2018年7月2日 更新

インド人もびっくり! スマホの操作1つで、生鮮食料品を満載した自動運転車が

アメリカ・カリフォルニア州のスタートアップ企業であるRobomartが、自動運転による生鮮食料品の配達を計画しています。スマートフォンの専用アプリを使えば、タッチ1つで自宅前まで来てくれるという優れもので、インドなど世界各地のメディアが注目しています。

インド人もびっくり! スマホの操作1つで、生鮮食料品を満載した自動運転車が

「配達じゃあなく、ショップそのものがやってくるとは」と、インド人もびっくり!

Robomart

同社のHPによると、現在50台が試験運行中。生鮮食料品の配達は、日本でもスーパーなどが力を入れつつありますし、それ自体は珍しくもありません。しかし、このように「配達じゃあなく、ショップそのものがやってくる」というコンセプトには驚かされます。インドのインディアン・タイムズも、その例に漏れず、さっそく記事にしています(2018年6月28日付け)。

類似のアイディアは他のスタートアップでも行っていますが、顧客がオンラインで注文し、OTPと呼ばれる1回限り有効なパスワードで施錠されたロッカー付きの自動運転車がやってくるというコンセプトが主流。中には冷凍庫が付いたのもあります。

これに対し、Robomartでは、注文客が自動車の配車予約アプリを使うだけで、そこらを走っている生鮮食料品を積載した自動運転車の内で 一番近い車が自宅前まで来て駐車してくれます。後は外に出てドアのロックを解除し、欲しい生鮮食料品を選んで買い物をという流れです。

気になるのは決済ですが、同社が特許を取得した「グラブ・アンド・ゴー」というテクノロジーを活用します。Amazon Goの決済システムと良く似た仕組みでして、センサーで取り出した商品を特定し、アカウントに請求するというもの。Robomartの場合、クレジット・カードからの引き落としとなります。
Tangerines Fruit Orange · Free photo on Pixabay (34507)

「ただの配達ではなく、店ごと来て選べるというのが利点だ」と、同社CEO

同社のアリ・アフメッドCEOは、「単に品物を配達するだけではなく、店ごとやって来て選べるというのが利点だ」と強調しています。野菜のような生鮮食料品の場合、必ず複数が品揃えされており、そこから好きなのを選べるからです。なお、気に入ったのがない場合は買わなくても構わないそうです。

また、一旦配送して倉庫に戻るよりも、巡回させる方がスピード面で早いとしています。ちなみに、インドでも食料品の宅配はしてくれますが、現金決済が原則。また、現時点では都市部での自動運転車の走行は行われておらず、模索の段階だそうです。

まとめ:昨年創業、従業員7人のスタートアップが、世界の小売を変える?

同紙によりますと、Robomartは2017年創業で、従業員は7人しかいません。アイディアは面白いものの、今後どう事業化していくかが課題となりましょう。

課題といえば、車体の設計をどうしていくか、模索が必要だとしています。完全無人化車両とするので、ドライバーの快適性については考慮しなくて良く、そうした意味で設計はシンプルで済むだろうと考えられています。

しかし、どう運用していくのか? 現状では遠隔操作で運転しますが、将来は完全自動運転車両を視野に入れているそうです。となると、対応するテクノロジーが求められるという訳です。この他、積載する生鮮食料品の品目や数を最適化せねばならないという課題もあります。

なお、Robomart自身は、自社による生鮮食料品のロジスティックス・チェーンを持っていません。ウォルマートのような、世界的に知られる小売大手に車両をリースしたいとの意向を持っています。「上手く行けば、数年の内にユビキタス社会の移動型生鮮食料品店となるかもしれない」と、記事は結ばれています。

アイディアそのものは面白いし、車による買い物が高齢化と共に難しくなり、社会問題となりつつある日本でも検討・導入する価値がありましょう。今後に注目したいですね。

出典:
https://robomart.co/
https://www.indiatimes.com/technology/science-and-future/this-startup-will-let-you-call-a-grocery-store-car-to-your-location-just-like-booking-an-uber-348306.html
8 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

takosaburou373 takosaburou373