2018年6月20日 更新

【車中泊】WAQ車中泊マット 厚手 8cm キャンピングマットで快適キャンピングライフ[PR]

大人気のWAQキャンピンググッズの第2弾、今回は車中泊やキャンプにも最適なマットをご紹介します!

【車中泊】WAQ車中泊マット 厚手 8cm キャンピングマットで快適キャンピングライフ[PR]
 (30931)

WAQ車中泊マット

 (30933)

大人気のアウトドアブランド『WAQ』から、アウトドアやキャンプに最適なキャンピングマットが登場しました。
長さ63cm、直径23cmくらいの大きさの袋にワクワクが詰まっていましたので、早速レビューです。

袋の中からクルクル丸まったマットが

 (30935)

袋の中にはクルクル丸まったマットが綺麗に収まっていました。
右の大きなものがマットです。左のは枕。
 (30938)

写真左下に写っているのが特大バルブです。
これをひねると、マット内に空気が送り込まれて、あっという間にフカフカのマットになるんです。

特大バルブの質感は申し分なし。ヘビーに使えそう。

 (30941)

 (30940)

特大バルブはマットには2箇所、枕には1箇所付いています。
ひねるのにも力は要らず、女性でも簡単に取り扱うことができます。
素材や質感も申し分なく、長い間快適に利用することができるであろう耐久性も感じられるものでした。
簡単には壊れなそうな作りなので、ヘビーユーザーでも安心して使っていただけると思います。

3分くらいで厚み8cmのキャンピングマットが完成!

 (30943)

バルブをひねると「シューシュー」という音を立てて、どんどんマットが膨らんで行きます。
3分程度でしっかりとした車中泊用のマットが完成。
空気入れも不要で勝手に出来上がるのは楽ですよね。
 (30947)

SUVにも使えるぞ!今回はBMW X6で使ってみた。

 (30949)

メーカーさんのサイトでは「ミニバンにぴったり!」ということで紹介されていて、推奨車種には「セレナ、フリード、ヴォクシー、ノア、ステップワゴン」などのミドルクラスのミニバンから、「アルファード、ベルファイア、エルグランド」などの大型ミニバンなどが掲載されています。
でも今回はあえてSUVで試してみました。
しかも、そんなに見かけないBMW X6でのチャレンジです。(参考になるかなぁ??)

BMW X6のラゲッジは意外と大きい。

 (30950)

BMW X6のラゲッジルームの容量は580リットル。後席折りたたみ時は1,525リットルと大き目。
ラゲッジの奥行きはセレナとほぼ同等サイズ(セレナは奥行1,720mm)、開口部はセレナよりも少し小さい感じ(セレナの開口部1,190mm)。もちろん高さではセレナに敵うはずもなく低いです。
恐らくは国産SUVの主流どころと大差のないサイズ感ではないかと思われます。
 (30957)

 (30958)

後部座席を倒して、ようやく全体が収まるくらいのサイズ感です。
長身の型でも十分足を伸ばして寝ることができるくらいのサイズ感で、その上質感が素晴らしい。
バルブからの空気の流入量を調整することで好みの硬さに調整できるので、硬めが好きな方も、ふわふわ質感が好きな方も満足できるであろう質感です。
ウレタンがそもそも良いものなのかもしれませんが、空気の張りとウレタンの張りでしっかりとしたマット(というよりもベッドに近い)になっています。
厚さは8cm、サイズは全長192cm、幅66cmということで大きいですね。
 (30961)

BMW X6でもギリギリサイズ。
かなり大きいです。
ちょうど写真に写っている黒いボタンのようなもの、これは連結用のボタンです。
両サイドに付いていて、2枚マットを並べてもしっかりと連結されるので、寝ている間に動いてしまうなどの心配もありません。
非常に丁寧な作りに感心しました。

枕も十分な質感、サイズもちょうど良い。

 (30963)

枕は別売りのようですが、今回は合わせてご紹介。
マットと同じように、バルブをひねるとすぐに大きくなってくれます。
枕のバルブは1箇所。
そもそもサイズが小さいので十分です。
 (30966)

枕がシワシワですが(笑)、サイズ感としては写真のような感じです。
もう、今すぐにでも眠れてしまえそうな感じですね。
 (30968)

マットと枕のサイズ感はこんな感じですね。
 (30971)

駐車場で撮影したのですが、サイズ感が伝わりますでしょうか。
この駐車場は比較的大きなサイズがゆとりを持って停められるサイズとなっていて、ハイエースがすっぽり収まるくらいのものなのですが、そこに敷いても随分と大きい感じです。
軽自動車も利用可能でしょうけど、少し折りたたんで使用することになるくらいの大きさですね。
先ほどもご紹介しましたが、全長192cm、幅66cmです。
 (30973)

補修用のシールも2つ付いていました。
どこかに引っ掛けてしまったりして、カバーが破けてしまった時に補修するためのシールですね。
こういった気配りもWAQさんが支持されている証拠かもしれません。

WAQの車中泊マットは、買って損しないコスパ最高の良品!

 (30976)

前回のタープテントもそうでしたが、WAQさんのキャンプグッズは非常にコスパが良く、質感も十分で非常におすすめな商品ばかりです。
オンラインショップでも圧倒的に支持されている理由がわかります。
車の中だけで使うのは勿体無いくらい良くできているので、普段の寝床をこれに変えてしまおうかしら?と思うくらいのものでした。
これからお出かけがグッと楽しくなる季節。
ぜひWAQのマットを持参して、長距離ドライブを楽しんでみてはいかがでしょう?
44 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

BOSS BOSS