2019年7月29日 更新

BMWが、新型X6 M50iを公開!風格アップしたモデルに

BMWから新型X6 M50iが発表されました。フロントビューが刷新され、新採用のオプションも用意されていそうです。同モデルのエクステリア、内装、パワートレイン等をご紹介します。

BMWが、新型X6 M50iを公開!風格アップしたモデルに

BMW 新型X6 M50iのエクステリア等

新型では、より大きくなったBMWキドニーグリルが、フロントエンドで風格をかもし出しています。キドニーグリルに続くサイドには、BMWの新シグネイチャーとなるヘッドライトがグリルを囲っています。

同モデルでは、ライティング付きキドニーグリルを、初めてオプションとして利用できるモデルです。このオプションは、車の開閉によって作動し、さらにドライバーは、手動でオン・オフを切り替えることもできます。このユニークでもあるライトニングは、走行中でも利用可能で、エクステリアをさらに光で包む仕様ですね。

意匠変更されたツインヘッドライトは、BMWのキドニーグリル手前まで延びて、同モデルの存在感と幅広感を強調しています。新型では、LEDヘッドライトが標準装備されています。アダプティブLEDヘッドライト付きのオプションをチョイスした場合は、他者・他車を眩しくさせない様に、ハイビーム機能を最適化し、さらに約500メートルの照射距離があります。

アダプティブLEDヘッドライト(セレクティブビーム付きのBMW Laserlightスポットライト)は、ヘッドライト内側の六角光源を分割する青いX字型の要素によって、通常モデルと区別されています。

新型BMW M50i は、現行モデルから全長26mm、全幅15mm拡大しています。全高は、6mm低くなっています。X6の特徴的なプロポーションを、より動的に表現していることが伺えますね。ホイールベースは、42mm増加して2,975mmになったことで走行安定性もアップしています。

トレッドも広がったことにより、よりコーナー安定性もアップし、低重心に見えるフォルムにアップデートしています。新型には、卓越した敏捷性と安定姿勢を更に与えられたということでしょう。
https://www.netcarshow.com/ (63157)

via https://www.netcarshow.com/
サイドビューでは、おなじみのBMW X6プロポーションに、鋭く描かれたプレスライン、ダイナミックなルーフラインが特徴的です。最大22インチの軽合金製ホイールは、六角形のホイールアーチの中に綺麗に納まっています。ボディカラーのAir Breathersでは、ホイールアーチと組み合わさった際に、エクステリアのダイナミック性を強調しますね。

リアビューでは、ショルダー部が特徴的な存在です。アップデートした広いL字型LEDリアライトは、幅広感をさらに強調してくれますね。テールゲートは、シームレスに設置されているので、真横から見てもトランクの存在が見えないほどシャープな存在です。


https://www.netcarshow.com/ (63158)

via https://www.netcarshow.com/
新型BMW X6は、標準仕様に追加してxLineおよびM Sportモデルのグレードが設定されています。xLineには、専用のエクステリアパーツ、内装パーツが設定され、M Sportモデルにも独自のパーツが使用されています。

新型X6 M50iモデルは、フロントとリアのエプロンに、ダイナミックなデザインアングルが採用されています。Adaptive Mサスペンション、ハイグロスブラックのサイドウィンドウグラフィック、ボディカラー同色のホイールアーチトリム、さらにブルーカリパスのM Sportブレーキも採用されています。

同パッケージでは、Mカーボンエクステリアミラーキャップとリアスポイラーも採用され、カーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)製です。

BMW X6には、19インチ軽合金ホイールが標準装備されています。20インチから22インチまで、オプション選択として利用できます。BMW X6 M50iとBMW X6 M50dグレードには、21インチ軽合金ホイールが、標準装備されています。
https://www.netcarshow.com/ (63159)

via https://www.netcarshow.com/

BMW 新型X6 M50iの内装等

内装では、エクスクルーシブでダイナミックなドライビングが出来るように設計されています。明確設計によって、キャビンにモダンでスポーティな印象を与えています。運転席では、新しいメータークラスターと液晶モニターなどが採用されています。

新型では、上げられた座席位置によって、ドライバーに可能な限り最高の運転視野となっています。運転視野のアップは、道路上の不意の出来事にも常に対処することを可能にしますね。

BMWの内装は、厳選された素材と優れた製造技術を強みにしているメーカーのひとつです。新型には、Vernascaレザー張りが標準装備されていますが、オプションでBMW Individual Merinoレザーを選択することが可能です。標準スポーツシートは、パワーシートとなっていてヒーター付きです。

運転席と助手席では、シートベンチレーションやマッサージ機能などの装備を選択できる多機能シートが、オプションで利用可能です。センターコンソールでは、膝パッドを新デザインにしています。
https://www.netcarshow.com/ (63161)

via https://www.netcarshow.com/
新型BMW X6 M50iは、リアシートでも高度な可変性を有しています。40:20:40に分割された後部座席は、背もたれの可変によって、580から1,525リットルのブーツ量を確保できます。

同モデルは、独特の雰囲気を持ったインテリアを醸し出すために特別なデザインイディオムが採用されています。MスポーツステアリングホイールとMペダルで、ダイナミックに強いキャラクター要素を加えています。専用アルミTetragon内装トリムストリップとBMW Individualヘッドライナーも装備の一部です。Mカーボンファイバー製の内装トリムストリップは、オプション設定されています。
https://www.netcarshow.com/ (63160)

via https://www.netcarshow.com/

BMW 新型X6 M50iのパワートレイン等

新型のパワートレインは、新開発された4400ccV8ガソリンエンジンを搭載しています。最大出力は、390kW/537psです。組み合わされるミッションは、Steptronicトランスミッションとなっています。これにxDriveのインテリジェント全輪駆動を組み合わせることで、8気筒ユニットの強力なパワーは、印象的なスポーティーなパフォーマンスに昇華します。

BMW M GmbHが誇るモーターレースのノウハウは、新型BMW X6 M50iに優れた操縦性、卓越した操縦精度、敏捷性、安定性を与えています。通常モデルをエクステリア、内装、パワートレインの全方位でアップデートさせていますね。
https://www.netcarshow.com/ (63162)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

現在日本でも、BMW X6 Mが販売されています。このモデルは、クーペのようなシルエットラインを特徴としたモデルですね。新型では、このX6モデルの持つ流麗なクーペラインを継承しながら、各部をアップデートしていると言えますね。日本導入が楽しみです。 
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me