2019年1月29日 更新

シトロエンから新型C3-XRが登場、中国市場で人気のSUV!

シトロエンC3-XRは、2014年に中国市場向け販売しています。同モデルが、モデルチェンジして登場する予定です。フランスの香りが漂う、スッキリしたデザインに仕上がっていそうです。このモデルを紹介していきます。

シトロエンから新型C3-XRが登場、中国市場で人気のSUV!

新型シトロエンC3-XRのエクステリア等

新型モデルは、フロント周りのアップデートが最大のポイントです。C3-XRは、現行モデルから進化させるために全面的に新設計デザインされています。C5エアクロスに類似するようなハイセットなフロントフェイスに、凸と凹みを調和させたボンネットは、まろやかな印象だけでなく、丈夫さと安全性をアップさせています。

ヘッドランプも新デザインされて搭載されています。フロントグリルデザインは、C4エアクロスデザインをモチーフにしていますね。
https://www.netcarshow.com/ (54581)

via https://www.netcarshow.com/
サイドビューでは、クロムメッキされたウェザーストリップとシルバーのルーフバーが特徴的です。ルーフバーは、デザインを際立たせるためにリアドア裏まで延びている仕様となっています。

SUVらしく、ホイールアーチがプロテクターで保護されています。SUVとしての主張をこういった部分で表現していますね。現行型のC3-XRを継承したディテールです。

ホイールデザインも刷新され、新しいブラックツートンダイヤモンドカットアロイホイールとなっています。

リアデザインのポイントは、テールライトデザインの刷新です。C5エアクロスのように4つの長方形でディテールされ、内部モジュールも刷新されています。

テールゲートには、クロムとブラックの二色の構成となるバンパーディフェイザーが装備され、SUVとしてのポイントとなっています。

https://www.netcarshow.com/ (54582)

via https://www.netcarshow.com/

新型シトロエンC3-XRの内装等

新型モデルの内装は、シトロエンアドバンスドコンフォートRプログラムを適用して構成されています。新設計されたダッシュボードは、水平基調を特徴とし、柔らかい素材が使用されています。ドアトリムやシートもシンクロするようにカラー構成され、心地よい空間を作り出しています。

エアコンダクトは、ダブルエアベント仕様です。これは、乗員がさらに快適に過ごせるように装備されました。

9インチの液晶を装備したモニターには、Apple CarPlay、Baidu CarlifeそしてMirrorLinkのスマートフォン接続と2つのUSB接続が可能になっています。
https://www.netcarshow.com/ (54583)

via https://www.netcarshow.com/
ギアシフトは、人間工学に基づき再デザインされています。その後ろには、航空機をモチーフにしたデザインのサイドブレーキが装備されています。
https://www.netcarshow.com/ (54584)

via https://www.netcarshow.com/
パノラマルーフを装備したことにより、車内は、より開放的で明るい空間に仕上がっています。リアシートは、6対4の分割折りたたみ式仕様です。荷物や乗員人数にあわせて多彩なアレンジが出来ます。

下画像にもあるように、小さめの自転車なら搭載できるくらいの荷物容積が有ります。買い物の荷物等も比較的多く積載できるリアハッチ空間ですね。
https://www.netcarshow.com/ (54585)

via https://www.netcarshow.com/

中国市場向けC3-XR

シトロエンC3-XRは、2014年に中国市場向け販売開始されたモデルです。約4年間で18万台販売され大きな成功を収めたと言えます。シトロエンは、中国市場にフランスの香りがするBセグメントのSUVを投入した事で、シトロエンの存在をアピールもしました。

パワートレインは、1600㏄ピュアテックエンジン、230THPピュアテックエンジン、350THPピュアテックエンジンをラインアップしています。マニュアル5速仕様と6速マニュアル仕様に、6速ハンドインワンのミッションのモデルが、グレードごとにラインアップされています。

タイヤは、下位グレードの1モデルには、205/65R15を装着し、その他は、205/60R16サイズをが採用されています。

現行型のC3-XRは、フランスの香りがする走行性能に、比較的エクステリアはスッキリとシャープな印象としていますね。新型では、エクステリアにもフランスの香りを味付けしているのではないでしょうか!
 (54589)

シトロエンC3日本デル

C3 Active Safety Brake TVC

C3は、フランスならではのユニークなデザインに、鮮やかなカラーコーディネーションがポイントのモデルです。日本でのグレード展開は、C3 FEEL、C3 SHINE、C3 COLORADO EDITION(特別仕様車)がラインアップされています。

C3とC3-XRは、一見すると似たような存在にも見えますが、デザインやディテールは意外と違う所が多いですね。パワートレインも国内C3モデルは、1200㏄ピュアテックエンジンを採用しています。

また、最低地上高は、C3よりもC3-XRモデルの方が高いように予想します。中国市場でのSUV販売を視野に入れたことによる車高設定でしょう。
 (54586)

まとめ

C3-XRは、中国市場向けに開発されたモデルです。現行型は、4年間で約18万台の販売実績が有ります。新型では、さらにエクステリアや内装デザインを進化させて登場しそうですね。

C3-XRは、シトロエンモデルの中では、比較的スッキリしたデザインが特徴的です。日本で販売されているC3は、フランスの香りを全面に出した、独創的なディテールがポイントです。

現時点で日本への導入は決まっていません。このスッキリしたモデルが日本で販売されたら、新しいシトロエンデザインととらえることもできますね。日本に導入されたら面白いのではないでしょうか!
22 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

stand by me stand by me