2019年9月13日 更新

BMWが新型「BMW 1シリーズ」発表!シリーズ初のFF化を採用!

「BMW 1シリーズ」がフルモデルチェンジを行い、先月の29日に発売されました。今回はシリーズ初のFF化を採用するなど、従来のモデルとは異なる仕様になっているということで、詳細を紹介していきます。

BMWが新型「BMW 1シリーズ」発表!シリーズ初のFF化を採用!

「BMW 1シリーズ」の概要

【公式】BMW 1シリーズ:トップ (66104)

「BMW 1シリーズ」はドイツの自動車メーカー・BMWが2004年から製造・販売している自動車であり、今回の新型モデルが3代目のモデルになります。「BMW 1シリーズ」は今までFRを採用し、フロントアクスルとリヤアクスルへの荷重をほぼ50:50の均等に配分することにこだわり、走行性能を追求しているところが特徴でした。しかし今回のフルモデルチェンジにより、シリーズ初のFF化を採用し、それにより従来のモデルにはない魅力も生み出されました。以下に今回のフルモデルチェンジの詳細を紹介していきます。

新型「BMW 1シリーズ」の詳細

エクステリア

【公式】BMW 1シリーズ ❘ モデル紹介 (66100)

新型「BMW 1シリーズ」のエクステリアは、クールで都会的な印象を与えるデザインになっています。大型のキドニー・グリルとダイナミックなフロント・エプロンが際立つ、自信に満ちたマスクに、そこから流麗なルーフ・ラインとボディ・サイドの大胆なシェイプ、さらに特徴的なリヤへと続くシルエットが、ふと投げかけた視線を釘付けにします。

インテリア

【公式】BMW 1シリーズ ❘ モデル紹介 (66107)

新型「BMW 1シリーズ」のインテリアは、質感の高さとともにこれまで以上に広々としたスペースを確保しています。人間工学に基づいて設計されたドライバー中心のコックピットでは、より直観的な操作が可能に。革新性に満ちたドライビング体験が、その胸を高鳴らせます。
「M Sport」グレードでは、一体型ヘッドレストを備えた「M スポーツ・シート」を採用しています。深さのある座面と厚みのあるシート・クッション、そして立体的なサイド・サポートにより、タイトなコーナリング時においても乗員をしっかりとホールドします。さらに、バックレスト幅の調節機能により、個々の乗員に合わせた細やかな調整が可能です。
そして新型「BMW 1シリーズ」は、駆動方式FFを歴代「BMW 1シリーズ」として初めて採用しました。従来のFRレイアウトに比べて、後席とラゲッジスペースが大幅に拡大しています。ラゲッジスペースは先代モデルに比べて20Lアップの380Lに。さらに、後席を格納すると最大1200Lまで拡大させることができます。
【公式】BMW 1シリーズ ❘ モデル紹介 (66108)

走行性能

【公式】BMW 1シリーズ ❘ モデル紹介 (66111)

新型「BMW 1シリーズ」に搭載されるエンジンは、「BMW M135i xDrive」に搭載された直列4気筒Mツインパワー・ターボガソリン・エンジンを採用しています。新設計のピストン、大型のターボチャージャー、最適化されたインテーク・バルブ、高性能な冷却システムに備え、より強烈なパフォーマンスを実現しています。バルブ機能によってサウンドを調律をするMスポーツ・エギゾースト・システムも、このコンポーネントに含まれています。

パーキング・アシスト

【公式】BMW 1シリーズ:トップ (66114)

路上での縦列駐車をサポートする機能です。システムが駐車可能なスペースがあるかどうかをセンサーが測定し、スペースがある場合は、ステアリング操作をドライバーに代わって自動的に行います。音によるガイダンスとコントロール・ディスプレイに表示される指示に従ってアクセル・ペダルとブレーキ・ペダルを操作するだけで、簡単に縦列駐車をすることができます。

リバース・アシスト

新型「BMW 1シリーズ」には、「リバース・アシスト」をクラス初採用しています。36km/h未満で前進した状況を最大50mまで記憶し、後退時は自動でステアリングしてくれるこの機能は、狭い道でもぶつからずに後退することができるもの。情報に沿って最大9km/hで後退をサポートしてくれます。

新型「BMW 1シリーズ」の価格

新型「BMW 1シリーズ」の価格は、
3,340,000円~(BMW 118i)
3,750,000円~(BMW 118i Play)
4,130,000円~(BMW 118i M Sport)
6,300,000円~(BMW M135i xDrive)
になっています。(消費税10%込み)

まとめ

今回はBMWが発表した新型「BMW 1シリーズ」の詳細を紹介してきました。
エクステリア・インテリアともにさらに上質さが上がり、先進技術も搭載されてよりクルマを扱いやすくなり、ドライブがより楽しくなるクルマに仕上がっています。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi