マツダが、新型SUV「CX-30」を世界初お披露目!

マツダ新世代モデル第二弾が、ジュネーブ国際モーターショーで初お披露目となりました。この新型CX-30は、コンパクトクロスオーバーSUVとしての登場です。このモデルのエクステリアや内装、そしてパワートレイン等をご紹介していきます。

新型マツダCX-30の概要等

マツダは、現在開催中のジュネーブモーターショー 2019でのプレスカンファレンスにおいて、新世代商品第2弾モデルとなる新型SUV「CX-30」を世界初公開しました。 CX-30の開発目的は、家族や友人と、どこにでも気軽に出かけられ、ゆったりと移動時間を過ごせるように、大人4人がゆとりを持って座れる空間と、くつろげる使い勝手の良いパッケージングを目的に開発されています。 さらに乗用車よりも高い車高によって、視認性や乗降性をアップし、道幅や駐車場を選ばないボディサイズに仕上げたいと言う設計思想です。 Mazda新世代商品の第1弾「Mazda3」は、すでにお披露目されています。新世代商品群のデザインは、ボディの映り込みを重視してディテールされています。この第二弾CX-30は、マツダの新たなグローバルモデルとして、2019夏より欧州から順次グローバルに販売開始予定です。 この新型マツダCX-30のエクステリアや内装、パワートレイン等をご紹介していきます。
https://www.netcarshow.com/ (56826)

via https://www.netcarshow.com/

新型マツダCX-30のエクステリア等

フロントビューでは、エレガントにそして大胆な個性をモチーフに描かれています。シグネイチャーデザインでもあるウィングデザインは、バンパーデザインの輪郭としてシャープでディープな仕上がりです。 ラジエターグリル内部デザインは、視野角と光の変化に応じて豊かに表現されるようにディテールされています。ヘッドランプは、現在のマツダデザインを継承しながらも、よりランプを強調するLEDアレイとなっています。LEDターンシグナルでは、発光開始から、順次パルス方式でフェードインする新機能です。
https://www.netcarshow.com/ (56822)

via https://www.netcarshow.com/
マツダの魂動デザインを更に進化した部分が伺えるサイドビューではないでしょうか!光の加減やボディの彫刻デザインが、車の雰囲気を存分に表現していますね。 エクステリアカラーは、「ソウルレッドクリスタル」、「マシングレイ」、「ポリメタルグレイ」など全9色が用意されています。 CX-30のボディサイズ
この新モデルのサイズ的なコンセプトは、都会的な操縦性を提供するのに十二分なコンパクトさを有し、さらに車内は広く、ラゲッジスペース容量も大きくし、キャビンとラゲッジとのアクセスを良くすることを目的にしています。 全長4.395×全幅1.795×全高1.540㎜となっています。荷物スペースは、ベビーバギーとキャリーバックを同時に積み込むことの出来る容量に仕上げています。
https://www.netcarshow.com/ (56823)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューでは、やはりマツダの特長となるリアコンビランプが、ヘッドランプ同様にアップデートされている点です。リアから見ても直ぐにマツダモデルであることがわかる様にデザインされているだけでなく、新型として光角度による陰影などが表現されているディテールとなっています。 オプションの電動テールゲートは、ワンタッチ開閉が可能です。こちらは静かな開閉を可能にするために内部ハウジングのギア等を樹脂製にしています。
https://www.netcarshow.com/ (56824)

via https://www.netcarshow.com/

新型マツダCX-30の内装等

CX-30の内装デザインは、マツダの人間中心デザイン哲学・伝統的な日本建築等を継承しながら、開発の目的でもある「洗練された大胆さ」を表現しています。 ドライバーズエリアでは、運転手のための視覚的にもスページング的にもピッタリと凝縮された仕様です。助手席周りは、清潔感ある風通しの良い空間を演出しています。 コックピットのメーター等は、左右対称に設計され、ドライバーを中心にしたデザインとなっています。マツダの理念であるメーター表示は、ドライバーに向かってまっすぐ見やすく設置もされています。 ダッシュボードデザインは、二段階デザインとなっていて、特徴的です。コックピットをより広く見せるための工夫されたディテールとなっていますね。 同モデルの内装デザインは、2種類の配色が選択できます。シックなダークブラウンと上品でモダンなダークブルーのアクセントがチョイスできます。ダークブラウンでは、ブラックまたはホワイト本皮シートの利用できます。ダークブルーでは、グレーまたはブラックで利用可能です。
https://www.netcarshow.com/ (56825)

via https://www.netcarshow.com/

新型マツダCX-30のパワートレインや安全装備等

新型CX-30のパワートレインは?
①1800㏄ディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 1.8」
②気筒休止機構を追加した2000㏄ガソリン「SKYACTIV-G 2.0」
③独自開発の新しい点火システム「SPCCI(火花点火制御圧縮着火)」を採用したガソリンエンジン「SKYACTIV-X」。 「SKYACTIV-G 2.0」と「SKYACTIV-X」のガソリンエンジンには、24Vのリチウムイオン電池と電気モーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを搭載しているのもポイントです。 安全装備は?
・I-ACTIVSENSE
・フロントクロストラフィックアラート
・クルージングと交通支援(CTS)システム
・パッシブセーフティ
等が装備可能になっています。

まとめ

マツダの新世代デザインとなる第二弾モデルが、ジュネーブ国際モーターショーで初披露されました。エクステリアデザインの進化だけでなく、パワートレイン等もマツダらしい進化を遂げていそうです。 現時点では、2019年夏ごろより、欧州から販売展開がされるとの事です。日本へも順次導入されると予想されます。日本登場が楽しみです。
]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。