2019年7月20日 更新

メルセデスベンツが、新型A45 S AMG 4Matic+を発表!

ハッチバックは、ヨーロッパで根強い人気のあるスタイルです。メルセデスベンツから310kW=422psのパワーを搭載したホットハッチモデルが公開されました。同モデルのエクステリアや内装、パワートレインをご紹介します。

メルセデスベンツが、新型A45 S AMG 4Matic+を発表!

メルセデスベンツ A45 S AMG 4Matic+のエクステリア等

新型メルセデスAMG S A45 4MATIC+は、より一層特別感を持って、独特なモデルに仕上がっています。エクステリアは、停車していてもレーシーな雰囲気をかもし出しています。新型モデルには、より幅の広いバンパーと12個の垂直ルーバーを備えたAMG専用のラジエーターグリルが装備されています。

押し出し感のあるベンツマーク、スリムで深く輪郭を描かれたヘッドランプ、パワードーム付きフラットボンネットは、フロントセクションを低フォルムに見せてくれますね。

https://www.netcarshow.com/ (63341)

via https://www.netcarshow.com/
サイドビューでは、幅広いAMGサイドスカートが装備されて、視覚的に同モデルを低く見せています。道路との距離を短くしてくれる存在ですね。Silver Chromeパッケージをチョイスした際は、インサートはシルバークロームで装飾され、AMG Nightパッケージでは高光沢ブラックです。

サイドミラーがドア側に取り付けられたことで、メルセデスAMGホットハッチがスポーツカーであることを強力に表現していますね。非常にスポーティーに見えるだけでなく、空気力学に基づいて装着されています。
https://www.netcarshow.com/ (63342)

via https://www.netcarshow.com/
リアビューは、標準モデルでは、2つの丸いツインテールパイプ(直径82mm)と広い後部エプロンが特徴的です。さらにA45 S AMG 4Matic+モデルでは、内部フルーティングとAMGレタリングを採用した大型90mm排気テールパイプを装備しています。リアの幅広感は、細いツーピースのテールライトによってさらに強調されています。

ツインの垂直フィンを備えたディフューザーは、エアロパフォーマンスをアップさせます。より効果的に空気の流れを生成するために、車両中央で前方に広がった構造です。
https://www.netcarshow.com/ (63343)

via https://www.netcarshow.com/
A45 S AMG 4Matic+では、5ツインスポークデザインの19インチ軽合金ホイールを装着しています。ホイールのアルミ製リムは、空気力学的に最適化され、光沢仕上げを施したタンタルグレーで塗装されています。タイヤサイズは、フロントで245/35R19、リアで255/35R19のタイヤが装備されています。

基本モデルのAMG高性能ブレーキシステムは、白いAMGの文字が描かれたグレー塗装のブレーキキャリパーを装備しています。さらにA45 S AMG 4Matic+では、黒いAMGの文字が描かれた、大きくて赤い塗装の6ピストンブレーキキャリパーを採用しています。
https://www.netcarshow.com/ (63563)

via https://www.netcarshow.com/

メルセデスベンツ A45 S AMG 4Matic+の内装等

A45 S AMG 4Matic+は、モーターレースの伝統を強調するようにイエローのハイライトで仕上げられています。同モデルは、強力なモーターレースシーンを強調するために、イエローの装飾を施していますね。

イエロートップステッチ、イエローホイールマーキング、AMGステアリングホイールボタン、AMGのロゴを備えたナッパレザー/DINAMICAマイクロファイバー製のAMG Performanceステアリングホイール、さらにアンビエンスライトも標準装備です。

センターコンソールには、全グレードにタッチパッドを標準装備し、ハイグロスブラック仕上げ、3段階ESP®、手動変速機モード、オプションのアダプティブダンピングシステムAMG RIDE CONTROLを制御するスイッチを搭載しています。オプションのレザーパッケージと組み合わせて、シルバークロームのコンソールが特徴的です。

官能的でスポーティな内装は、ゴムスタッド付きブラシ仕上げのステンレス鋼に、AMG文字付きのブラックフロアマット、ヌバックレザー風のサラウンド、ブラシ仕上げのステンレススチール製のブラックルーフライナー、AMGフロントエントランスシルのスポーツペダルクラスターによって強化されています。
https://www.netcarshow.com/ (63344)

via https://www.netcarshow.com/

メルセデスベンツ A45 S AMG 4Matic+のパワートレイン等

最大310kWの出力を持つ、完全に新開発された2000ccエンジンは、量産用に製造された非常にパワフルな4気筒エンジンですね。メルセデスAMGは、エンジンの出力を以前より30kW向上させて搭載しています。

最大トルクも475から最大500Nmに増大させています。1リットルあたりの出力が最大155kWとなる、新メルセデスAMG高性能ターボエンジンは、多くの有名なスーパースポーツカーエンジンに勝るとも劣らない性能ですね。

新高効率のパワーパックは、Affalterbachの革新的な生産ラインで "One Man、One Engine"の原則に基づいて生産されています。組み合わされるミッションは、8速AMG SPEEDSHIFT DCT 8Gデュアルクラッチトランスミッションです。エンジンの機敏でダイナミックなキャラクターをミッションでも演出しています。

ギア比は、シフトアップ時の素早いシフトと最適な接続を特徴として、すべてのスピードレンジでドライバーが非常に軽快且つ、リズミカルに加速を楽しめる設定です。AMG DYNAMIC SELECT走行モードに応じて、ドライバーは異なるアクセル特性と変速特性を持つドライブ構成を楽しめます。
https://www.netcarshow.com/ (63345)

via https://www.netcarshow.com/

まとめ

コンパクトなホットハッチモデルのAクラスから、A45 S AMG 4Matic+が発表されました。本国ドイツでは、この新型A45 S AMG 4Matic+の販売も開始されています。強力なホットハッチモデルとなる同モデルが、日本に導入されることになったら面白いですね。
17 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me