2018年9月4日 更新

魅力は電費!?デザインも進化した日産新型リーフを御紹介します!

日産のリーフと言えば、電気自動車です。CMでは矢沢永吉さんがよくTVに出ていて日産リーフの魅力をアピールされていたかと思います。一度は乗ってみたいと思わせるようなデザインと存在感を感じられます。そこで、新型日産リーフに乗るなら、もっともっと、愉しんでリーフに乗れるようなコストメリットの記事を書いていこうと思います。

魅力は電費!?デザインも進化した日産新型リーフを御紹介します!

日産 リーフの登場

日産・リーフ - Wikipedia (40880)

日産自動車のリーフが登場したのは、2010年に日本やアメリカで販売され、2017年はフルモデルチェンジをして二代目が登場しています。よく見ると普通の乗用車とは違う独特なデザインのバックドアが特徴です。

電気自動車の魅力はいかに!

日産:リーフ [ LEAF ] | 充電・航続距離 (40883)

給油から充電の現代に。

電気自動車は、環境に優しく、自然の太陽光による充電が行えることから人気があり、今のエコ車として人気があると思います。

最近では燃費の良い車やハイブリッドカーなどが登場していますが、電気自動車はガソリンを一切使わないことが特徴です。

電気だけを使い走ることができる電気自動車は、究極のエコカーでありガソリンを使わないというコストの削減にも繋がります。

しかし、その電気自動車は8年前に登場したばかりなので、どのユーザーでも購入できる程の安価な価格にはなっていないと感じています。そして、電気自動車に対応する充電設備も完全には行き届いていない地域も多いと感じています。
Electric Car Petrol Stations · Free image on Pixabay (40886)

しかし、充電設備は増え続けていて、高速道路や商業施設、カーディーラー、コンビニなどでも充電が可能となっています。自宅でも充電はできるので、田舎過ぎない地域ではない限り、充電することにはそこまで困らないと感じています。
Architecture Buildings Cars · Free photo on Pixabay (40888)

電気自動車はおおよそ30km/Lくらい!? おそらくそれ以上!

電気自動車は名前の通り、電気で充電し走行することになります。

新型リーフは、40kWhのフル充電が可能になり、400km走行することが可能になっています。一般的にガソリン車で給油を満タンにすると大体400kmくらい走行できると思います。ということは、電気自動車をフル充電する価格と、一般の車は給油を満タンにする価格で同じ400kmを走行できることになります。

それでは、この40kwh充電できる新型リーフは、一回のフル充電でいくらくらいかかるかを計算していきます。
日産:リーフ [ LEAF ] | コストメリット (40891)

家で使う電気は、1kwh当たり30円です。
こな1kwhは、1000wの電子レンジを1時間使う計算になります。
1000w=1kwh
100kwh=0.1kwh

正確に計算すると
1000w×60分÷60=1000w

1000wの電子レンジを20分使うと
1000w×20分÷60=333.3
333.3=0.3333kwh

つまり、40kwhのリーフを家で充電すると、30円×40で1,200円かかることになります。
10km/L程→5,000円程→400km走行可
新型リーフ→1,200円程→400km走行可

通勤、通学などで毎日往復15kmくらい走行する方なら毎月3回くらい給油するかと思います。月に3回給油をすると15,000円かかります。新型リーフなら3回の充電で3,600円です。なんと約4倍ものコスト削減ができる計算になるのです。
Coins Calculator Budget Household · Free photo on Pixabay (40893)

10km/L程→5,000円×月3回(給油)→15,000円
1年→180,000円
新型リーフ→1,200円×月3回(充電)
→3,600円
1年→43,200円
ちなみに燃費が10km/Lの車と20km/Lの車の月にかかる給油料金は倍の差があります。
燃費が10km/L高ければ月のガソリン代は半額になります。

また、充電サービスには2種類存在し、月2,000円の定額サービスの「使いホーダイプラン」と「つど課金プラン」があります。

この料金表を見ると、つど課金プランでも十分にお得と言えます。しかし、急速充電器をバンバン利用したい方にとっては定額サービスの「使いホーダイプラン」を使うのもアリだと感じます。しかも、1分の急速充電が15円なので、40分充電で15円×40分→600円となり、1ヶ月に6回急速フル充電を行っても月に3,600円しかかからないのです。
日産:リーフ [ LEAF ] | 充電・航続距離 (40896)

日産:リーフ [ LEAF ] | 充電・航続距離 (40897)

しかも、急速充電ではなく普通充電ななら1分1.5円なので、60分×1.5円→90円
1ヶ月に90円×6回普通フル充電を行うと、540円です。

・電気自動車は1ヶ月家で充電すると3,600円
・公共充電施設(1.5円で1分普通充電)だと1ヶ月540円

維持費削減に繋がることは間違いないと思います。

まとめ

燃費の良い車に乗ることはコストを抑え、カーライフをより楽しいものとすると思います。原油価格が高騰している現代では、もはやハイブリッド車に乗ることが当たり前になり、電気自動車を乗る方と増えてくると考えています。

一般の車と電気自動車の燃費及び電費によるコストの差はとても大きく、一般の車と比較して、電気自動車を2年乗ればそこそこ良い中古車が買えてしまう程元が取れる計算になります。デザインも格好良く、環境にもコストにも優しい車です。
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan