2019年6月16日 更新

BMW 新型M8 クーペ&コンバーチブル登場、M独自の新装備満載!

BMWから、新型M8 クーペ&コンバーチブル2020モデルが発表されました。同社で最大のセグメントとなるクーペ、コンバーチブルとなっています。このモデルのエクステリアや内装等をご紹介していきます。

BMW 新型M8 クーペ&コンバーチブル登場、M独自の新装備満載!

BMW M8 クーペ&コンバーチブルのエクステリア等

フロントビュー

https://www.netcarshow.com (61898)

via https://www.netcarshow.com
BMW M8クーペ最大の特徴は、レーシングカーを彷彿とさせるカーボンファイバー強化プラスチック(CFRP)ルーフディテールで、ダブルバブル構造となっている点です。まるでレーシングカーのようなデザインとなっています。

一方BMW M8コンバーチブルでは、ルーフ素材が、高品質のファブリックルーフによって形成され、乗員が安心して乗れるように保護されていますね。多層構造ソフトトップは、ボタンを押すだけで15秒で開閉してくれます。最大50km/h(31mph)まで走行しながら電動作動を可能としています。

BMWのキドニーグリルと組み合わせたフロントエプロンの3ダクト要素は、最大に開口しているディテールで、エンジン、トランスミッションおよびブレーキングシステムを効果的に、最大で冷却してくれます。

キドニーグリルの両側にあるスリムなツインヘッドライトでは、洗練された光源を介して、過去と現在のBMWモデル達を彷彿とさせるディテールに仕上げています。同モデルは、日中のドライビングライト、ロービーム、ハイビームを生成するAdaptive LEDヘッドライトを標準装備しています。

BMW Laserlightは、約600メートルのハイビーム範囲をカバーし、左右ヘッドライトの青いアクセントによって区別されています。フロントサイドパネルは、幅広く、マッスルホイールアーチの上に追加のライトサーフェスを形成していますね。
https://www.netcarshow.com (61899)

via https://www.netcarshow.com

リアビュー

https://www.netcarshow.com (61900)

via https://www.netcarshow.com
Mモデル特有のデザインでは、自動車の空気力学を最適化する効果を最大にし、ベースモデルに追加して高光沢ブラックで塗られるエクステリアです。アスレチックに彫刻されたリアフェンダーアーチと張り出したショルダー部は、強力なリアを映し出していますね。

Mモデルの特徴的なリアエプロンは、対照的な色でディフューザーインレイが組み込まれています。標準として高光沢クロムで描かれたツインマフラーエンドは、このモデルの両端にインストールされています。高性能モデルでは、トランクリッドにもスポイラーが取り付けられ、空力バランスを更に向上させています。
https://www.netcarshow.com (61901)

via https://www.netcarshow.com
ツインスポークデザインの20インチM軽合金ホイールは、BMW M8クーペおよびBMW M8コンバーチブルの両方で標準装備されています。コンペティションモデルには、20インチの鍛造M軽合金ホイールとなっていて、グロス加工された3D構造に、2色デザインが効果的な光の反射を生み出すディテールです。車の独占性と敏捷性を兼ね備えています。
https://www.netcarshow.com (61905)

via https://www.netcarshow.com

BMW M8 クーペ&コンバーチブルの内装等

この高性能スポーツカーのインテリアでは、M特有のコックピットデザインと進歩的な贅沢が与えられています。BMW M8クーペ、BMW M8コンバーチブルおよびコンペティションモデルの標準仕様モデルには、レザー張りオプション、BMWディスプレイキー、M独自の表示を備えたBMWヘッドアップディスプレイ、Driving Assistant、Parking AssistantおよびBMW Liveが搭載されています。

センターコンソール上のセットアップボタンは、エンジン、ダンパー、ステアリング、M xDrive、ブレーキシステムの設定に直接アクセスでき、ユーザーの好みや状況に合わせて調整することが可能です。

新機能としては、センターコンソールのMモードボタンです。ドライバーは、ドライバー支援システムとメーターパネルとヘッドアップディスプレイの表示を調整することがこのボタンで可能となっています。
https://www.netcarshow.com (61902)

via https://www.netcarshow.com
標準装備のメリノレザー張りは、2カラーから注文可能です。上級モデルでは、オールレザートリムを標準装備としています。5つのオールレザーの選択に、2つの特別なオールレザートリムからチョイス可能です。

多数オプションの特別装備では、激しいMのドライビング感覚とゴージャスな運転経験とを組み合わせるように設計されています。クライミングシート、日焼け止めガラス、さらにヒートコンフォートパッケージ(ドアと運転席と助手席のセンターコンソールのヒーター付きアームレスト、暖房付きステアリングホイール)では、究極のパワーシートを構成するオプションのひとつです。

ユーザーは、フルアクティブ16チャンネルアンプと、最大16台のスピーカーを搭載したBowers&Wilkins Diamondサラウンドサウンドシステムをオプション選択することで、最高のリスニング空間を楽しむことができます。
https://www.netcarshow.com (61903)

via https://www.netcarshow.com

BMW M8 クーペ&コンバーチブルのパワートレイン等

Mツインパワーターボ技術を搭載した高回転V8ユニットは、BMW M8クーペとBMW M8コンバーチブルでは、441 kW/600hpの最高出力です。コンペティションモデルでは、460kW/625 hpを発生するユニットが搭載されています。

このパワーユニットには、Drivelogicを搭載した8スピードM Steptronicトランスミッションを搭載しています。エンジンパワーは、M xDrive全輪駆動システムを介して路面に伝えられるシステムです。
https://www.netcarshow.com (61904)

via https://www.netcarshow.com

まとめ

新型BMW M8 クーペ&コンバーチブルが、欧州で発表されました。このモデルは、BMWでのクーペ、コンバーチブルで最大セグメントとなっています。今後日本にも導入されると予想されます。このモデルが、日本の公道を走っている姿を見るのが楽しみです。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me