2018年5月30日 更新

新型BMW M3 CSスペシャルエディションパックが登場。軽量化とMパワーによる特別なモデルへ!

BMWからM3にてCSスペシャルエディションパックの設定がされました。日本国内でも販売開始となっているようです。限定数量との話もあるので、日本へどのくらいの割り当てになるかもお楽しみ!

新型BMW M3 CSスペシャルエディションパックが登場。軽量化とMパワーによる特別なモデルへ!

BMWの3シリーズって?そしてMって?

 (31484)

BMW2002の血統を受け継ぐ、同社で中核を担うモデルであるといえます。欧州でも人気が高く、欧米ではスモールセダンとして販売の主力となっているクルマ!

初代は、1975年に販売スタートし1600㏄モデルから2300㏄モデルまでパワートレインも豊富に存在しました。残念なのは、初代ではオイルショックの影響等でスポーツモデルの存在がない点。

1982年に2代目3シリーズが登場。日本ではバブル景気もあって非常に見かけたモデル(笑)。2ドアセダン・4ドアセダン・カブリオレ等エクステリアの種類が豊富で、さらにスポーツモデルも登場しました。

3代目は、1990年から登場。今まで丸目クッキリというフロントデザインは継承されながらも意匠変更を行い、今後のBMWのデザインになるような設計に。2代目同様に豊富なボディデザインにスポーツモデルの販売展開。

1998年に4代目が登場しました。初代から続いているキドニーグリルは健在ですが、縦長のデザインから横長へと変わりつつあるモデルですね!

5代目3シリーズは、2005年から販売開始。ボディ全長等を大きく拡大し、この頃の傾向として排気量の増大化という印象。1600㏄モデルからV8型4000㏄までと倍以上の排気量までラインアップ。

現行型である6代目は2012年から販売開始。現代風なフロントフェイスに、ダウンサイジングされたパワートレイン、そして3シリーズでは大き目の現行型。

現在6年目を迎え、現行型も成熟の段階に入ってきておりますね。これから新型情報も上がってくる可能性があります。そんな中BMWのM3 CSが登場とのことです。このモデルを追いかけてみます!

そもそもMシリーズって?
BMWグループの中でも最近では特に高性能のスポーツタイプを企画・製造する部門として現在は君臨しています。以前と違い現在では、全ての企画・設計・生産・販売をBMW本社で行うことで、よりユーザーに近くなるようになっています。
 (31485)

新型M3 CSスペシャルエディションパックのエクステリア

フロントビュー

BMW M3は日本国内でも現在取り扱いのあるモデルです。このM3にスペシャルエディションモデルであるCSが登場したということでしょう!

画像だけではわかりづらいのですが、カーボン素材の使用箇所を通常よりも多く取り入れて25%軽く製作されているのが最大の特徴。ボディの大部分をカーボン製にすることでなしえているということです。

スパルタンなフロントバンパーデザイン等は、通常M3似となってもいますね。
 (31829)

サイドビュー

BMW M3 CSモデルは、オービットグレーマットの鍛造軽合金ホイールを標準装備しているとの事。10スポークのデザインは、ドイツツーリングカー選手権レースシリーズで成功したM4カーの応用となってもいるようです。
 (31830)

リアビュー

後部ディフューザーのスタイリングにきれいにインストールされたマフラーテールエンド。しかも4つのテールエンドが、二重分岐スポーツ排気となっているとの事。

このマフラーには、フラップ機能が付いており動力を高めるために電気稼働セッティングもされているようです。エンジン負荷に応じて最適なフラップ動作を実現。
 (31831)

バンパー下部には、カーボン製ディフェーザーが鎮座しており、特別感と軽量化をも実現させていることでしょう!
 (31832)

筆者が、お気に入りとなったリアデザイン。敢えてサイレンサーが見えるようにデザイン。レーシーでスパルタンであると考えます。
 (31833)

フロントには、軽量ダブルジョイントスプリングストラットアクスルを採用し、リアに5リンクアクスルを採用しているとの事。

BMW M3 CSには、アダプティブMサスペンションが標準装備されており、お手元で3モードの選択が可能となっているようです。コンフォート、スポーツ、スポーツ+モードの3種類。

フロントの固定4ピストンキャリパーとリアの固定2ピストンユニットが、パワーをガッチリおさえてくれそうです!
 (31834)

新型M3 CSスペシャルエディションパックの内装

先進性のあるセンターモニターデザインだけでなく、M3 CSとしてのスポーツ性能を有しているといったメーターパネルデザイン(アナログ的)。

あくまでドライバーが中心であるという点にこだわっていることが、このデザインからもうかがい知ることが出来ますね。
 (31835)

スポーティで清潔感のあるブラック×グレーメッシュのシートから及びデザインは、とても洗練されているのでは?
 (31836)

M3ということだけでなくCSとわかる様にステッチが施されたインテリア。これは、ユーザーの心を擽るアイディア。
 (31837)

ステップのスカッフプレートにもCSの文字が刻印され、乗り込むたびに高揚するのではないでしょうか?

新型M3 CSスペシャルエディションパックのパワートレイン

 (31838)

3000㏄で、伝統の6気筒エンジンを採用。最高出力は、453ps。そのパワーを25%軽量化されたボディがさらに後押し。

6気筒のエンジンは、ツインターボにより最大限のパワーを発揮し、それを支えるシャーシも軽量化だけでなく、高剛性を確保しているとの事。
 (31839)

まとめ

実は、このM3 CSは、1200台限定で2018年1月から注文できるとのことです。ただ製造開始が、3月からとのことですので、最初に注文した方々の納車がこれから始まってくるであろうという印象。

1200台は、全世界でのことですのでお気になった方は、おはやめに!
34 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me