2019年9月5日 更新

BMW 新型1シリーズが登場、FRからFFに進化!

BMWは、8/29から新型1シリーズの販売を開始しました。新デザインに、新シャーシ+パワートレイン(FF)に設計したことで、車内空間も大幅に拡大してそうです。同モデルをご紹介します。

BMW 新型1シリーズが登場、FRからFFに進化!

BMW 新型1シリーズの概要等

BMWは、3世代目となる新型1シリーズを2019年8月29日より発売開始しました。納車は、同年11月以降に順次行われる予定です。価格は、3,340,000円~6,300,000万円(消費税込み)です。

新型1シリーズは、BMWとして日本初導入となるタイヤスリップコントロールシステム(ARB)を装備するなど高い走行性能を実現するとともに、前輪駆動方式(FF)の採用によって、さらに広い室内空間を確保でき一層機能的なモデルに仕上がっています。

他者の視線を惹きつけ、ユーザーの心を解き放つニューBMW 1シリーズは、最新のデザインイディオムを採用した先進的なスタイリングに、非凡な個性がひと目で1シリーズであることを主張しています。上質さとゆとり、モダンな感覚に研ぎ澄まされたインテリアでは、ユーザーのインスピレーションを掻き立てられる存在ですね。

パワフルで効率的なエンジンは、ニューBMW1シリーズで初めて採用される前輪駆動システム(FF)、最先端のシャシー・テクノロジーの相乗効果で、俊敏かつダイナミックなドライビングを実現できます。革新的な技術と、高度なドライビング・アシスト・システムが、安全かつ快適で、確実にユーザーを目的地へとたどり着かせます。

ラインアップ一覧
①118i 7速DCT 5ドア 右ハンドル ¥3,340,000
②118i Play 7速DCT 5ドア 右ハンドル ¥3,750,000
③118i M Sport  7速DCT 5ドア 右ハンドル ¥4,130,000
④M135i xDrive 8速スポーツAT 5ドア 右ハンドル ¥6,300,000
https://www.netcarshow.com/ (65676)

via https://www.netcarshow.com/

BMW 新型1シリーズのエクステリア等

クールで都会的な印象のニューBMW1シリーズのスタイリングは、コンパクトプロポーション、流麗なルーフ・ライン、ダイナミックシェイプが、走りの俊敏性と走りの歓びとマッチしているモデルに仕上がっています。

ラインで描かれた揺るぎないパネル類は、BMW1シリーズのスポーティなエクステリアとインテリアデザインからも表現されています。

新型BMW1シリーズのデザインは、エクステリアで強烈な印象を与えらるように、大型キドニーグリルとダイナミックなフロントエプロンが際立っています。流麗なルーフラインとボディサイドの大胆なシェイプラインは、さらに特徴的なリヤへと続くシルエットに繋がっていますね。
https://www.netcarshow.com/ (65677)

via https://www.netcarshow.com/

BMW 新型1シリーズの内装等

精巧な技術とモダンな雰囲気を融合させたインテリアは、質感の高さと広々としたスペースに仕上がっています。独創性は、インテリアにも反映されていて、上質とゆとりに満ちた心地よさを満喫する空間です。人間工学に基づいて設計されたドライバー中心のコックピットは、BMWの十八番でも有りますね。
https://www.netcarshow.com/ (65678)

via https://www.netcarshow.com/
新型1シリーズは、前輪駆動方式を採用したことで、後部足元のスペースが約40mm広くなり、より乗降しやすくなりました。室内空間の機能性も大幅に改善され、ラゲッジルームの容量は、20L増加して380Lとなり、後席を倒すと最大1200Lまで拡大可能になっています。

5.1インチのメーターパネルディスプレイと8.8インチのコントロールディスプレイが採用され、更にオプションでは、10.25インチのディスプレイを2つ備えた最新のBMWライブコックピットや、大型化したBMWヘッドアップディスプレイがラインアップされています。さらにQi対応の機器(スマートフォン等)を充電できるワイヤレス充電機能を全車に標準装備しています。

運転支援機能として、新たにレーンチェンジワーニング、後部衝突警告機能、クロストラフィックワーニング(リア)、スピードリミット情報表示機能が追加されたドライビングアシストを標準装備しています(118iグレードを除く)。

直近に前進した50mの軌跡を記憶し、その軌跡通りに後退する際にステアリング操作を自動で行う「リバースアシスト」を備えたパーキングアシストを全車に標準採用しています。
https://www.netcarshow.com/ (65679)

via https://www.netcarshow.com/

BMW 新型1シリーズのパワートレイン等

118i・118i Play・118i M Sportのパワートレイン
エンジン 直列3気筒DOHCガソリン
総排気量 1,499㏄
最高出力 140ps/4,600-6,500rpm
最大トルク 22.4kgm/1,480-4,200rpm

M135i xDriveのパワートレイン
エンジン 直列4気筒DOHCガソリン
総排気量 1,998cc
最高出力 306ps/5,000-6,250rpm
最大トルク 45.9kgm/1,750-4,500rpm
https://www.netcarshow.com/ (65680)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

BMW新型1シリーズが、2019年8月29日から販売開始されました。同モデルは、初めてパワートレインにFF方式を採用したことで、車内空間を拡大させたモデルとなっています。エクステリアデザインもBMWらしいワイド&シェイプへと進化していますね。同モデルの今後の販売動向が気になりますね。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me