2018年9月22日 更新

ジャガー「XJ」2019年モデルを9月21日(金)より受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、「XJ」2019年モデルと、デビュー50周年を記念した特別モデル「XJ50」、「XJ SPORT & LUXURY」の受注を21日より全国の正規販売ディーラーにて開始します。

ジャガー「XJ」2019年モデルを9月21日(金)より受注開始

「XJ」は今年で誕生50周年

Jaguar Land Rover Japan Media Centre (43831)

Jaguar Land Rover Japan Media Centre (43818)

1968年に登場し、現在8代目となるフラッグシップ・サルーン「XJ」の2019年モデルは、自動緊急ブレーキを標準装備するなど安全性をさらに高めるとともに、誕生50周年を記念して2019年モデル限定のグレード「XJ50」と、20台限定の特別仕様車「XJ SPORT & LUXURY」を新たに追加しました。価格は11,49万円から12,58万円となっています。

2019年モデルの「XJ50」では、「XJ PREMIUM LUXURY」をベース車両にして、最上級グレードである「XJ AUTOBIOGRAPHY」と同じ形状のフロント/リアバンパーとなりスポーツ性とラグジュアリー性を高めています。
Jaguar Land Rover Japan Media Centre (43820)

また、ボディカラーカラーはフジホワイト、サントリーニブラック、ロワールブルー、ロッセロレッドの4色を展開し、インテリアには、18ウェイシート、ヒーター、クーラー、マッサージ機能が付いたダイヤモンドカットのソフトグレイン・レザーシートやアノダイズ加工を施したギアシフトパドルやブライトメタルペダルなど、本モデル限定の特別装備を搭載しています。

また、リアとサイドベント、センターアームレスト、イルミネーション付トレッドプレートに「XJ50」専用バッジを配するなど、記念モデルであることを印象づけ、より一層ラグジュアリーな車両に仕上げています。

50周年記念特別モデル「XJ50」、「XJ SPORT & LUXURY」

Jaguar Land Rover Japan Media Centre (43823)

Jaguar Land Rover Japan Media Centre (43830)

20台限定の特別仕様車「XJ SPORT & LUXURY」は、「XJ」の魅力を幅広く訴求するべくベース車両の「XJ R-SPORT」に、ファラロン・ブラックのエクステリアと、アイボリーを基調としたインテリアを採用。レーンデパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告)、レーンキープ・アシスト、ドライバー・コンディション・モニターなどを標準装備し安全機能を充実させているほか、リモートプレミアム、InControlアプリ、Wi-Fiホットスポットの機能が全て備わったコネクトプロを搭載して利便性を高めています。

また、これら様々な装備を追加しながら、ベース車「XJ R-SPORT」の車両本体価格よりも抑えた12,58万円という設定になっています。

「XJ SPORT & LUXURY」(限定20台)の特別装備

Jaguar Land Rover Japan Media Centre (43826)

・ファラロン・ブラックのエクステリア・カラー
・アイボリーを基調としたインテリア
・LEDヘッドライト
・360度カメラおよびパークディスタンス・コントロール
・ブラインド・スポットアシスト
・パークアシスト
・コネクトプロ(リモートプレミアム、InControlアプリ、Wi-Fiホットスポット)

・ボディカラーカラー(全14色)
フジホワイト、ナルヴィックブラック、サントリーニブラック、ユーロンホワイト、インダスシルバー、コリスグレー、ロワールブルー、ロッセロレッド、ブリティッシュレーシンググリーン、フィレンチェレッド、ファラロン・ブラック、カルパチアングレー、サテンコリスグレー(XJR575のみ)、ヴェロシティブルー(XJR575のみ)

まとめ

ジャガーXJといえばエントリーモデルでも1,000万円オーバーのフラッグシップサルーン。その豪華な仕様とともに、オールアルミニウムボディや、最高で最高出力575PSを発生する5.0LのV型8気筒スーパーチャージド・エンジンなどの最先端の技術を併せ持つ、真の高級サルーンです。

その高級感は、まずは実車を見なければなかなか想像つきませんが、一度見たら虜になりそうですが二度目に見る前に買えない事実に肩を落とすことになるでしょう。
15 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン