2018年10月17日 更新

スバルXV改良モデル発表「e-BOXER」搭載グレードの”Advance”を追加設定

スバルは11日、「XV」改良モデルを19日に発売することを発表しました。また、マイルドハイブリッドシステムの「e-BOXER」を搭載したグレード「Advance」を追加設定し、新型フォレスターに次ぐ二匹目のどじょうを狙うようです。

スバルXV改良モデル発表「e-BOXER」搭載グレードの”Advance”を追加設定

「e-BOXER」搭載グレードの”Advance”を設定

株式会社SUBARU ニュースリリース (47490)

SUBARU XV:e-BOXER

今回の改良では、スバル独自の、2.0L直噴NA水平対向エンジン+電動化技術=「e-BOXER」を搭載したグレード「Advance」を追加しました。機能に応じてモーターアシストを活用する専用制御を備え、スムーズで軽快な加速感や高い走破性など、スバルXV の走りをさらに愉しいものとなります。

「e-BOXER」のスペック

e-BOXER搭載モデル : ドライビング・燃費 | SUBARU XV | SUBARU (47496)

エンジン:水平対向4気筒2.0L
最高出力kW(PS)/rpm:107(145)/6000
最大トルクN・m(kgf・m)/rpm:188(19.2)/4000
モーター
最高出力kW(PS):10(13.6)
最大トルクN・m(kgf・m):65(6.6)

JC08モード燃料消費率(km/L):19.2
WLTCモード燃料消費率(km/L):15.0
市街地モード(WLTC-L):11.5
郊外モード(WLTC-M):15.5:
高速道路モード(WLTC-H):16.8

XVの車両価格

1.6L:2,138,400~2,268,000円
2.0L:2,505,600~2,700,000円
Advance:2,829,600円

マイルドハイブリッド再登板

株式会社SUBARU ニュースリリース (47491)

この「e-BOXER」は、前モデルで「XV HYBRID」として採用されていたマイルドハイブリッドと基本的には同じもの。一度はフルモデルチェンで消滅したものの、今回再登場となりました。

新型「フォレスター」にも「Advance」として採用されて好評となり、フォレスターが快進撃を続ける立役者となっています。低燃費性能はそこそこに、シンプルなシステムでエンジンをアシストするという、ターボによる過給と同じ効果をもたらすことが、前モデルの時より浸透し始めた結果と思われます。

さらに内外装には「Advance」専用の装備として、先進性や特別感のあるブルー内装や、瑞々しく透明感のあるブルーを表現したボディカラー「ラグーンブルー・パール」を新たに採用しています。

XV「Advance」の主な装備内容

株式会社SUBARU ニュースリリース (47492)

・Advance用LEDハイ&ロービームランプ[光輝プロジェクターリング]
・LEDフロントフォグランプ
・Advance用フロントフォグランプカバー[シルバー金属調]
・フロントグリル[クロムメッキ+シルバー金属調]
・フロントバンパーガード[シルバー塗装]
・Advance用サイドクラッディング[シルバー塗装]
・e-BOXERオーナメント[サイド、リヤ、エンジンカバー]
・ローマウントタイプルーフレール[ブラック塗装]
・マルチインフォメーションディスプレイ付メーター[Advance用]
・アクティブグリルシャッター

安全性能のさらなる向上

SUBARU XV:TVCM「FreeYou.」篇 30秒

一部のグレードを除き、後退時に衝突の可能性がある場合は、警告表示と警報音で、段階的に注意を喚起し、衝突回避または被害を軽減する「後退時自動ブレーキシステム」を標準装備としています。

また、アイサイトセイフティプラス(視角拡張)に、助手席側ドアミラーに装着されたカメラの映像を、マルチファンクションディスプレイに表示し、死角を低減する「サイドビューモニター機能」を追加。

さらに、停車した際、ブレーキペダルから足を離しても停止状態を維持し、信号待ちや渋滞、そして坂道などで、ドライバーの運転負荷を軽減する「オートビークルホールド」も追加されています。

XVの主な改良内容

株式会社SUBARU ニュースリリース (47493)

・後退時自動ブレーキシステム
・サイドビューモニター
・オートビークルホールド追加

まとめ

今回発表された販売計画は月販2,200台。前モデルの発表地には同1,000台であったことと、直近までの販売台数が1,000台を切っていることを考えると、2倍以上の計画はかなり強気にみえます。

しかし、新型フォレスターが月販5千台前後を売り上げていることを考えると、同じSUVで「e-BOXER」を採用すれば売れると判断し、二匹目のどじょうを狙うスバルの戦略は、はたして吉と出るか、それとも・・・
23 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン