2019年10月10日 更新

トヨタが、「クラウン」にスポーティな特別仕様車を設定!

「クラウン」は、トヨタの代表的な高級セダンとして長年愛されています。今回この「クラウン」にスポーティな特別仕様車が設定されたということで、その詳細を紹介していきます。

トヨタが、「クラウン」にスポーティな特別仕様車を設定!

「クラウン」の特別仕様車の詳細

TOYOTA、クラウンに上質さとスポーティさを高めた特別仕様車を設定 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (67234)

トヨタは「クラウン」に特別仕様車「 S“Sport Style”」(2.0Lガソリン車、2.5Lハイブリッド車)、「S Four“Sport Style”」(2.5Lハイブリッド車)を設定し、10月2日に発売しました。今回の特別仕様車は「S」、「S Four」をベースとし、内外装にスポーツテイストを高める特別装備を充実させました。

エクステリアには、ブラックスパッタリング塗装の18インチノイズリダクションアルミホイールを特別装備しています。また、Bi-Beam LEDヘッドランプとLEDリヤコンビネーションランプにはスモーク塗装を、フロントグリルモールやフロントフォグランプリング、リヤライセンスガーニッシュにはスモークメッキを施し、「大人のスポーティ」を演出しています。

インテリアにおいては、内装色をブラックとし、「赤」をアクセントとして配置したデザインになっています。ファブリックと合成皮革を組み合わせた上質シートと合成皮革を採用したドアトリムを特別装備するとともに、本革シート仕様もオプションで設定しています。さらに、本革シート表皮をはじめ、ドアトリム&インストルメントパネルやコンソールサイド&コンソールリッドにレッドステッチを施したほか、専用スマートキーにもレッド色を採用しています。

そのほか、快適・安全装備である「ブラインドスポットモニター」、「リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]」などをセットにした“C package”相当が装備されています。
TOYOTA、クラウンに上質さとスポーティさを高めた特別仕様車を設定 | トヨタ | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト (67237)

「S Four“Sport Style”」のフルタイム4WD

2.5Lハイブリッドシステムの高いパフォーマンスをさまざまな走行シーンや路面状況で発揮できるフルタイム4WDです。センターデフ搭載のフルタイム4WDの採用により、2.5Lダイナミックフォースエンジンのパワーが余すところなく路面に伝えられ、ハイブリッドカーならではのレスポンスとスムーズな加速がさらに向上します。その一方で、TNGAに基づく低重心なFRプラットフォームとの相乗効果も相まって、優れた走行安定性を実現しています。また、前後輪に豊かな動力を配分するトランスファーには、小型・軽量化したトルセンLSDを採用しています。通常は前後輪のトルクを40:60で配分し、走行条件に応じて前後輪に30:70から50:50の間で瞬時にトルク配分し、いかなる状況でも、自然かつダイナミックな操縦感覚をもたらします。

「ブラインドスポットモニター」

トヨタ クラウン | 安全性能 | トヨタ自動車WEBサイト (67240)

隣接する車線の最大約60m後方までモニターし、急接近してくる車両も検知して、ドアミラーのインジケーターによって、車両の存在をお知らせします。車両を検知した状態でウインカー操作をするとインジケーターが点滅してより注意喚起する機能や、後方車両から衝突される可能性が高いと判断した場合、ハザードランプを高速点滅させて、後方車両に注意喚起する機能(後方車両への接近警報)も搭載しています。

「リヤクロストラフィックオートブレーキ[パーキングサポートブレーキ(後方接近車両)]」

トヨタ クラウン | 安全性能 | トヨタ自動車WEBサイト (67243)

接近してくる車両や歩行者に対しても、自動(被害軽減)ブレーキが作動し、衝突被害の軽減をサポートします。
駐車場から後退する際に、自車の左右後方から接近してくる車両をレーダーで、自車後方の歩行者をカメラで検知します。そしてドアミラー内のインジケーター点滅とブザーによりドライバーに注意喚起します。衝突の可能性がある場合は、自動的にブレーキ制御を行うことで接近車両や歩行者との衝突被害軽減を支援します。

「クラウン」の特別仕様車の価格

今回の「クラウン」の特別仕様車の価格は、
「S“Sport Style”」の2.0Lガソリン車が、5,073,200円~
「S“Sport Style”」の2.5Lハイブリッド車が、5,293,200円~
「S Four“Sport Style”」の2.5Lハイブリッド車が、5,513,200円~
になっています。

まとめ

今回は、10月2日に発売したトヨタの「クラウン」のスポーティな特別仕様車の詳細を紹介してきました。
スポーティな仕様により主に内外装が改良されて、通常の「クラウン」よりカッコ良さが増した印象があります。気になられた方は是非一度ディーラーに問い合わせていただくことをオススメします。
16 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kannburi kannburi