1,373台のルノーカングーが集結!ルノーカングー・ジャンボリーが開催された!

全国各地からルノーカングー1,373台が集まるイベント「第10 回ルノーカ・ングー・ジャンボリー2018」を、13 日(日)に、山梨県の「山中湖交流プラザ・きらら」で開催されました。そこで、その模様をお伝えしましょう。

富士山麓に1,921台,317名が集結!

RENAULT FOR PRESS (31386)

今回は、10 回目の開催、そしてルノー・カングー誕生20周年の記念イベントとなった今年の「ルノー ・カングー・ジャンボリー」には、雨模様となったにもかかわらず、多くのルノーファンが来場し、思い思いに休日を過ごすフレンチスタイルのヴァカンスを楽しみました。 この「ルノー・カングー・ジャンボリー」は、ルノー カングーのオーナーを中心としたオールルノーのファンミー ティングとして始まったイベントです。「クルマのある生活を楽しむ」をテーマに毎年開催されるこのイベントには、全国各地からルノーカングーを始めとするルノー車オーナーが参加する一方、ルノー車以外のオーナーも多く参加し、フレンチスタイルの休日を楽しむイベントとして定着しています

圧巻!カングーが1,373台集まった光景

RENAULT FOR PRESS (31385)

今年の「第10 回ルノー・カングー・ジャンボリー2018」 には、全国各地からルノーカングー1,373台を含む1,921台の車両と、昨年を上回る4,317名もの参加者が集まり、大変な盛り上がりを見せました。これには、オープニングに登場して、来場したファンに感謝の意を伝えた、ルノー本社のカングープロジェクトを統括する最高責任者も驚いたことでしょう。 また、記念イベントとなった今年は、限定車「ルノー・カングー・クルール」の発表が行われ、フランスではヴァカンスで人気のあるフランスアルプスの、山々の緑と青い空をイメージしたボディカラーがお披露目されました。

マカロンだチアダンスだライブだ!

RENAULT FOR PRESS (31389)

さらに、カングー誕生20周年ということで、ピエール・エルメ・パリ20周年を祝うマカロンがちりばめられた巨大バースデーケーキが登場。また、一般から募集した歴代カングー8 台の紹介、安田レイさんのライブ、埼玉県立飯能高等学校チアダンス部によるパフォーマンスと、盛りだくさんのステージプログラムが続きました。 そして、4,317名もの来場者は、フリーマーケットや、会場限定品も登場するマルシェ、大人も子供も楽しめる数々のアトラ クション、ドッグラン、さらにルノーオフィシャルショップなども満喫しながら、心地よいフレンチヴァカンスを楽しみました。 ここで、ジャンボリーでもお披露目された限定車「ルノー・カングー・クルール」について、もう少し触れておきましょう。

フレンチアルプスの山と空がボディカラーになった「クルール」

RENAULT FOR PRESS (31396)

5月24 日(木)から、全国のルノー正規販売店で、200 台限定で販売する、「ルノーカングー・クルール」は、夏のヴァカンスで訪れた標高の高いフレンチアルプスの緑、そして山々を囲む青い空をイメージしたヴァカンスカラーの限定車です。 フランス語で色を意味する「クルール」を車名に持つ「ルノー カングー・クルール」は、ルノーカングーを日本オリジナルのボディカラーで彩った限定車です。第8弾となる今回は、夏のヴァカンスカラーがテーマで、ヴァカンスで多くの人が訪れる標高の高いフレンチアルプス。その山並みを彩る緑と、山々 を囲む空の青をイメージしています。販売台数は、200 台の限定です。 【ルノー カングー クルール特別装備】
・専用ボディカラー、ブラックフロントバンパー/ブラックリアバンパー
・専用ボディ同色フロントグリルブレード
・ブラックドアミラー
メーカー希望小売価格(税込)2,599,000 円

まとめ

毎年盛り上がるカングージャンボリー。スポーツカーならともかく、国産車では考えつかないこの現象ですが、本国のフランスでもありえない光景です。なんせ商用バン、日本で言えばタウンエースみたいなバンが、こんなに受け入れられ、しかもオシャレになるのですから、各自動車メーカーのデザイナーも頭を抱えるのではないでしょうか。これが最新と、与えられるのではなく、ユーザーが作り上げたオシャレなカングー。
これからも間落とし盛り上がるのは間違いないでしょう。]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。