2019年5月19日 更新

レクサス RC Fがマイナーチェンジに!スポーツ性能が更にアップ

レース界譲りの性能が特徴的なレクサス RC-Fが、マイナーチェンジを行い、5/13から販売開始になりました。今回の改良で、軽量化・高剛性化・レスポンスアップ等が積極的に施されていそうです。同モデルをご紹介していきます。

レクサス RC Fがマイナーチェンジに!スポーツ性能が更にアップ

レクサス 新型RC Fの概要等

レクサスは、スポーツクーペRC Fをマイナーチェンジして、全国のレクサス店を通じて5月13日に発売開始しています。“F”の称号は、2007年のIS F発売と同時に、「公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しめる」というコンセプトテーマに、レクサス高性能モデルのラインアップとして誕生しました。

”F”モデルは、レクサスのスポーツ性能イメージや、運動性能の進化を先導していました。同社ラインアップの走りを磨き上げるため、“F”モデルはこれからも進化し続けるという信念も見えますね。

今回のマイナーチェンジの概要。
軽量化・空力を中心に改良を施すことで、スポーツ走行をより楽しめる運動性能に仕上げています。また、限界域での走りをさらに極めた、高性能バージョン“Performance package”を新設定させています。

 (60634)

レクサス 新型RC F Performance packageの特徴等

“F”の新たな一章として今回発売した新型(マイナーチェンジ)RC Fは、モデルの特徴である優れたパフォーマンスを絶え間なく進化させることを目的にし、軽量化や空力性能だけでなく、パワートレーン、タイヤ、サスペンションなど、あらゆる点を改良し、常用域での軽快さと限界域における優れた操縦安定性を両立させています。

“F”の高性能と、進化への飽くなき挑戦を体現した“Performance package”は、日本のSUPER GTや米国のデイトナ24時間レースなど、モータースポーツで培った技術を転用し、CFRPの外装部品やカーボンセラミックブレーキ、チタンマフラーなどを装着しています。

アップデートされた素材の採用で、さらなる軽量化を実現しただけでなく、加速性能・空力性能も向上させ、より高い次元の運動性能を可能にしています。内装では、専用のインテリアカラーフレアレッドや専用のオーナメントパネルレッドカーボンを装備し、ドライバーの特別感や高揚感を付加していますね。

外装部品にCFRPを用いたカーボンフロントスポイラー、カーボン大型ロッカーフィン、カーボンエクステリアパーツ(エンジンフード・ルーフ)を積極採用しただけでなく、軽量鍛造アルミホイール(マットブラック塗装)、チタンマフラーをも装着し、軽量化を施しています。

さらに専用装備となるカーボンパーテーションブレース、カーボンセラミックブレーキ、カーボンリヤウィン(固定式) を搭載したことで、従来型比で約70kgの軽量化を実現させています。“Performance package”では、高い運動性能をさらに付加していると言えますね。

また、ディスクローターは、リヤにもフロントと同径の380mmを採用し、さらに高い制動力を与えています。レッドブレーキキャリパー(フロント・リヤ)は、“Performance package”であることを証明した存在ですね。
 (60635)

専用のカーボンリヤウィング(固定式)は、標準仕様に装備されているアクティブリヤウィングよりもハイダウンフォースとロードラッグを可能にした仕様です。高速走行時の安定性と高速域の伸び感を更に追求するためにディテールされています。
 (60636)

レクサス 新型RC Fパワートレイン等の改良点

スポーツ走行をより楽しめる運動性能ってどんな改良をしたの?

運動性能向上を高めるために、車両重量の低減を全体的に行ったようです。従来型ベースモデル比は、約20kgの軽量化を施しました。タイヤは、レスポンスに優れたハンドリングと限界領域でのコントロール性向上をさらに与えるために、トレッドパターンやコンパウンド材質まで新開発し装着しています。

エンジンマウント、サスペンションメンバーブッシュ、ステアリングラックブッシュなどの剛性を向上させ、サーキット走行などにおいても優れた操縦安定性を追及してます。“F”の自然吸気エンジンは、リニアな加速フィーリングがさらに際立つように、エンジン出力向上、エアクリーナ-デザイン変更による吸気性能向上が図られて、スロットル制御の改良によりアクセルレスポンスも向上させてます。

ディファレンシャルギアは、ローギヤ化することで、サーキット走行におけるアクセル操作での車両コントロール性をアップさせた仕様です。街乗りの際にも、走りだしに軽快な走りを感じることができますね。

前後のホイールハウスには、エアアウトレットを設置することでホイールハウス内に溜まった空気の圧力を低減しています。最適なコーナリング姿勢やステアリングの応答性向上アップを目的にした仕様ですね。エンジントルクを制御し、発進時のタイヤ空転を防ぐローンチコントロールも搭載し、スポーツ走行における鋭いスタートダッシュを体感できるとの事です。
 (60638)

RC Fラインアップ
①“Performance package” 2UR-GSE(5.0ℓV型8気筒) 8-Speed SPDS 2WD(FR) 14,040,000円
②“Carbon Exterior package” 2UR-GSE(5.0ℓV型8気筒) 8-Speed SPDS 2WD(FR) 10,996,364円
③”BASE MODEL” 2UR-GSE(5.0ℓV型8気筒) 8-Speed SPDS 2WD(FR) 10,210,909円

まとめ

公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しむ為に進化し続けるRC-Fは、さらなる走行性能アップを施して登場しています。軽量化に、剛性アップ、各部のアップデートを行い販売開始となりました。同モデルは、レース界からフィードバックしたデザインや素材をふんだんに使用しているモデルです。

マイナーチェンジモデルの販売動向が、今後気になるところです。公道でマイナーチェンジモデルが、走り始めるのを楽しみにしたいと思います。
14 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me