2019年10月30日 更新

質実剛健ジャーマンミニバン!シャランTDIはすごい!

おそらくディーゼル不正問題の影響かと思いますが、今になってようやくフォルクスワーゲンの日本でのラインナップにディーゼルモデルが設定されるようになりました。国産メーカーとは違い、昔から途切れる事なくディーゼルエンジンを作り続けているため、技術レベルの高さは侮れません。どのような性格のクルマに仕上がったか見てみましょう。

質実剛健ジャーマンミニバン!シャランTDIはすごい!

どんなクルマ?

Sharan | MPV | フォルクスワーゲン公式 (68422)

シャランの初代モデルは、1995年にヨーロッパで発売され、1997年に日本でも発売されましたが、人気がさほど出なかったようで1999年には国内での販売を終了しました。

走りの良さは一部で話題になりましたが、なにぶんオデッセイがデビューして少し経ったあたりだったため、そちらの方に一般ユーザーの人気が集中していたようです。

現行モデルは2011年に発売されました。搭載されるエンジンは今回紹介するTDI以外は全モデルが1.4Lの直4ターボ+スーパチャージャーで、少ない排気量にも関わらず1.8t超のボディを引っ張る150ps、24.5kg-mのパワーを発揮していました。

2015年に大きなマイナーチェンジが行われ、各種先進安全装備の標準化や搭載されるエンジンの変更、エントリーグレード「トレンドライン」の設定が行われました。

初代と同じく国産ミニバンの影に隠れがちですが、走りの楽しさや質感の高さには定評のあるクルマです。

スペック

Sharan | MPV | フォルクスワーゲン公式 (68423)

全長×全幅×全高:4,855mm×1,910mm×1,765mm
ホイールベース:2,920mm
最小回転半径:5.8m
車両重量:1,900kg
エンジン:DLU型 直列4気筒16Vディーゼルターボ
総排気量:1,968cc
出力:177ps/3,500~4,000rpm 38.8kg-m/1,750~3,250rpm
燃料タンク容量:73L
トランスミッション:6速AT(DSG)
駆動形式:FF
サスペンション:前マクファーソンストラット、後4リンク
ブレーキ:前ベンチレーテッドディスク、後ディスク
タイヤサイズ:225/50R17

シャランは国産ミニバンと違いデザインが質素なため、写真で見るとそこまでの大きさは感じません。

しかし、全長約4.8m、全幅役1.9mと、けっこう大柄なボディの持ち主です。全幅はアルファード・ヴェルファイアよりも60mm程広くなっています。

窓の面積が広く、死角が少ないので割と運転しやすいのですが、狭い路地や駐車場などではボディサイズが少し気になるかもしれません。

それから車重は1.9tと、ゴルフよりも500kg程重くなっているためか、同じエンジンでも27馬力増しとなっています。

出力特性は最近のディーゼルのトレンド通りで、低~中回転域でフラットトルクを実現しており、高速巡行では大きな武器になりそうです。

走りの性能

Sharan | MPV | フォルクスワーゲン公式 (68424)

エンジンの静粛性はさほど高くなく、不快な音ではありませんがディーゼル特有のエンジンノイズは車内外どちらにも響きます。

低速からトルクが出るセッティングにはなっていますが、1~3速のギア比がややワイドなため出足の俊敏さはありません。

そのため、信号のゼロスタートを繰り返すようなシチュエーションでは、走りは軽快とは言えません。

ですが、高速道路にステージを移すと印象がガラッと変わります。100km/h巡行時の回転数は1,700rpm少々で、ちょうどピークトルクを発生し始める回転数にあたります。

市街地とは違い、リラックスして長距離移動を楽しむことができます。ワイドなギア比のおかげで、燃費向上も期待できます。

足回りの味付けの印象はとにかく「安定感」を感じさせるもので、こちらも長距離ドライブに向いたものです。

どのような使い方が合う?
言うまでもありませんが、このクルマは長距離移動が多い方に特にオススメです。アウトバーンで鍛えられたトルクフルなディーゼルエンジンとワイドなギア比のトランスミッションのおかげで、長距離移動はとても快適です。

反対に、市街地の移動がメインという方にはあまりオススメできません。そのようなシチュエーションが多い場合は、ダウンサイジングターボのガソリンモデルの方がマッチします。

まとめ

Sharan | MPV | フォルクスワーゲン公式 (68425)

シャランTDIは、アウトバーンで鍛えられた長距離巡行が得意なミニバンでした。

エクステリアもインテリアもデザインはシンプルですが、メカニズムはとても凝ったものです。

ミニバンが欲しいけど顔つきばかり勇ましい国産ミニバンにうんざりしている方には、このシャランTDIはとてもオススメです!
12 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミナト自動車㈲ ミナト自動車㈲