2019年7月17日 更新

ルノー ルーテシアから、特別限定となるアイコニックが設定

ルノーは、ルーテシアの特別限定モデルとなるアイコニックを7/11から販売開始しました。同モデルは、専用エクステリアカラーに、エクステリア同色パーツをあしらった内装に仕上げていそうです。同モデルをご紹介します。

ルノー ルーテシアから、特別限定となるアイコニックが設定

ルノー ルーテシア特別限定アイコニックのエクステリア等

ルノーは、ルーテシアの限定モデルとなるアイコニックを2019年7月11日より40台限定で販売開始しました。価格は2,372,400円です(消費税込み)。

フランスで最も親しまれている車が、ルノー ルーテシア(欧州名 クリオ)です。ルーテシア アイコニックは、5ドアモデルでありながらクーペのように流麗なデザインに仕上げています。ロングドライブとなっても楽しく快適な走行性能を特徴としたモデルです。本国フランスでは、2018年販売台数1位に輝く、高評価となっていますね。

限定モデルのコンセプトは、情熱的な赤、ルージュ フラムを復刻しているのがポイントです。フランス国内販売台数ナンバー1を誇る、フランスで最も売れた(2018年)クルマ、 ルーテシアで特別限定モデル設定して、特別感をさらに表現したかったのでしょう。

開発当初のコンセプトカーDeZirに起用された、ルーテシアのコンセプト「LOVE」に由来する情熱的な赤、ルージュ フラム メタリックカラーが復刻起用されています。そのエレガントな姿は街並みに映える、フレンチエレガンスを身に纏った一台と言えますね。
 (63485)

ルノー ルーテシア特別限定アイコニックの特別装備等

特別装備内容は
①ノワール/ルージュ インテリア+ルージュエアコンベゼルを装備しています。
②ICONIC専用バッジを採用しています。
③ボディ同色シャークアンテナを装備しています。
④ルージュエアコンベゼルを採用しています。

主要装備
・フルLEDヘッドランプ(シーミーホーム機能付)
・コーナリングランプ機能付LEDフロントフォグランプ
・ボディ同色ドアミラー
・リアスポイラー
・オートライト
・フロント雨滴感応式オートワイパー
・スピードリミッター&クルーズコントロール
・ストップ&スタート機能
・バックソナー
・ヒルスタートアシスト
・エナジースマートマネジメント
・ECOモード
・7インチタッチスクリーン(AM・FMラジオ/USB/Bluetooth® 機能)
・スマートフォンミラーリング機能
・防塵フィルター付オートエアコン
・ESC(横滑り防止装置)
・前席エアバッグ
・前席頭部保護機能付サイドエアバッグ

ベースモデルは、ルノー ルーテシア インテンスです。このグレードは、日本国内導入モデルの中では上位モデルになりますね。ベースモデルの装備に、さらに専用装備を施しています。ベースモデルの価格が、2,340,000円ですので、専用エクステリアカラーに専用装備であればお買い得とも言えますね。
 (63484)

ルノー ルーテシア特別限定アイコニックのパワートレイン等

ハンドル 右
全長×全幅×全高(mm)=4,095×1,750×1,445
エンジンタイプ ターボチャージャー付 筒内直接噴射 直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量 1.197L
最高出力 118ps/5,000rpm
最大トルク20.9kgm/2,000rpm
トランスミッション 6速EDC(エフィシエント デュアル クラッチ)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン

1200cc直噴ターボエンジンは、2000ccエンジンに匹敵するトルクを特徴とした、レスポンスよく軽快に回転するエンジンが魅力ですね。滑らかな加速と力強い走りを楽しめるパワーユニットということでしょう。
 (63604)

ルノー ルーテシアってどんな車?

現行型のルノー ルーテシアのエクステリアは?
美しいものをこよなく愛する国フランスでは、人々は美しいものに囲まれて、優美さを感じるセンスを身につけているそうです。同モデルは、どの世代モデルも歴史あふれる美しい街並みにも映えるデザインになるように仕上げています。現行ルーテシア(欧州名 クリオ)は、一目でそれとわかる艶のあるデザインでフランス人の心をひきつける存在ということですね

同モデルは、ひと目で恋に落ちるクルマというコンセプトで生み出されたディテールに仕上げています。他に比べるものがないほど優美にすることと、先進的な表情のヘッドランプ・シグネチャーとフロントマスクが特徴ですね。

ルノー ルーテシアのディテールは、5ドアでありながら優美なクーペフォルムとなっています。LEDヘッドランプと17インチ ブラック・ダイヤモンドカットのアロイホイールが、足元をスポーティに引き締めるデザインです。
 (63489)

現行ルノー ルーテシアの内装は?
美しさ+合理性が融け合う内装空間に仕上げています。快適な室内に、機能的にデザインされた空間を特徴としています。各装備は、移動をより快適な時間とするための創意工夫にあふれた装備の数々です。現代感覚と人間工学がミックスされたインテリアが、ルノー ルーテシアということですね。

ルノー ルーテシアのワンポイント歴史
ヨーロッパや諸外国では、ルノークリオというモデル名で販売されています。日本では、ルーテシアというモデル名ですが、これは、ホンダがクリオという国内商標登録を行っていることから、モデル名を変更したとされています。

日本へのルーテシアの正式導入は、2000年の2代目モデルから行われています。3代目・4代目(現行型)モデルも日本に導入され、ルノージャパンから販売されています。
 (63490)

まとめ

ルノーが、ルーテシアで特別限定モデルを販売開始しました。エクステリアでは、専用カラーのルージュ フラムメタリックを採用し、内装でも各パーツに同カラーを散りばめたモデルです。ベースモデルのインテンスから32,400円アップでこの特別装備内容は、お買い得と言えますね。限定40台ですので、お気になった方はお早めに店頭へ行ってみては如何でしょうか。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me