2019年4月30日 更新

スズキのSUVである「SX4 S-CROSS」の仕様変更!安全装備を強化

SX4 S-CROSSは、スズキのクロスオーバーSUVであり、このモデルが安全装備を強化した仕様変更を経て、今月の10日より販売されています。このモデルの紹介と仕様変更の内容を紹介します。

スズキのSUVである「SX4 S-CROSS」の仕様変更!安全装備を強化

SX4 S-CROSSの概要

SX4 S-CROSS スタイリング | スズキ (59532)

SX4 S-CROSSは、スズキが2013年から製造・販売しているクロスオーバーSUVです。現行モデルはSX4時代から通算すると2代目のモデルになり、初代モデルであるSX4は2006年から販売されています。またSX4 S-CROSSは、ハンガリーの子会社であるマジャールスズキ社で生産し、日本では輸入車として販売されています。
街乗りでも、高速道路の走行でも、ラフロードや雪山でもを逞しく走り切る、どのようなシチュエーションでもなじむ優れたモデルになっています。

SX4 S-CROSSの外観

SX4 S-CROSS スタイリング | スズキ (59535)

外観は、フロントグリルが拡大されてフルメッキ化され、縦状のスリットが入る豪華で存在感の強い表情が魅力です。クロスオーバーSUVにふさわしい顔つきで、街中でもその存在感はしっかりと主張してくれます。
車体寸法は、全長4,300mm・全幅1,785mm・全高1,595mmとなっています。

SX4 S-CROSSの内装

運転席周り

SX4 S-CROSS インテリア | スズキ (59539)

運転席周りは、ブラック基調の落ち着いたデザインです。ステアリングと同じ高さにナビが備え付けられ、ピアノブラックの加飾がとても綺麗です。
シンプルでスポーティーなデザインのスピードメーターとタコメーターの中心に、高精細なマルチインフォメーションディスプレイを配置しており、平均燃費や航続可能距離などの切り替え表示に加え、4WD車は「ALLGRIP(オールグリップ)」の走行モードを表示します。
SX4 S-CROSS インテリア | スズキ (59540)

室内空間

SX4 S-CROSS インテリア | スズキ (59543)

徹底的な効率化で実現した広い室内空間が確保されています。特に後席は前後のシート間隔に余裕を持たせることで、ゆったり座れるスペースを確保されています。さらに前席シートバックの形状に工夫を施し、ひざ周りのゆとりを生み出しています。
SX4 S-CROSS インテリア | スズキ (59545)

ラゲッジスペース

SX4 S-CROSS 収納スペース | スズキ (59547)

ゆとりある室内空間を実現しながら、たくさんの荷物を積み込める広々としたラゲッジスペースも確保されています。5名乗車時で最大430Lの大容量を実現しています。またリヤシートを倒せばスペースはさらに拡大し、荷室開口部を広く低くした設計によって、積み下ろしもスムーズに行なうことができます。

SX4 S-CROSSの走行性能

SX4 S-CROSS スタイリング | スズキ (59550)

4WD車には、「電子制御4WDシステム」「4モード走行切替機能」「車両運動協調制御システム」の3つのテクノロジーからなる、スズキ独自の四輪制御システムである「ALLGRIP(オールグリップ)」が搭載されています。優れた走破性と走行安定性を発揮することで、ドライバーにさらなる走りの楽しさと安心感を提供してくれます。

またドライバーの意志で自由に選べる4つのドライビングモードも魅力です。

AUTO MODE:燃費を重視して通常は2WDで走行するエコモードであり、タイヤのスリップを検知すると自動的に4WDへと切り替わり、走行が安定するとふたたび2WDに戻ります。

SPORT MODE:積極的に4WDを使って、直進加速やコーナリングの旋回性を高めます。同じアクセルペダルの踏み込みでもエンジン回転数を高めにキープすることでより力強いトルクを発揮し、パワフルな走りを実現してくれます。さらに、トラクションコントロールの介入を制御することにより、ドライバーの意思に応えるリニアな走りを可能にします。

SNOW MODE:雪道やアイスバーンなどの走行に適したグリップ力重視の走りへと切り替わります。トラクションコントロールを効果的に行ないながら不必要なタイヤの空転を抑え、走行状況に応じて後輪へのトルク配分を変化させることで、走行安定性を高めます。

LOCK MODE:ぬかるみや雪でスタックした際などに、緊急脱出をサポートしてくれるモードです。空転しているタイヤへブレーキをかけ、空転していないタイヤに最大限のトルクを配分して、駆動力を直結に近い状態で固定し、前後輪へ駆動力を最大限に伝えて脱出をサポートします。

これだけのドライビングモードが備わっているので、どのようなシチュエーションでも安定した走行を実現してくれます。

SX4 S-CROSSの仕様変更点

今回の仕様変更点としては、
※ミリ波レーダー方式の衝突被害軽減ブレーキ「レーダーブレーキサポートII」を搭載。
※フロントシートSRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグを装備。
※アダプティブクルーズコントロール(作動速度域は約40km/h~)を装備。
※助手席シートベルトリマインダーを装備。
※エマージェンシーストップシグナルを装備。
※フロント2ツイーター&リヤ2スピーカーを装備。
となっています。
ほぼ安全性能を強化した内容になっているので、より安心してドライブを楽しむことができる仕様に変更されています。

SX4 S-CROSSの価格

価格は、2WD仕様で2,140,560円~、4WD仕様で2,356,560円~となっています。
エンジンはともに1.6L DOHC VVTを搭載しており、変速機は6ATの仕様となっています。
燃費性能はJC08モードで16.2km/L(2WD)・15.2km/L(4WD)となっています。

まとめ

今回はスズキのクロスオーバーSUVであるSX4 S-CROSSの概要と仕様変更点の紹介をしてきました。
これだけの走行性能に加えて安全性能も高まったことで、より安心して楽しいドライブをすることができるモデルへと進化しました。気になられた方は是非一度試乗してみてはいかがでしょうか?
27 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi