2018年12月28日 更新

マツダ、SUVルックの「フレアワゴン・タフスタイル」を発売

マツダは、スズキ・スペーシアのOEM供給車両であるフレアアワゴンに、新機種「フレアワゴン・タフスタイル」を追加設定するとともに一部改良し、12月26日に発売しました。タフスタイルの価格は1,636,200円からとなっています。

マツダ、SUVルックの「フレアワゴン・タフスタイル」を発売

「スペーシアギア」同様にSUVらしいエクステリア

【MAZDA】エクステリア|フレアワゴン (53446)

「タフスタイル」は、OEM元のベース車である「スペーシアギア」同様に、丸型のLEDヘッドランプや、ガンメタリック塗装のフロント&リアバンパー、サイドガーニッシュ、ブラック塗装のルーフレール、アルミホイール等の採用によりSUVのような力強さを表しています。

遊び心満載のインテリア

【MAZDA】マツダ フレアワゴン「タフスタイル」を発売|ニュースリリース (53447)

【MAZDA】マツダ フレアワゴン「タフスタイル」を発売|ニュースリリース (53451)

また、インテリアでは、オレンジ色のメーターリングやシートステッチ、工具箱をモチーフとした専用デザインの助手席アッパーボックスなどで、タフでアクティブな中にも遊び心の感じられる空間を表現しています。さらに、撥水加工されたシート表皮や、防汚仕様のラゲッジフロアを設定しています。

安全装備も充実

【MAZDA】マツダ フレアワゴン「タフスタイル」を発売|ニュースリリース (53448)

さらに、「全方位モニター用カメラパッケージ」を、上級機種の「タフスタイル HYBRID XT」「カスタムスタイル HYBRID XT/XS」に設定。純正ナビゲーションシステムとのセット装着により、車両周囲の死角を映像で確認できるようになるほか、マツダの軽自動車で初採用となる「全方位モニター3Dビュー機能」「フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ」「標識認識機能(進入禁止)」が使用可能となり、安心・安全な運転環境を強化しています。

スペーシアギアとの違い

【MAZDA】マツダ フレアワゴン「タフスタイル」を発売|ニュースリリース (53449)

「タフスタイル HYBRID XT」は「スペーシアギアHYBRID XZターボ」でオプション設定となっている「全方位モニター用カメラパッケージ」が標準装備され、ボディカラーはモノトーンが共通色の「ピュアホワイトパール」のみ、さらに、「タフスタイル」専用のガンメタリックルーフ仕様の2トーンカラーは「HYBRID XG」「HYBRID XS」に設定されている「オフブルーメタリック」、従来フレアワゴンでは設定されていなかった「アクティブイエロー」と「ツールグリーンパールメタリック」の3色のみが設定されるという違いがあります。

フレアワゴンの車両価格

【MAZDA】マツダ フレアワゴン「タフスタイル」を発売|ニュースリリース (53450)

フレアワゴン:1,333,800円~1,589,760円
フレアワゴン・タフスタイル」:1,636,200円~1,919,160円
フレアワゴン・カスタムスタイル:1,576,800円~1,992,600円

新機種「タフスタイル」の主な装備

【MAZDA】マツダ フレアワゴン「タフスタイル」を発売|ニュースリリース (53452)

・専用の2トーンカラー3色を含む、全4色のボディカラーバリエーションを設定
・ブラック塗装のルーフレール
・ハーフキャップ+アルミホイール(14インチ)
・ガンメタリック塗装のフロント&リアバンパー
・フロントヘッドランプベゼル
・アウタードアハンドル
・サイドアンダーガーニッシュ
・専用LEDヘッドランプ/ポジショニングランプ/フロントフォグランプ
・専用デザイン助手席アッパーボックス/インパネカラーパネル
・オレンジの加飾メーターリング/エアコンルーバーリング
・撥水加工専用ファブリックシート表皮(オレンジ色ステッチ)
・樹脂製シートバック/ラゲッジボード
・防汚仕様のラゲッジフロア
・メッシュタイプ助手席シートバック
・運転席と助手席シートヒーター
・パドルシフト、クルーズコントロール、全方位モニター用カメラパッケージ
(タフスタイル HYBRID XT)

そのほかの「マツダ フレアワゴン」変更内容

【MAZDA】マツダ フレアワゴン「タフスタイル」を発売|ニュースリリース (53453)

・全方位モニター用カメラパッケージ
(タフスタイル HYBRID XT/カスタムスタイル HYBRID XT)にメーカーオプション設定
・フレアワゴン用「全方位モニター用カメラパッケージ」に「全方位モニター3Dビュー機能」「フロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイ」「標識認識機能(進入禁止)」を設定

まとめ

【MAZDA】マツダ フレアワゴン「タフスタイル」を発売|ニュースリリース (53454)

スズキの人気車種をOEMで販売するマツダの軽自動車フレアシリーズですが、軽自動車の中でもっとも人気がある軽ハイトールワゴンの「フレアワゴン」でも、月間販売台数は千台前後。シリーズ合計でも1500台ほどです。今回の新機種「タフスタイル」は、スズキのベース車「スペーシアギア」が大評判となり、人気グレードになりそうですが、「フレアワゴン」ではどのくらいのインパクトがあるのか。ショールームにあるとかなり目立つモデルですから、集客の役には立つかもしれませんが。
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン