2019年6月26日 更新

BMW X3とX4にシリーズ初となるMモデル登場

BMWジャパンは、ミドルクラスのSAVクーペ初のハイ・パフォーマンス・モデル「新型BMW X3 M」と「新型BMW X4 M」を、全国の正規ディーラーにて、23日より受注を開始し、9月以降順次納車を開始することを発表しました。

BMW X3とX4にシリーズ初となるMモデル登場
X4M

X4M

ハイ・パフォーマンスなMモデル

X4M

X4M

新型BMW X3 M / X4 Mは、BMW M社がサーキット走行を想定し開発したハイ・パフォーマンス・モデルであり、新開発の直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、最高出力375kW(510PS)/6,250rpm、最大トルク600Nm/2,600-5,950rpmを実現すると共に、0-100km/h加速は、4.1秒を達成し、ドライブロジック付き8速オートマチック・トランスミッションやインテリジェント4輪駆動システム「BMW M xDrive」、アクティブMディファレンシャルを搭載することで、サーキットでのアグレッシブな走行から一般道における安定した走行を実現しています。

新開発の直列6気筒エンジン

Mの新しいラインアップ新型BMW X3 M / X4 M発表 (62696)

新型の「BMW X3 M」と「BMW X4 M」には、BMW M社が新しく開発した直列6気筒エンジンが搭載されています。燃焼効率が大幅に改善し、2基のターボチャージャー等を組合せ、インテリジェント4WDシステム「BMW M xDrive」や「アクティブMディファレンシャル」、ドライブロジック付き8段ATを採用することで、サーキット走行においても高いパフォーマンスを発揮します。

アグレッシブなスタイル

 (62697)

X3M

X3M

エクステリアでは、BMW X3及びBMW X4をベースに、Mモデルに相応しい極限までアグレッシブかつスポーティなスタイルとなっています。そして、キドニー・グリルはMモデルを象徴するダブル・バーを採用、エクステリア・ミラーは、空力性能を向上させるダブルリッジ・デザインのMミラー、さらにサイド・ギルにはMロゴを装備しています。さらに、Mモデルらしい刺激的なサウンドを響かせる4本の直径100mmのブラック仕様テール・パイプを備えたMスポーツ・エキゾースト・システムを採用しました。

安全機能と運転支援システム

Mの新しいラインアップ新型BMW X3 M / X4 M発表 (62699)

また、新型BMW X3 MとX4 M安全機能・運転支援システム「ドライビング・アシスト・プラス」が標準装備されています。「ドライビング・アシスト・プラス」には、安全をサポートする機能と、高速走行時や渋滞時に安定した走行を継続しやすいようにサポートする機能も装備され、安全性と利便性を向上させています。機能としては、アクティブ・クルーズ・コントロール、レーン・チェンジ・ウォーニングおよびレーン・ディパーチャー・ウォーニング、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ、クロス・トラフィック・ウォーニングが装備されています。

主な車両諸元

X3M

X3M

BMW X3 M メーカー希望小売価格1268万円
全長4,730mm、全幅1,895 mm、全高1,675mm、ホイールベース2,865mm、車両重量2,030kg、車両総重量2,305kg、排気量2,992cc、直列6気筒ガソリン・エンジン、最高出力480PS(353kW)/6,250 rpm、最大トルク600Nm/2,600-5,600rpm。

BMW X3 M Competition  メーカー希望小売価格1368万円
全長4,730mm、全幅1,895 mm、全高1,675mm、ホイールベース2,865mm、車両重量2,030kg、車両総重量2,305kg、排気量2,992cc、直列6気筒ガソリン・エンジン、最高出力510PS(375kW)/6,250 rpm、最大トルク600Nm/2,600-5,950rpm。

BMW X4 M メーカー希望小売価格 1299万円
全長4,760mm、全幅1,925mm、全高1,620mm、ホイールベース2,865mm、車両重量2,030kg、車両総重量2,305kg、排気量2,992cc、直列6気筒ガソリン・エンジン、最高出力480PS(353kW)/6,250 rpm、最大トルク600Nm/2,600-5,600rpm。

BMW X4 M Competition メーカー希望小売価格 1399万円
全長4,760mm、全幅1,925mm、全高1,620mm、ホイールベース2,865mm、車両重量2,030kg、車両総重量2,305kg、排気量2,992cc、直列6気筒ガソリン・エンジン、最高出力510PS(375kW)/6,250 rpm、最大トルク600Nm/2,600-5,950rpm。

まとめ

X4M

X4M

X3とX4に「M」が設定されるのは今回が初めてとなり、待ち望んだユーザーも多いかもしれません。なにしろ Competitionにはサーキット走行も考慮された510psものハイパワーエンジンが搭載されるのですから期待は高いものがあります。ただし、いずれも1300万円の高額車種であることから慎重に検討する必要がありますね。
20 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン