2019年4月8日 更新

山梨県が誇る桜の名所 「大法師さくら祭り」ご紹介します

いつの間にか4月を迎え、各地で桜のシーズンを楽しみに過ごしている方も多いと思います。今回はドライブを楽しみながら立ち寄れる桜の名所、山梨県は南巨摩郡、富士川町で開催中の「大法師さくら祭り」をご紹介しましょう。

山梨県が誇る桜の名所 「大法師さくら祭り」ご紹介します

大法師公園に植えられた2000本の桜

筆者撮影 (58341)

via 筆者撮影
こちらは日本さくら名所百選の地として選ばれている大法師公園です。大法師は「おおぼし」と読みます。
なんとこちらの公園には2000本もの桜の木が植えられているそうで、桜の時期に生まれた私には妙に親近感が湧くものがありました。

大法師公園には駐車場が完備されており、普通自動車は1台500円で利用可能です。
筆者撮影 (58343)

via 筆者撮影
大法師さくら祭りは3月28日 ~ 4月7日、朝8時30分 ~ 夜22時までと比較的長い期間・長い時間帯に開催されています。私が訪れた時は満開ではなかったようなので周囲の方に桜の咲き状況を伺ったところ、4月2日現在でおよそ8分咲きとのことでした。今週末までには満開になることが期待できます。
大法師さくら祭り (58345)

ここで大法師公園までのアクセスをご紹介しましょう。
東京方面からの場合は基本的には中央道甲府南ICを利用することになると思いますが、最寄りのICは中部横断自動車道の増穂ICです。状況により使い分けてください。

私は富士山を横切りながらのドライブを楽しむため、中央道河口湖ICへ向かい、そこから国道139号線、国道358号線、国道140号線、国道52号線をそれぞれ経由して大法師公園へ向かいました。

特に国道358号線ですが、この国道は精進湖から甲府方面へ向かえるのですが全線に渡りほぼ山から盆地へ向けて進みます。そのため精進湖から先はほとんど下り坂区間となっており、タイトなコーナーと合わせて良く言えば愉しく、悪く言えば注意が必要な区間と言えます。

しかし河口湖エリアからほぼすべての区間、富士山と合わせて絶景を味わいながらドライブが楽しめるので私個人としてはお勧めしたいドライブコースです。
筆者撮影 (58347)

via 筆者撮影
大法師公園の桜の木や枝は歩行者との距離が近いので正確に咲き状況を観察できます。
筆者撮影 (58349)

via 筆者撮影
駐車場付近から甲府盆地を眺めてみます。大法師公園は高台に位置していますので見晴らしも抜群です。
要注意なのは標高が高いエリアですので、4月を迎えたとはいえ少々冷えます。防寒具は必須と言えるでしょう。また、山の天気は変わりやすいので油断は禁物です。できれば雨具の持参もお勧めします。

出店がさらにお花見気分を盛り上げる

筆者撮影 (58352)

via 筆者撮影
メインエリアは出店が立ち並んでおり、お花見気分をより一層盛り上げてくれます。もちろんお茶やジュース、アルコール類も販売されていますが、ドライバーの方の飲酒はご遠慮ください。

「日本で3番目に美味しい唐揚げ」というのも気になりましたが、私はこの辺りでは名物と紹介された「馬肉」を頂くことにしました。
筆者撮影 (58354)

via 筆者撮影
「新名物」という肩書にノックアウト。私はそば好きでもありますので一目見た瞬間に決めました。
筆者撮影 (58356)

via 筆者撮影
濃厚な出汁に歯ごたえのある馬肉との相性が抜群でした。地元の方いわく「馬肉はヘルシーで高タンパク」とのこと。さらに塩味を利かせた桜の葉が丁度良いアクセントを引き立てていました。少々寒くなっていたのもあり、この場面での暖かいおそばは別格でした。

夜間はライトアップも

http://www.town.fujikawa.yamanashi.jp/kanko/event/sakuramaturi.html (58359)

via http://www.town.fujikawa.yamanashi.jp/kanko/event/sakuramaturi.html
夜間はライトアップも実施されているそうですが、私は残念ながらライトアップの時間帯までは滞在できませんでした。
ライトアップの種類は数種類あるようで、訪れる観光客を幻想的な世界へご案内。ライトアップの時間帯は18時 ~ 22時です。

まとめ

桜のお花見は年間を通しても限られたタイミングでしか楽しむことができません。当然人が集まる首都圏では場所取りから大変な苦労を重ねる方も多いでしょう。

そんな時は少し遠出にはなりますが、観光地でのお花見ならばドライブや温泉などと合わせて楽しむことも可能です。
筆者撮影 (58363)

via 筆者撮影
2000本の桜は4月2日現在で8分咲き、さくら祭りの最終日である7日は満開か風情溢れる散り際を堪能できるかもしれません。
もしこの記事をご覧頂いている方、週末のお花見の予定がまだ未定の方、ぜひ山梨県は南巨摩郡、富士川町で開催中の「大法師さくら祭り」へ出掛けてみてはいかがでしょうか。
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

溝口将太 溝口将太