ボルボ「S60」次期型は次世代テールライトだ!今秋にも登場の可能性。

「S60」次期型について、最新情報を記述していきます。

 (31154)

「S60」次期型の最新情報

ボルボのミドルクラス・4ドアセダン、「S60」次期型に関する最新情報、及びレンダリングCGを入手することができました。製作元は実車を見ているので、ほぼこのデザインが採用されると想定されます。 テールライトは、丸みを帯びた現行デザインから一転、シャープでスピード感のあるデザインとなります。 クワッドエキゾーストパイプを装備し、リアクォーターウィンドゥはキックアップデザインになります。
リアウィンドウは傾斜が強くなり、リアドアからテールライトへ向かうシャープなキャラクターラインにより、かなりスタイリッシュなボディスタイルとなるでしょう。 プラットフォームには、新世代「SPA」(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)が採用されます。
フロントマスクは、ジュネーブモーターショーで初公開された「V60」からデザインを継承すると思われます。 新世代パワートレイン「ドライブE」を搭載、「T5」と「T6」ガソリンエンジン、「D3」と「D4」ディーゼルエンジンが設定されます。また2リットル直列4気筒ツインエンジン+モーターのプラグインハイブリッド「T6」と「T8」も用意し、最高出力は「T6」が340ps、「T8」が390ps、を発揮します。

今後情報

「S60」次期型のワールドプレミアの場となるのは、今秋から年内に行われるモーターショーが有力とされています。
 (31156)

 (31157)

ボルボ「S60」

ボルボカーズが販売するセダンであり、初代はV70の姉妹車として2001年に日本で発売されました。ダイナミズムと美しいスタイリングし、快適性を追求して特別な時間を過ごすことのできる車を目指して、創られました。
S60の特徴はドライビングの素晴らしさで、幅広いラインナップの高効率なDrive-Eパワートレーンは、ガソリンエンジンもクリーンディーゼルエンジンも、効率性の高い、軽量設計の4気筒エンジンとトランスミッションです。
・S60 D4 Track
・S60 T3 Classic
・S60 D4 Classic
・S60 T5 Classic
・S60 D4 R-Design
・S60 T6 AWD R-Design
・S60 Polester
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。