2018年6月8日 更新

ボルボ 新型【XC60】がオシャレでかっこいい!

2017-2018日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したXC60。ミドルサイズSUVのXC60の気になるあれこれを紹介します。

ボルボ 新型【XC60】がオシャレでかっこいい!

ボルボ 新型【XC60】とは?

XC60は2009年よりボルボから販売されているミドルサイズSUVです。

安全性能が優れ、ステーションワゴンのイメージが強かったボルボですが、XC60はボルボ初となるSUVとなり、発売と同時に世界中で大反響を呼びました。そのおかげでボルボの2009年度のベストセラーモデルとなったようです。

2017年より新型XC60が販売され、扱いやすいボディサイズ・快適性・機能性・運転の要素で高い次元でバランスさせ、北欧デザインを感じさせる内外装、安全装備の充実ぶり、プラグインハイブリッドを含む豊富なバリエーションを考慮され、英国・日本・北米・ワールドカー・オブザイヤーを受賞しました。

走行性能はもちろんですが、全モデルに先進安全機能「IntelliSafe(インテリセーフ)」が標準されており安心して運転ができる車の一つになります。
 (32919)

ボルボ 新型【XC60】のエクステリア

控えめでシンプルなエクステリアデザインですが、立体的なボンネットから後方に緩やかに上昇するサイドウィンドラインはスポーティさも兼ね備えています。サイドパネルには稜線と深い彫りを組み合わせられており力強いSUVの印象も受けます。

気になるボディサイズですは全長4,690mm×全幅1,900mm×全高1,660mm。
全幅が1,900mmとワイドボディになっていますが全長が4,690mmと比較的抑えられているので想像よりも小さく見えます。

参考に、競合車種としてよく比較されるBMW「X3」のボディサイズは全長4,720mm×全幅1,890mm×1,675mmとなっており、X3よりも30mmほど短いことが分かります。
 (32920)

 (32921)

テールゲートへと回り込んだリアライトはSUVらしい力強さを感じます。
 (32922)

 (32923)

北欧神話に登場する「トールハンマー」をモチーフにされたT字型のLEDデイライト。ボルボらしさを象徴するデザインですね。

ボルボ 新型【XC60】のインテリア

ドライバーを囲むように配置されたダッシュボードとコンソールのレイアウトは全て手元で容易に操作ができます。コントラストステッチを施したテイラード・ダッシュボード、Orrefors社製のクリスタルを使用したシフトノブ、て木目が美しいウッドや質感の高いメタルを用いたデコレーション・パネルは上質な室内空間を生んでいます。

外光を取り入れることのできるチルトアップ機構付電動パノラマ・ガラス・サンルーフた(T8 Twin Engine AWDInscriptionに標準装備、他モデルはオプション設定)は開放的な室内空間を演出できます。
 (32924)

 (32925)

 (32926)

9インチの大型タッチスクリーン式センターディスプレイはスマートフォンを操作するように操作ができます。

SENSUS CONNECTを利用すればインターネットに接続することが可能で、好きな音楽等をダウンロードすることが可能です。テザリング機能も利用できるので普段使っているスマートフォンと同じ感覚で利用ができるのは嬉しいですね。

ボルボ 新型【XC60】のエンジン・スペック

新型XC60はディーゼル・ガソリン・プラグインハイブリッドモデルが選択できます。簡単なスペックとして

ディーゼルモデルは「D4 AWD Momentum」「D4 AWD Inscription」「D4 AWD R-Design 」の3モデル
最高出力:140kW(190ps)、最大トルク:400Nm(40.8kgm)

ガソリンモデルは3モデルあり、そのうち2つの「T5 AWD Momentum」「T5 AWD Inscription」
最高出力:187kW(254ps)、最大トルク:350Nm(35.7kgm)

もう一つの「T6 AWD R-Design 」
最高出力:235kW(320ps)、最大トルク:400Nm(40.8kgm)

プラグインハイブリッドモデルは「T8 Twin Engine AWD Inscription」
最高出力:233kW(318ps)、最大トルク:400Nm(40.8kgm)
電動機の最高出力:34kW(前)65kW(後)、最大トルク:160Nm(前)240Nm(後)

JC08モード燃料消費率は
ディーゼルモデルが16.1km/L
ガソリンモデルが11.5、12.6km/L
プラグインハイブリッドモデルが15.7km/Lとなっています。

ボルボ 新型【XC60】の車両価格は?

Euro Seem Money · Free photo on Pixabay (32816)

ディーゼルモデル
「D4 AWD Momentum」:599万円
「D4 AWD R-Design 」:649万円
「D4 AWD Inscription」:679万円

ガソリンモデル
「T5 AWD Momentum」:599万円
「T5 AWD Inscription」:679万円
「T6 AWD R-Design 」:724万円

プラグインハイブリッドモデル
「T8 Twin Engine AWD Inscription」:884万円

最廉価と最高値の価格差は285万円となります。
気になるのがディーゼルモデルとガソリンモデルの車両価格が全く同じとなることです。

他メーカーはディーゼルモデルが割り高となる価格設定にされていることが多いため同価格になると選択肢が増えて嬉しいですね。

ボルボ 新型【XC60】まとめ

Autumn Fall Forest · Free photo on Pixabay (32817)

ボルボは「2020年までに、新しいボルボ車での交通事故による死亡者や重傷者をゼロにする」という安全目標「VISION 2020」を掲げています。最先端の安全機能を全モデルに標準装備されているボルボ車は車に乗る人にも、歩行者にも優しい車です。

一番気になったのはディーゼルモデルとガソリンモデルの車両価格が同じだった点。購入される際は試乗を行い、自分のフィーリングにマッチするモデルを選びたいですね。
25 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kariくん kariくん