と燃費の向上を追求したリニアトロニックとあわせて、アクセルをひと踏みした瞬間からスムーズに加速する軽快な走りを提供し、さらに加速やブレーキの質感にもこだわり、発進と停止をくり返す市街地などでの扱いやすさも磨き上げています。
さらに「e-BOXER」には、機能に応じてモーターアシストを活用する専用制御を備えており、「SI-DRIVE」のスポーツモード選択時は、中速域において踏み込んだ瞬間から力強い加速を発揮し、軽快感のあるスポーティな走りを提供してくれます。「アイサイト」の全車速追従機能付クルーズコントロール作動時には、ステアリングのスイッチで「ECOクルーズコントロール」をONにすると、モーターアシストと回生ブレーキを最大限活用し、より燃費に配慮した追従制御を行います。さらに「X-MODE」作動時は、モーターのトルクやレスポンスの良さを活かして脱出性を向上させ、走破性と安心感をさらに高めます。

フォレスターの価格

フォレスターの価格は、
「Touring」グレードが、2,808,000円~
「X-BREAK」グレードが、2,916,000円~
「Premium」グレードが、3,024,000円~
「Advance」グレードが、3,099,600円~
になっています。(※消費税込(8%))

まとめ

今回はSUBARUのフォレスターの一部改良モデルの紹介をしてきました。
新色追加と機能性の向上により、さらにクルマを選ぶ楽しさと先進性を高めたフォレスターは、「e-BOXER」搭載の「Advance」グレードを筆頭に、さらに人気の出るクルマになること間違いありません。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせをすることをオススメします。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。