2019年12月2日 更新

トヨタが5ナンバーSUVである新型車「ライズ」を発売!

トヨタのSUVとしては、今までは「C-HR」が最もコンパクトなSUVでしたが、それよりもコンパクトな5ナンバーサイズの新型車「ライズ」を11月5日より発売しました。今回はこのクルマの詳細を紹介していきます。

トヨタが5ナンバーSUVである新型車「ライズ」を発売!

新型車「ライズ」の詳細

新型車「ライズ」は、「SUVに乗りたい、荷物をたくさん積みたい、でも運転しやすいコンパクトなサイズがいい」といったユーザーの要望に応えた、全長4m以下の5ナンバーサイズコンパクトSUVです。開発コンセプトは「アクティブ・ユースフル・コンパクト」であり、週末のレジャーでも普段使いでも扱いやすく、様々なシーンでお客様のアクティブな毎日をサポートします。ちなみに車名「ライズ」由来は、「ライズ(RAIZE)」は英語のRISEとRAISEからの造語であり、毎日を「盛り上げる」アクティブなクルマであることを表現しています。
またダイハツが、トヨタ、ダイハツ両ブランドの商品展開を見据え、新世代に向けたクルマづくり「DNGA」をコンパクトカーに取り入れた初の商品となります。プラットフォームやパワートレーンユニットなど全てにおいて新たに開発し、走りや上質感、安全・安心など、あらゆる面で高いレベルを目指したとされています。

内外装

TOYOTA、新型車ライズを発売 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (69199)

具体的には、全長3,995mm、全幅1,695mm、全高1,620mmのコンパクトなボディサイズに、迫力ある大径17インチタイヤと張り出したフェンダーが、SUVらしい力強さと踏ん張り感を表現しています。ボディサイズでは、同じトヨタの「C-HR」が全長 4,385~4,390 mm 、全幅 1,795 mm、全高1,550~1,565 mmなので、かなりコンパクトに収まったSUVであることがわかります。
ですが、コンパクトSUVクラストップレベルの大容量ラゲージ(369L)に加え、リヤシートを倒せばさらに広がる荷室スペースにより、大きな荷物や長尺物にも対応可能な大空間を確保しています。また、室内のいたるところに収納スペースを配置し、利便性の高い室内空間を実現しています。
TOYOTA、新型車ライズを発売 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (69209)

走行性能

走行性能については、新開発の軽量高剛性ボディ、サスペンションにより、優れた操縦安定性と快適な乗り心地を実現しています。1.0L直列3気筒ターボエンジンと、トヨタ初採用となる「D-CVT」を組み合わせることで、1.5Lクラス相当のトルクならではの走る楽しさと低燃費を両立しています。
「D-CVT」は、従来のベルト駆動CVTにスプリットギアを組み込み、高速域では「ベルト+ギヤ」駆動とすることで、伝達効率が向上。変速比幅を広げることで低速域でのパワフルでスムーズな加速と、高速域での低燃費で静かな走りを実現しています。
燃費性能は、JC08モードで23.4km/L、WLTCモードで18.6km/Lとなっています。

安全装備

さらに、安全・安心装備についても、車両と歩行者を検知する「衝突回避支援ブレーキ機能」や「ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」などを採用した最新の「スマートアシスト」を設定しています。また「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」や「スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)」を含む安全技術、ディスプレイオーディオなど充実の先進機能も充実しています。

価格

新型車「ライズ」の価格は、
(X)グレードが、1,679,000円〜
(X“S”)グレードが、1,745,000円~
(G)グレードが、1,895,000円~
(Z)グレードが、2,060,000円~
になっており、全て税込価格となっています。

まとめ

今回は、トヨタの5ナンバーサイズコンパクトSUVである新型車「ライズ」の詳細を紹介してきました。
5ナンバーサイズのSUVというトヨタとしては新たな境地を開いたこのモデルは、SUVのボディサイズで今まで手を出さなかったユーザー層をもターゲットにしたSUVになっています。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kannburi kannburi