MINI初のフルEVモデル、充電中を激写!BMWテクノロジーを移植

MINIの最新情報をお届けします。

最新情報!

MINI初の本格EVモデル「MINI E」(仮称)の最新プロトタイプを、オーストリア・アルプスでカメラが捉えました。
フロント

フロント

サイド

サイド

リア

リア

ベースとなる「MINI Cooper」との違いは、エキゾーストパイプを持たないリアバンパーや、グリスレスとなるフロントマスクと充電口持つことです。 さらに2017年のフランクフルトモーターショーで初公開した「エレクトリックコンセプト」と同タイプのホイール装着していることです。 さらにドアには「Electric Test Vehicle」(電気テスト車両)のステッカーが貼られ、この車が完全エレクトリックであることを疑う余地はないでしょう。 パワートレインは、BMW「i3」EVテクノロジーが移植される見通しです。1度の充電による航続は400kmを目指し開発が進められていると言われていて、急速充電では、約40分で最大80%の充電を完了します。 最高出力170ps、最大トルクは250Nmを発揮、0-100km/h加速は7.3秒のパフォーマンスが予想されています。
室内

室内

今後情報

ワールドプレミは、早くとも2019年後半と伝えられています。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。