2018年8月24日 更新

第三弾!!!アウディ A1 Sportback midnight limitedを限定375台で9/4から販売開始。アウディコンパクトの限定モデルを検証。

アウディの中で1番コンパクトなサイズとなるA1から特別装備に限定数量となるSportback midnight limitedが9/4から販売となりそうです。このモデルに焦点を充ててみます!

第三弾!!!アウディ A1 Sportback midnight limitedを限定375台で9/4から販売開始。アウディコンパクトの限定モデルを検証。

アウディA1ってどんなクルマ?

2010年から販売開始され、そのモデルが初代であり現行型となっております。プラットフォームには、アウディの親会社であるフォルクスワーゲンの小型乗用車・ポロと共通のフォルクスワーゲンA05を採用しているのがポイント。

エクステリアは、アウディのアイデンティティである「シングルフレームグリル」などアウディファミリーとしてのデザインアイコンを色濃く継承。Aピラ~ルーフ~Cピラーと一続きに描かれるラインがポイントでもありますね。

内装では、航空機をモチーフとしてデザインされており、インパネは翼を、そしてエアコン口は、タービンをイメージしています。

パワートレインは、1600㏄ディーゼルエンジンの直列4気筒・TDIと、1200㏄もしくは1400㏄の直4・TFSIエンジンをラインナップ。1400㏄ターボは最高出力122PSを発生。 トランスミッションは5MTに加え、1400㏄ターボにのみ2ペダルMTとなる7速「Sトロニック」も用意されているようです。

このモデルも現在8年が経過しようとしております。特別限定モデルを発売して、更なる拡販を推し進めて行きたいということでしょう!A1 Sportback midnight limitedの概要を追いかけてみます!

アウディ A1 Sportback midnight limitedのコンセプト

キャッチコピーは
「スポーティに、ミステリアスに、特別な黒が都市に映える」

コンパクトボディの中に力強く伸びやかなデザインを描いたAudi A1 Sportbackをベースモデルに。これにスポーティなSlineエクステリアと専用ブラックスタイリングパッケージを装備し、魅力に満ちた限定車Audi A1Sportback midnight limitedとなっている模様。

エクステリア、内装のポイント部分に特別装備のブラックのディテールを配色。17インチアルミホイールをはじめコンビニエンスパッケージなど装備も標準に。街中でもブラックとのコントラストが引き立つ特別な存在感としているようです。
 (40099)

アウディ A1 Sportback midnight limitedの特別装備等

特別装備内容

Slineエクステリア
・S lineスポーツバンパー
・S lineエンブレム

・専用ブラックスタイリングパッケージ
・エクステリアミラーハウジング(ブリリアントブラック)
・アウディロゴデカール(ボディサイド:ブラック)
・アルミホイール10スポークマットブラックポリッシュト7.5J×17・215/40R17
・エアコン吹き出し口カラードスリーブ(ブラックハイグロス)
・フロントフォグライト
・ボディカラー特別色(セパンブルー パールエフェクト / アローグレー パールエフェクト)
 (40100)

標準装備内容

・ナビキセノンプラスパッケージ
・MMI 3G + ナビゲーションシステム
・SSDナビゲーション
「CD / DVDプレイヤー ・ミュージックサーバー機能 ・FM / AMラジオ ・音楽CDデータ取り込み機能 ・Bluetooth接続・SDカードリーダー・地上デジタル放送対応 ・ボイスコントロール ・アウディミュージックインターフェイス(AMI)・ETCシステム ・TVチューナー」

バイキセノンパッケージ
・バイキセノンヘッドライト ・自動ヘッドライトレンジコントロール ・ヘッドライトウォッシャー
・リヤLEDコンビネーションランプ

・コンビニエンスパッケージ
・アドバンストキー ・アウディパーキングシステム ・オートマチックエアコンディショナー ・シートヒーター(フロント)・センターアームレスト(フロント)

・コントラストルーフ(ブリリアントブラック)
 (40101)

アウディ A1 Sportback midnight limitedの内装等

 (40102)

内装もブラックハイグロスのエアコン吹き出し口カラードスリーブを装備するなど、ブラックを基調とすることによりミステリアスでロマンを感じさせる仕上がりとなっていますね。

ベース車ではオプションとなるナビキセノンプラスパッケージ(バイキセノンパッケージ、ナビゲーションシステム、TVチューナー)や、コンビニエンスパッケージ(アドバンストキー、アウディパーキングシステム、オートマチックエアコンディショナー、シートヒーター、センターアームレスト)を標準採用することで、さらにアップグレード!
 (40103)

アウディ A1 Sportback midnight limitedの諸元等

・型式 :DBA-8XCHZ
・全長×全幅×全高(mm)=3,985×1,745×1,440
・総排気量 999㏄
・エンジン種類 直列3気筒DOHCインタークーラー付ターボ
・最高出力95PS / 5,000-5,500rpm
・最大トルク16.3kgm / 1,500-3,500rpm
・駆動方式 FWD
・トランスミッション 7速Sトロニックトランスミッション
・ハンドル位置 右
・乗車定員 5名

車両本体価格¥3,490,000

まとめ

今回のアウディ A1 Sportback midnight limitedは、限定数量375台で9/4から販売開始との事。

このモデルは、アウディの中ではコンパクトなモデルとなっております。コンパクトながらもブラック基調で落ち着いたスポーツ感を味わえる仕様になっているのではないでしょうか!!!
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me