BMWで2千万円の価値を持つ「i8 ロードスター」のスペックや特徴を教えます!

BMWはドイツの自動車メーカーブランドであり、高価なモデルから廉価なモデルまで幅広く存在していることから、富裕層の方からリーズナブルで購入したいと考えていらっしゃる方にとっても購入しやすい車となっていると思います。また、フロントグリルが特徴的で、フル4シーターの4ドアセダンをメインに作り、スポーティーなデザインに仕上げることを心掛けているのも特徴となっています。 そして今回紹介するモデルはBMWの中でも最高クラスの価格を誇るi8シリーズのロードスターのスペックを紹介していきたいと思います。

BMW i8 クーペとロードスターの違いは??

i8 クーペ

i8 クーペ

クーペ(ベースグレード)
4人乗り
車両重量 1650kg
車両総重量 1760kg
全高が1290mm
自動車所得税 52.3万円
i8 ロードスター

i8 ロードスター

ロードスター(ベースグレード)
2人乗り
車両重量 1590kg
車両総重量 1810kg
全高 1300mm
自動車所得税 55.7万円 このようなことからロードスターの方がクーペに比べて車両総重量が高く、車高も少し高くなっているそうです。そして税金の支払い金額も約3万円の差があることが分かります。

「i8 ロードスター」の特徴や歴史

カーボン製とされたボディ

カーボン製とされたボディ

ドイツの自動車メーカー・BMWが製造・販売するプラグインハイブリッド方式のスポーツカーです。 そしてパワートレインは基礎構造がMINIと共通である1.5L直列3気筒(ターボ)の新世代モジュラーエンジンを、リアミッドシップ(エンジンを後輪駆動の前方に配置すること)に載せており、フロントには電気モーターを配置するプラグインハイブリッドシステムが搭載されています。
 (49202)

スポーティーなデザイン、ラグジュアリー性、環境性能、安全性、走行性能など全てにおいて最高クラスと言えてしまうようなモデルです。実際に燃費効率も15.8km/Lであることからスポーツカーとは思えない程の高数値を出していると思います。 そして革新的なプラグイン・ハイブリッドのエンジンは最高出力374 psと最大トルク570 Nmを発生させ、わずか4.6秒で、0から100km/hまで加速させることができる、まるで富士急ハイランドに存在するアトラクションの「ドドンパ」のような存在です。
他のスポーツカーでは味わえないドライビングダイナミクスへと誘う車です。
価格.com - i8 ロードスター 2018年モデル の製品画像 (49203)

また、このロードスターの知っておきたいメインポイントであるシザー・ドアです。
スポーティーな外観を強調させるだけではなく、乗り降りがしやすいというメリットとラグジュアリー性を出すことができる最強ドアと言えます。

インテリアや機能性

価格.com - i8 ロードスター 2018年モデル の製品画像 (49204)

そしてエクステリア・デザインの力強い輪郭は室内にも反映され、コックピット全体が未来的な躍動感に溢れています。 センター・コンソールはドライバー側にわずかに傾斜しており、より快適にスムーズに操作ができるようスイッチや計器類も直観的にレイアウトされているそうです。
価格.com - i8 ロードスター 2018年モデル の製品画像 (49205)

爽快かつ華麗な走行を実現させているのはエクステリアの空力性能を活かした技術だけではなく、卓越した軽量コンセプト、LifeDriveというボディの構造にあるのです。 それは、駆動システムが配置されたアルミニウム合金製ドライブ・モジュールと、極めて軽量かつ高剛性なカーボン・ファイバー強化樹脂(CFRP)を採用したパッセンジャー・セル、ライフ・モジュールで構成されているからであるそうです。

まとめ

BMW i8 ロードスターは走行性能やエクステリア、ラグジュアリー性だけが魅力では無いのです。 先進技術の進んだ現代社会において電気による走りはこれから必須となるでしょう。 i8 ロードスターは電気でも走行可能なので公共充電ステーション利用サービス「ChargeNow」に会員登録をすれば、全国ネットワークの提携充電ステーションがカード1枚でいつでも自由に使えるようになり、気持ちよく便利に使うことができます。 また、BMW i ConnectedDriveによって、HDDナビゲーション・システムやスマートフォンに利用可能なすべての充電ステーションを表示させることもできるそうです。 そして口コミや評価において、i8は内装が意外と普通でマックスで充電をしても10kmも走らないそうだとのことです。しかし高級車でのスポーツ走行の満足度の方が当然高く、15.8km/Lという燃費効率の良さもあるので殆どの方が満足をする車であると思います。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。