2018年7月2日 更新

エストニアのスタートアップが目指す、「早い」電気三輪自動車とは?

バルト三国の一つ、エストニア。ITに関して先進的な試みを行っている国として、日本でも知られていますが、その対象ジャンルは自動車にも及んでいるようです。Nobeという電気自動車を、地元のスタートアップが制作。しかも、どことなくレトロな三輪自動車に仕立て上げているのです。

エストニアのスタートアップが目指す、「早い」電気三輪自動車とは?

クラウドファンディングで注文予約を受付中

INVEST IN NOBE CARS

Nobeというのは、エストニア語で「早い」という意味を持つそうです。公式アカウントでは、「現在、注文予約や投資を募集しております。アンバサダーになって下さい」とキャンペーン中です。

同国の情報サイト「エストニアン・ワールド」の記事(2018年6月28日付け)によりますと、開発元のNobe社では「スタイリッシュで素晴らしく、持続可能な電気自動車を作りだすことで、世間の皆様の運転習慣に対する考えを変えたい」と意気軒昂。なお、首都のタリンに本社があるそうです。

同社を後押ししているのは、国際的な起業家として知られるローマン・ムジャール氏。「電気自動三輪車は、英国やドイツでも開発されているが、もっと未来を感じさせられるものが欲しかった。すると、エストニアで驚くべきことが起きていると知った。若いエンジニアやリサーチャーが激務を重ね、未来的な電気自動車を作り出そうとしているのを知り、じゃあ自分が一から作る必要が無いと悟ったのだ」と、その理由を語っています。

イノベーションの秘密はバッテリーに

なお、こうした軽量型の電気自動車はLEV( Light Electric Vehicle)と呼ばれており、今後については「大手が先行しているかもしれないが、私はエストニアのNobeが電気三輪自動車で一番乗りすると、自信を持っているよ」(ムジャール氏)としています。

気になるスペックですが、航続距離は220キロ。最高速度は110キロで、エンジンは中国製。バッテリーは、エストニア製だそうです。

同社によると、このバッテリーをデュアル・システムにしたのがイノベーション上で特筆すべきことだとしています。メインのバッテリーはエンジンの駆動用に、そして、サブのバッテリーはライトや社内の冷暖房、通信などのサポートシステムに、それぞれ電力を供給します。 しかも小さい。ブリーフケースほどのサイズで、工具なしで取り外しが可能。通常の電源コンセントで充電出来るとしています。

また、あらゆる運転状況でドライバーの安全を確保するために、全輪駆動システムが標準で装備されています。 なお、椅子の革は手縫いで作られているとのことです。

まとめ:あの「アングリーバード」を大成功させた起業家も顧問に!

そんなサイトで注目されるのは、モバイルゲームとして累計25億以上(数字は2015年時点。ウィキペディア日本語版を出典)のダウンロードを記録するなど、世界的に大ヒットとなった「アングリーバード」を成功させたフィンランドの起業家であるピーター・ヴェスターバック氏が、同社のマーケティング兼ブランドアドバイザーに就任しているということでしょう。「我々の更なる成功に力を貸してくれるだろう」と、興奮した筆致で発表しています。

そのヴェスターバック氏ですが、Inc42というスタートアップ企業情報サイトの記事(2018年6月27日付け)によりますと、Nobeのような北欧のスタートアップ企業とインドを結びつけたいという構想をお持ちなのだとか。サイトの取材に対し、インドには優秀な人材が多数存在しており、テクノロジーの発達などによって自国に戻って頑張る人材が増えつつあるとしています。「かつての中国がそうだった。欧米で学び、本国で起業する人が続出した。それと同じことがインドでも起きようとしている」(ヴェスターバック氏)。

そうしたインドに対して、北欧のスタートアップとの相互連携を図れば、エコシステムの発達に繋がるだろうと説きます。また、欧州への積極進出も薦めています。既にフィンランドの首都のヘルシンキには、多くの中国のスタートアップ企業が現地事務所を構えていると指摘しています。

「我々は素晴らしいことを叶えられるだろう。インドと北欧、そしてインドと欧州の間で、成すべきことはたくさんある。あらゆるレベルで、そうすべきだと言える」と御本人。

世界的な大ヒットを仕掛けて成功させた人による、途轍も無い構想をお持ちのようですね。同社の顧問として、今後どんな仕掛けをしていくかが要注目でしょう。

出典:
http://estonianworld.com/technology/estonian-startup-produces-three-wheel-electric-vehicles/
https://www.mynobe.com/
https://ja.wikipedia.org/wiki/Angry_Birds
https://inc42.com/buzz/peter-vesterbacka-believes-indian-and-nordic-startups-can-do-amazing-things-together/
7 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takosaburou373 takosaburou373