スズキの軽自動車を選ぶなら!

近年、軽自動車を町でよく見るようになり、「人気が出ている」「普通自動車みたい!」などの言葉を耳にするかと思います。 今の軽自動車は、見た目だけでは区別がつかないほどのデザイン性や性能が優れてきています。 そこで今回は、もしあなたが軽自動車を買うなら、これにしよう!とすぐ決断できるようなスズキの軽自動車の魅力を、ご紹介していきたいと思います。(標準車の燃費を基準にしております)

「ワゴンR」 33.0km/L

スズキ ワゴンR (37577)

まず、デザイン性と燃費が良く、使い勝手も良い軽自動車と言えばこの車です。
この車には、低燃費技術「S-エネチャージ」が搭載されていて、燃費は33.0km/Lという高数値を出しています。
スズキ ワゴンR (37580)

また、新アイドリングストップシステムの搭載により、減速時にブレーキを踏んで約13km/h以下になると自動でエンジンを停止します。そして、アイドリングストップを開始するタイミングやエンジンの再始動のタイミングを3つのモードから選ぶ機能が付くなどの、エコ重視の車が販売されたと言えます。
スズキ ワゴンR (37583)

そして、この車には「助手席シートアンダーボックス」という特殊な収納スペースも付いています。このスペースによって手軽に荷物を助手席に置ける作りになっています。ブレーキをかけても荷物がイスから落ちる心配はしなくて良いという安心感を持つことができます。
スズキ ワゴンR (37587)

基本性能、走行性能、デザインにおいて満足する機能を持ち合わせた軽自動車と言えるので、迷ったらこの車の購入を検討してみることも良いと思います。

「ハスラー」 32km/L

スズキ ハスラー (37590)

この車は、一度みたら印象に残ってしまうような個性的なデザインと言えます。
クラシカルなデザインを持つこの車は、アウトドアにはもちろん、幅広いシーンで活躍できることは間違いない楽しい車であると思います。
スズキ ハスラー (37591)

また、低燃費技術「sエネチャージ」も搭載されているので、燃費にも優しい車です。
さらに、エネルギーの使用状況がひと目で分かる「エネルギーフローインジゲーター」や平均燃費や抗続可能距離、タコメーターなどを表示し、イグニッションのON/OFF時にはオリジナルの専用アニメーションを表示するなどの遊び心を求めた機能も付いています。
スズキ ハスラー (37593)

室内のカラーもボディーカラーとマッチングさせることができるので、デザインだけでも充分に楽しむことができる個性的な車です。
個性を求める車を買うならこの車を選択肢に入れないことは少ないかと思います。
スズキ ハスラー (37595)

「スペーシア」 30km/L

スペーシア カラー・価格・装備・諸元|スズキ (37597)

この車は、スーパーハイトタイプの軽自動車で、良く耳したり見かけたことがあるかと思います。他の軽自動車に比べて、後ろのライトの位置が窓ガラスと平行になっているのが特徴です。
スペーシア スタイリング | スズキ (37599)

この車は他の軽自動車に比べて若干車体が大きいのです。車体が大きい場合や排気量の多い車は燃費に弱いですが、この車の燃費は32km/Lという高数値を出しているので、燃費においての心配は無いと言っても良い程です。ワゴンRと同じくらいハイブリッドに特化している環境に優しい車です。
スペーシア 収納スペース | スズキ (37601)

出費を抑えたいと考えている方や、子育て中の方には相性が良いシンプル・イズ・ベストな軽自動車です。

「アルト」 37km/L

スズキ アルト (37604)

この車は、セダンタイプの軽自動車で、アクティブなイメージを持たせるようなデザインを出している個性的な車です。キリッとしたような眼のライトもその特徴です。
また、アイドリングストップ機能も搭載しており、燃費に優しく、時速5km/h以下になるとアイドリングストップはしなくなります。駐車での切り替えには気軽にでき、渋滞中の道路ではアイドリングストップしにくいです。
スズキ アルト (37608)

この車の凄いところは、軽量であり、700kg以下という驚きの数値を出しています。
最近の軽自動車では1000kgが通常であるのに対して、この車は700kgという軽量に加えてとても頑丈な作りになっている優秀な軽自動車なのです。
更に燃費も37km/Lというとても高い数値を出していることから、燃費の高い軽自動車の購入にこだわるならこの車を思い浮かべるのは必然と言えてしまう程です。
また、ロングホイールベースでありながら、軽セダントップの最小回転半径が4.2mを実現したという記録もあり、運転はとてもしやすいです。
スズキ アルト (37612)

スポーツカーの様な雰囲気を漂わせいるそのイメージは、若い方には噂になるほど垢抜けしている個性的な車です。この車でマニュアルを乗ってみるのも面白いと思います。
燃費がよく、カッコ良さを求めてかつ基本性能に優れた軽自動車を買うならこの車で決定しても良いと思います。

まとめ

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。この記事を読んでみて「スズキの車が欲しい!」「結構知らないことあったな〜。」などと感じていただければとても嬉しいです。また、他の車種の基本性能や走行性能なども、この記事を参考にして比較してみるのも面白いと思います。
あなたにとって、最高の車を手に入れる決めてになっていただければ幸いです。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。