2018年8月30日 更新

ホンダ、新型「CR-V」を発売。今度の「CR-V」はハイブリッドと直噴ターボだ!

ホンダは、新型「CR-V」を8月31日(ハイブリッドモデルは11月1日)に発売することを発表しました。2016年3月に4代目モデルの生産が終了して以来、1年半振りに復活することとなった5代目となる新型は、どのようなクルマなのでしょうか。

ホンダ、新型「CR-V」を発売。今度の「CR-V」はハイブリッドと直噴ターボだ!

新型「CR-V」の概要

Honda Media Website | ログイン (40928)

5代目となる新型CR-Vでは、本来の強みである広い室内空間や使い勝手の良さに加え、あらゆる状況において安心で快適な走りを提供できるダイナミクス性能を目指してフルモデルチェンジを行い、ハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」に初めて4WDを設定したほか、ガソリンモデルには7人乗りの3列シート仕様を設定するなど、幅広いニーズに対応しています。車両価格は3,230,280~4,361,040円となっています。

新型CR-Vの主な特長

鍛え上げられたダイナミックパフォーマンス

Honda Media Website | ログイン (40930)

スペック

 左2.0Lアトキンソンサイクル/右1.5L直噴ターボ

 左2.0Lアトキンソンサイクル/右1.5L直噴ターボ

全長/全幅/全高:4,605/1,855/1,680~1,690mm
室内長/室内幅/室内高:1,970~2,520/1,520~1,550/1,185~1,230mm
ホイールベース:2,660mm

スポーツハイブリッド
車両本体価格:3,230,280~4,030,560円
エンジン:直列4気筒1,993cc
最高出力:107kw(145ps)/6,200rpm
最大トルク:175N·m (17.8kgf·m)/4,000rpm
モーター:H4交流同期電動機
最高出力:135(184)/5,000-6,000rpm
最大トルク:315N·m (32.1kgf·m)/0-2,000rpm
JC08モード:25.0~25.8㎞/L
WLTCモード:20.2~21.2㎞/L
市街地モード(WLTC-L):19.1~21.0㎞/L
郊外モード(WLTC-M):21.6~22.1㎞/L
高速道路モード(WLTC-H):19.8~20.7㎞/L

1.5Lターボ
車両本体価格:3,784,320~4,361,040円
エンジン:直列4気筒1,498cc直噴ターボ
最高出力:140kw(190ps)/5.600rpm
最大トルク:240N·m (24.5kgf·m)/2,000-5,000rpm
Honda Media Website | ログイン (40936)

新型CR-Vでは、新世代プラットフォームへ刷新し、ドライバーの意思にリニアに沿うよう、ダイナミクス性能を磨き上げ、軽量かつ高剛性で低重心のボディーに、フロントにマクファーソン・ストラット式、リアにマルチリンク式のサスペンションを採用したことなどにより、優れたハンドリング性能と快適な乗り心地を両立させました。

そして、CR-V初のハイブリッドモデルには、SPORT HYBRID i-MMDを採用。走行状況などに応じて「EVドライブモード」「ハイブリッドドライブモード」「エンジンドライブモード」の3つのモードをシームレスに切り替え、クラストップとなる25.8km/Lの低燃費と力強い走りを両立。リニアで上質なドライバビリティーも実現しました。また、「SPORT HYBRID i-MMD」に初の4WDを設定しました。

ガソリンモデルは直噴1.5L VTEC TURBOエンジンを採用。さらに専用開発のターボチャージャーにより、2.4L自然吸気エンジンに匹敵するトルクと、高回転まで伸びやかなパワーフィールを獲得しています。

クラストップレベルの室内空間

Honda Media Website | ログイン (40931)

7人乗り3列シート仕様

7人乗り3列シート仕様

優れたパッケージング技術によるクラストップレベルの空間効率で、取り回しの良いボディーサイズに快適な居住空間、多彩なシートアレンジ、広く使い勝手の良い荷室を実現し、CR-V本来の強みをさらに強化しています。さらに、後席の足元スペースを従来モデルに比べ50mm拡張したほか、シートクッションやシートバックの延長によりホールド感を高めるなど、後席の快適性をさらに高めました。

また、後席ダイブダウンにより、荷室長1,830mmのフラットな空間と、優れた積載性を実現、そしてガソリンモデルには、5人乗り仕様と同じボディーサイズの7人乗り3列シート仕様も選択可能とし、燃料タンクの扁平化をはじめ、フロアやルーフまわりの設計を徹底的に突き詰めて居住スペースを確保したほか、3列目シートにも内部にスプリングを使用するなど、3列目シートの乗員の居住性にも配慮しています

先進技術と快適装備

Honda Media Website | ログイン (40933)

先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全グレードに標準装備。さらに、国内のホンダ車として初となる「ハンズフリーアクセスパワーテールゲート」を採用しました。また、メモリー機能付の「運転席8ウェイパワーシート」をはじめ、「運転席4ウェイ電動ランバーサポート」や、大開口の「電動パノラミックサンルーフ」などが装備されます。


ボディーカラー

・プラチナホワイト・パール
・ルナシルバー・メタリック
・クリスタルブラック・パール
・ルーセブラック・メタリック
・ミッドナイトブルービーム・メタリック
・プレミアムクリスタルレッド・メタリック

まとめ

一度は見切りをつけた日本市場に再度導入される「CR-V」。そして、似たようなストーリーを持つトヨタの「RAV4」も日本での発売が予定されています。海外では人気があっても、そのまま日本に導入して成功した事例が少ないこともあって、はたしてヒット車種となるのかが注目されます。
21 件

意外と知らない「車をお得に買い換える」下取り必勝法!

愛車の下取り金額をアップさせるには、ディーラーで車を買う際に、予めネットで愛車の買取り査定額を調べておいて、その金額を持ってディーラーに行くことが重要です!

何故かと言うと、ディーラーで営業マンから「今契約しないと納期がさらに遅れる!」などと言われて、愛車の下取り相場を知らないまま、うっかりハンコを押してしまったりすることがあるからです。
ネットで予め愛車の査定をしておいて、その査定金額を持ってディーラーに行けば、「値引き+下取り」で価格交渉もできます!
ディーラーによっては、値引きの条件が良くても、愛車の下取り額が悪いこともありますので、そういう場合には、ネット査定した買取店に売却してしまえば良いですので、いずれにせよ損することはありません!

ネットで愛車の無料買取査定を調べたあと、買取店から電話がかかってくることが有りますが、複数社かかってきた場合にはすべて同じ日の同じ時間にアポイントを入れます。

すべて同じ日時というのがポイントです!



そして、集まった買取店の営業マンたちに査定してもらう際、
「査定額を名刺に書いて出してください。一番高い条件のところと、ディーラーの下取り額と勝負させて高いほうに売ります!」
と言えば、営業マンは皆ガチンコの査定額で勝負してきますので、買取額が跳ね上がることがあるのです!

最低でも10万円くらいは高値がつくことがほとんどです。最高で70万円くらいの差が出ることも!
10万円でも査定が違えば、オプションを一つでも多く付けられますよね。

買取一括査定では、複数社に一気に見積もりが取れる以下のようなサイトがおすすめです。
試乗や見積もりなどでディーラーを訪問する前に、まずは軽い気持ちでも、愛車の現在の買取査定価格を調べてみてはいかがでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Mr.ブラックビーン Mr.ブラックビーン