2018年10月30日 更新

トヨタ・カルディナの特徴や走行性能について!

みなさんトヨタのカルディナという車をご存知ですか?トヨタ自動車が販売をしていたステーションワゴンです。しかし、そのステーションワゴンとは思えないほどのスポーティーな走りを残しているそうです。 今ではどの自動車メーカーも先進技術を取り入れて、ハイブリッド化や自動ブレーキの標準装備など車の基本性能が大幅に上がってきていると言えます。 今では販売はしていませんが、もしかすると過去の使い勝手の良いスポーティーな走りを魅せる好評な点が改めて評価されて新たなモデルが登場するかもしれないです。 今回はそのカルディナについての特徴や走行性能を紹介していきたいと思います。

トヨタ・カルディナの特徴や走行性能について!

カルディナの歴史

カルディナ 初代モデル(1992年〜2002年)

カルディナ 初代モデル(1992年〜2002年)

カルディナは1989年に登場したスバル・レガシィの大ヒットに刺激され、商用バンではないステーションワゴンとして1992年11月に登場しています。

そして10代目(T190型)コロナをベースに、乗用モデルのエンジンは4S-FE型(1,800cc・125ps)と、3S-FE型(2,000cc・140ps、4WD仕様は135ps)のハイメカツインカム、2C型2,000ccディーゼルエンジン(73ps、後期型は2C-T型2,000ccディーゼルターボエンジン・88ps)を搭載しています。
このハイメカツインカムはDOHCとも呼び、カムの力を受けてバルブを作動させる役割を果たすロッカールームを廃してカムによるバルブの直押しが可能となっています。よって高回転化・高出力化が容易であります。

また、ロッカーアームはSOHCのようなシーソー式ではなく力点と作用点が近いスイング式で、追従性はSOHCほど劣っていないようです。
カルディナ 2代目モデル(1997年〜2002年)

カルディナ 2代目モデル(1997年〜2002年)

カルディナバンは、2代目にモデルチェンジ後も2002年7月1日まで初代モデル(T190V型)を継続販売していたとのことです。

1999年8月のマイナーチェンジでディーゼルは3C-E型2,200ccディーゼルエンジンに換装、更に4WDにガソリンエンジン(3S-FE型、2,000cc)がATのみですが追加されています。

エンジンはディーゼルエンジンが2,200ccディーゼルターボ(3C-TE型、94ps)に変更され、スポーツグレードとして「GT」(3S-GE型、190ps)、「GT-T」がラインアップされています。
カルディナ 2代目モデル GT-T

カルディナ 2代目モデル GT-T

GTに搭載されている3S-GE型エンジンには、可変バルブタイミング機構のVVT-iが新たに採用され、旧型(AT仕様)比で+25psのパワーアップを実現しています。

GT-Tには、ハンドルの表裏面に付けられたボタンによりマニュアル操作が可能なAT、スポーツステアマチック(ステアシフトとも名乗っていた)仕様とMT仕様が設定されています。

GT-Tは、当時このクラスでカリスマ的人気を誇っていたレガシィツーリングワゴンGT-Bへの対抗策として企画され、セリカGT-FOURに搭載されている3S-GTE型(2,000cc・260ps)ターボエンジンを搭載しているとのことです。

3代目カルディナの特徴や走行性能を紹介します!

カルディナ 3代目モデル(2002年〜2007年)

カルディナ 3代目モデル(2002年〜2007年)

初代や2代目の比べて3代目は外観に変化が見られ、スポーティーなエクステリアとなったと言えます。そして自然吸気エンジンはすべて一新されたとのことです。

全幅が1,740mmとなり、全車3ナンバー化しています。そして日本国内専用車となり、輸出モデルはアベンシスのワゴンモデルが後を継いでいます。先代で設定のあったディーゼルエンジンは廃止されています。

ターボモデルはグレード名に同社のセリカ譲りのGT-FOURを冠し、従来と同じく3S-GTE型(260ps)を搭載しているそうです。

このエンジンは、改良が加えられ優-低排出ガス認定を受けています。
カルディナ 3代目モデル (GT-FOUR)

カルディナ 3代目モデル (GT-FOUR)

また、ニュルブルクリンクでのラップでスープラの記録を抜いたことをきっかけに、倒立式フロントダンパーおよびモノチューブ式リアダンパー(カヤバ 製)、レカロシート(AM19)などを装備したNエディションという走りを極めたモデルもラインナップされています。

そして、GT-FOURを含め全グレードで4速ATのみとなったそうです。

3代目カルディナの口コミや評価

トヨタ・カルディナ - Wikipedia (49104)

5段階評価の内エクステリアが4.0、走行性能が3.50、乗り心地が4.0、燃費が2.50、価格が4.50となっています。

エクステリアには大半の方が満足していると言えます。そして好き嫌いの別れにくい無難なデザインであり、ターボモデルのGT-FOURのエクステリアはスポーティーで格好良いと思います。

走行性能もきびきびした無駄の無い動きをするようで、ストレスも溜まりにくく運転しやすいようです。

まとめ

カルディナの3代目は、スポーツカーのような気持ちの良い走りをするそうです。このデザインを見たら、一度は乗ってみたいと感じる方が多いかもしれないと筆者は思っています。

また、インテリアもそこそこラグジュアリー性のあるデザインと座り心地になっていて、ダッシュボードのデザインは少し若い人向けになっているそうですが、個性的で使い勝手も良いそうです。

燃費に関しましてはあまり評価が高い方だとは言えませんが、カルディナの「Z Lエディション/S エディション」が10.15モードで15.6km/L、「GT-FOUR」が10.15モードで10.6km/Lとなっています。
18 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tatsuyantyan tatsuyantyan