2018年11月13日 更新

世界初の四色発光自動車用LEDランプ、キックスターターで開発の出資呼びかけ

家の中では今やデフォルトとなったLEDですが、自動車の世界では課題が多そう。日本のレビューサイトでは「暗くないか?」などの意見も見受けられます。一方、海外では「すぐにオーバーヒートするし、色にバリエーションがない」との不満があるそうで、このほどBosllaという企業が四色を発する自動車用LEDランプの開発に乗り出しました。キックスターターを使って出資者を募っているそうです。

世界初の四色発光自動車用LEDランプ、キックスターターで開発の出資呼びかけ

様々な気象条件に対応して、色分けの照射が出来る優れもの

The World First 4 Colors Car LED Headlight Bulb - BOSLLA Bullet Series

YouTubeの同社の公式チャンネルより
プレス・レリースサイトのBUSINESS WIREで、2018年10月30日に配信された記事を見て見ましょう。

Bosllaでは、世界初の自動車向け四色LEDランプを30日付けで発表しました。Boslla Bullet Headlight Bulbsという名前で、拙く訳すなら「Boslla弾丸ヘッドライトランプ」となりましょうか。いかなる天候や緊急事態でも照らし出すだけでなく、安全かつ夜の運転体験を提供していくとしています。

このランプによって、マーケットでリードする存在になりたいというのが、同社の願いなのだとか。こうしたLED電球はあるものの、課題があります。「大半は、パワフルな明るさではあるが、すぐにオーバーヒートしてしまう。クォリティが高くないし、耐久性に欠ける。その上、多くは一色だし、多様性が無い。車のオーナーにとって色や明るさのオプションが存在しない」(同社の開発担当者で、クラウドファンディング・キャンペーンを行っているダニ氏)。

ならば、との思いから開発をスタート。白色、ニュートラル・ホワイトカラー、黄色、それとフラッシュライト機能。だから、四色では無く、厳密には三色になるのでよう。別段、おしゃれを目的にしているのではなく、気象条件に応じたもの。例えば、白色なら、はっきりと路面を見ながら晴れた日に運転するのに役立ちます。一方、ニュートラル・ホワイトカラーは、大雪の上を運転するのにうってつけ。黄色は極端な雨や霧の中でも安全に運転できます。 警告の際に点滅する色は、緊急時のサインとなるといった具合です。

なお、電子機器の世界には、防塵および防水の性能水準を示す「IPコード」というのがありますが、このコードの中で最も水準が高いとされるのがIP67。このランプも、67に格付けされているのだそうです。これによって南極のマイナス34度から、サハラ砂漠の摂氏90度といった極限の天候でも機能するとしています。

既存のランプより70%以上も明るく、オーバーヒートも克服

同社のHPから

同社のHPから

ちなみに、装着には10分ほどで済むとのこと。ハロゲンランプ並みの簡単さだとしています。色の変更はスイッチのオンオフで出来るそうで、「ユーザーフレンドリーで、全ての車にフィットします」(同社)としています。
さて、気になるランプの明るさはどうなのか。デジタル・ジャーナルというサイトの記事(2018年10月31日付け)によると、点灯したての電力が30ワット。その後は27ワット。現在マーケットに出回っている同種のランプよりも70%以上の明るさだとのことです。

また、耐久性を持たせるべく、毎分8500回転する内蔵の放熱ファンによって、この種のランプでの標準的な冷却速度と比べ、2倍なのだそうです。これによって、過熱という問題が克服されたとしています。電球のヒートシンクそのものが、標準のヘッドライト電球よりも60%冷たい航空機用アルミニウムから作られており、5万時間以上使えるとのことです

まとめ:出資額に応じて、ランプの購入価格を割引サービス

さて、キックスターターでのキャンペーンは既にスタート。ランプの低下は139ドルなのだそうですから、出資額によって割引きしていきます。例えば、49ドルなら65%引き(ワンセット)、 89ドルだと、2セット(278ドル)を68%引き。419ドルなら、10セット(1390ドル)を70%引き。3999ドルなら、100セット(1万3900ドル)を71%引きというのが料金表です。

使える時間の長さを考えると、100セットとか一生かかっても使い切れなさそう。メルカリかヤフオクで転売しますか。

出典:
12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takosaburou373 takosaburou373